クリニックBlog

2018年8月9日 更新

こんにちはflower2

管理栄養士の花田です。

血圧に関係するミネラルとして、カリウム、カルシウムに引き続き、今回はマグネシウムのお話です。

2016年に米国のインディアナ大学公衆衛生学部が行った研究では、マグネシウムを十分に摂っていると高血圧を改善できることが明らかになりました。
この研究では、マグネシウムの摂取に関する34件の臨床試験データが解析されました。
その結果、次のようなことが分かりました。
・1日368mgのマグネシウムを3か月間摂取すると、収縮期血圧が2.0mmHg、拡張期血圧が1.78mmHg低下すること。
・血清マグネシウム濃度の上昇と血圧低下の程度には相関があること。
・マグネシウムの1日300mgの投与、または1か月間の補充が、血清マグネシウム濃度を上昇させ、血圧を低下させるのに十分であること。
また、血清マグネシウム濃度が高いほど、血圧降下に関連する因子のひとつである血流量も良好であることが分かりましたnico

マグネシウムは300種類以上の酵素反応に、補酵素として働いています。
したがって、ほとんど全ての生合成反応や代謝反応に必要となります。
また、カルシウムとともに骨に多く含まれ、骨の弾性維持、神経伝達、体液の平衡維持、ホルモン分泌とその活性発現、筋収縮など、多くの生命現象の場で機能しています。
カルシウムが血管壁に沈着すると血圧が上昇することは前回お話しましたが、カルシウムと拮抗的に働くマグネシウムを十分に摂ることでそれを防げることが、この研究からも分かったということですねni

高血圧や心疾患の予防の観点から、マグネシウム摂取量はカルシウム摂取量の約半分が理想的と考えられています。
マグネシウムは、穀物の糠や胚芽の部分、ほうれん草やケールなどの野菜、アーモンド、ゴマなどの種実類、海藻、豆類などに豊富に含まれています。
精製された食品にはあまり含まれないので、いろいろな食品をバランスよく摂りましょうheart3

 

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 14:30~、15:30~、16:30~ お気軽にご予約ください。

 

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg