不妊治療
体外受精
専門医院

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

ASKED QUESTIONS

当院へのよくあるご質問についてご紹介しております。みなさまのご理解の手助けになれば幸いでございます。

EXAMINATION診察について

仕事を続けながら通院、治療をすることは可能ですか?
お仕事帰りにご来院いただけるよう当院では最終受付を18:30までとさせていただいております。(処置や検査の内容によっては時間を指定させていただく場合もございます)
どのくらいの通院が必要ですか?
治療内容や状態により様々です。基本的にタイミングや人工授精の場合は排卵までに2~3回、当院では排卵確認も行っておりますので、排卵後1回程度の来院です。体外受精の場合は3~4日に1回のペースでの来院となります。来院が難しい場合は、診察の際に医師にご希望をお伝えください。
午後の診察予約ですが採血だけ朝に行っても良いですか?
項目にもよりますが、ホルモン採血であれば概ね可能です。ただし、一部の検査には採血日時に制限がある場合もございますのでご了承ください。
医師から検査や治療について説明を受けましたが、今すぐしないといけないのかと焦ってしまいます。
検査や治療など患者様に合わせて医師からご提案をさせていただいていますが、不明な点がございましたら、医師、看護師、不妊カウンセラーにご相談ください。
月経の1日目はいつから数えたらいいですか?(月経量など)
しっかりとした赤い出血があった日を月経開始の1日目とお考えください。月経周期○日目とは、月経開始の1日目から起算していただきます。
医師の指定はできますか?

初診担当医、再診担当医を曜日や時間によって決めさせていただいておりますので、診察・検査・手術において希望医のご要望はお伺いいたしかねます。状況により診察担当医師のご希望をお伺いできる場合もございますが、超音波検査担当医師に関してはお受けいたしかねますので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

timingタイミング・人工授精

タイミング治療中ですが、排卵誘発剤は必ず使用しなければなりませんか?
卵胞が順調に育たない場合や治療が奏功しない場合に、医師より排卵誘発剤の使用をご提案させていただく場合があります。患者様の意向を確認したうえで使用しますので、不明点などがございましたら、医師または看護師にご相談ください。
人工授精はいつでもできますか?
人工授精は月~土曜日と診療のある祝日の午前中のみの実施となります。あらかじめ、①人工授精に対する当院の同意書、②ご主人様の感染症の結果(1年以内のもの)を準備していただく必要があります。事実婚の方でも、当院が指定する書類を提出していただければ実施可能です。
夫以外の精子で非配偶者間人工授精(AID)はできますか?
当院では非配偶者間人工授精(AID)は実施しておりません。

FERTILIZATION体外受精について

採卵の痛みはありますか?
当院は治療・検査にともなう痛みが最小限になるように、十分な麻酔のもと極細の採卵針を用いて採卵を実施しております。特に、静脈麻酔の場合は眠っている間に行いますので、個人差はありますが採卵が終了するまでは痛みを感じることは非常に少ないです。ただし、採卵数が多かった場合などは、採卵後お腹が張っている感じが3~4日続くことがあります。
凍結胚の更新はどうしたらいいですか?
凍結胚・精子・SEETメディウムの更新は期限日の1ヶ月前より受け付けております。凍結更新料の支払いと更新書類を提出し、当院より完了の書類が届きましたら手続き完了となります。詳しくはこちらをご確認ください。

INSPECTION / SURGERY検査・手術について

精液検査はいつでもできますか?
必ず事前の予約が必要となります。精液検査は月~土曜日の午前中のみの実施となります。
精液検査の際の禁欲期間はどれくらいですか?
2~4日間を推奨しています。禁欲期間が1週間以上の場合には、運動率の低下などを認める場合が多く、あまりお勧めできません。
卵管造影検査は受診したその日に実施することはできますか?
原則として卵管造影検査は必ず事前の予約が必要です。検査を実施できる時期は月経開始7~10日目(月経終了後から排卵までの時期)です。検査の前にクラミジア検査(分泌物)や可能であれば甲状腺ホルモンに異常がないことを確認したうえで実施します。安全に行ううえでも一度初診でご来院いただいた後で後日実施させていただいております。なお、近畿圏以外にお住まいの方のみ初診での卵管造影検査をご案内させていただいております。詳しくはこちらをご確認ください。
感染症の採血に来る時間がありません。どうしたらいいですか?
他院で検査を実施していただき結果をお持ちいただくことも可能です。必ず1年以内の結果をお持ちください。採血の項目については受付または看護師にご確認ください。
採血日に気を付けることはありますか?
絶飲食の指示がない場合は、可能であればある程度水分を摂取してご来院ください。また、肘の上まで腕まくりが出来るくらいの余裕のある服装でご来院いただきますようご協力お願いいたします。
月経中ですが、内診しても大丈夫でしょうか?
はい、月経中でも超音波検査などは可能ですのでご安心ください。むしろ、排卵誘発前には月経中に超音波検査を行うことが必要となります。
卵管鏡下卵管形成術で入院の必要性はありますか?痛みはありますか?
当院は入院設備のある病院ではございませんので、外来での日帰り手術になります。手術は静脈麻酔および局所麻酔を併用しながら実施しますので、個人差はありますが術中の痛みはほとんどありません。両側でも約20~30分で終了し、術後2~3時間で帰宅可能です。
検査結果は郵送や電話で対応してもらえますか?
検査結果は医師より直接患者様にお伝えさせていただいておりますので、診察のご予約をお願いします。郵送やお電話での結果報告は承っておりません。
卵管鏡下卵管形成術の医師の希望はできますか?
担当医は曜日や時間によって決まっておりますが、診察状況によっては担当医を指定できる場合もございますので、予約時に受付または看護師にご相談ください。

FIRST VISIT初診について

初診日は夫婦揃って受診しなければいけませんか?

奥様だけでも、ご夫婦ご一緒でも構いません。ただし、ご主人様のみでの受診、予約はできませんのでご注意ください。

初診の受診日は月経周期の何日目に行けばよいですか?
短期間で検査を終了させるのであれば、月経開始から3~5日目での来院をお勧めしております。ただし、どの周期に来院していただいてもその時期に応じた検査・治療を進めることができますので、ご自身の都合の良い時期にご来院ください。
初診時の所要時間はどれくらいですか?
その日の予約状況や診療内容にもよりますが2~3時間ほどをみていただいております。土曜日など大変混みあう日はそれ以上かかることもございますので、ご了承のほどよろしくお願いいたします。
初診時の持ち物はなんですか?
問診票をホームページの「初めての方へ」からダウンロードしていただき、保険証とともに当日必ずお持ちください。
初診の費用はどれくらいですか?
初診時に採血や超音波検査など一般的な検査をさせていただきますので、おおよそ3万円前後になります。検査結果等お持ちであれば重複しているものに関しては検査を省かせていただく場合もございますので、お手持ちの結果(各種ホルモン採血・子宮がん検診・クラミジア・その他)がございましたら必ずお持ちください。
初診の日に精液検査を受ける事はできますか?
当日お受けいただくかどうか、医師が判断させていただきますので、実際に受診いただくまではわかりません。担当医の指示があり、当日の精液検査枠に空きがございましたら、お受けいただくことも可能です。
初診時の先生が今後の担当医ですか?希望する事はできますか?
当院は原則として主治医制ではありませんので、初診時の担当医が継続的に診させていただくわけではございません。初診時の担当医のご希望も、曜日や時間帯、当日の診察状況によっては可能な場合もございますので、診察当日に受付にお声掛けください。ご希望の担当医の診療状況(手術・外来)によっては、大変お待たせする場合がございます。なお、ご予約時に担当医の希望をお伝えいただいた場合でも、担当医の診療状況(手術・外来)によっては、別の医師が診させていただく場合もございますのであらかじめご了承ください。
婦人科疾患で受診したいのですが。
当院は不妊治療専門のクリニックですので、大変申し訳ございませんが子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣腫瘍など婦人科疾患のみの受診はお断りしております。
入籍していませんが、治療は可能ですか?
人工授精および体外受精・顕微授精に関しては、治療前にお二人それぞれの戸籍抄本・住民票(住居を共にしていることの証明)・当院規定の書類の提出が必要です。すべての書類が提出された場合のみ、治療をお受けいただくことが可能です。
他院より転院希望で、胚移送を考えています。どうしたらいいですか?
まずは初診でご来院ください。医師とお話いただいた後、培養士より胚移送についてご説明させていたします。転院元の了解が得られない場合や、転院元との距離的な制約によって胚移送をお受けできない場合もございます。なお当院のタンクを使用の場合は空輸と宅配はいたしかねますので、ご了承ください。

MEDICINE / INJECTIONお薬・注射について

ピルを飲み終えて何日位で月経が始まりますか?開始しない場合はどうしたらいいですか?
飲み終わって5日後までに開始する場合がほとんどです。5日を過ぎても開始しない場合10日目くらいまでは様子を見てください。その後も開始しない場合はご連絡ください。
春木レディースクリニックで処方された薬を内服中ですが、他院にかかる場合や市販の薬を服用する場合はどうしたらいいですか?
他院にかかる際は、現在服用中の薬があること・妊娠の可能性があることを必ず医師に伝えたうえで処方をうけてください。市販の薬は自己判断で使用せず必ず薬剤師などにご相談ください。
体外受精の注射は自己注射ですか?
採卵周期は月経3日目くらいから採卵が決定するまでの約10~14日間、ほぼ連日注射をします。注射の種類によっては時間指定があるものもあります。患者様の通院の負担を軽減するため、当院では自己注射をお勧めしております。その場合には、事前に自己注射指導を受けていただき、患者様自身で安全に注射を実施することが出来るかどうかを確認しています。もし、自己注射が無理な場合でも、日曜・祝日(時間指定ができない場合もございます)を含め、当院の看護師が院内で注射をさせていただきます。
1日3回飲むように指示された薬を昼に飲み忘れました。どうしたらいいですか?
少なくとも4~6時間の服用間隔をあけて1日分を服用していただければ大丈夫です。翌日からは用法通りお飲みください。
ピルを飲んでる最中に不正出血がありました。どうしたらいいですか?
少量の出血であれば予定通り内服していただいて結構です。ただし、出血量が多い場合や腹痛、めまいなど、ほかに症状がある場合には、医師に確認しますのでご相談ください。

SECOND CHILD2人目希望について

2人目希望ですが、いつ頃受診したらいいですか?
卒乳後月経が開始したら受診してください。その際は必ずお電話にてご予約をお願いいたします。
2人目希望ですが、子どもを連れて行ってもいいですか?
当院では2人目以降のお子様をご希望の患者様に安心して受診いただけますよう、お子様と一緒にお待ちできるお部屋(ファミリールーム)を設けております。ただし、完全予約制になりますので、利用ごとのご予約が必須です。利用規約をお読みいただき、内容に同意いただいてからの利用となります。詳しくはこちらをご確認ください。

OTHERその他

基礎体温はいつ測ったらいいですか?
基礎体温とは「生命維持に必要な最小限のエネルギーしか消費していない安静状態にある時の体温」のことです。朝起きて体を動かす前に測定していただきます。毎朝同じ時間帯に測定していただくのが一番ですが、夜勤など測定する時間帯が不規則な場合でも4時間以上の睡眠があれば基礎体温として構いません。
クレジットカードは利用できますか?
ご本人様名義であれば、VISA、MasterCard、楽天、JCB、ダイナース、AMEXなど主要なクレジットカードとデビットカードはすべてご利用いただけます。
男女の産み分けは行っていますか?
当院では産み分けは一切行っておりません。
治療に年齢制限はありますか?
当院では、学会資料に基づき満47歳以上の方の初診をお受けしておりません。誠に心苦しく存じますが、年齢制限を超えている患者様からお問い合わせをいただきましてもご要望にお応えすることができません。また女性の生殖年齢を超える場合においては、治療を終了させていただく場合もございます。なにとぞご了承くださいますようお願い申し上げます。
助成金の書類はいつお渡しすればよいのですか?
治療終了日(妊娠判定日もしくは医学的所見により医師の判断で治療を中断したとき)に当院規定の申し込み用紙と自治体の病院記入用の用紙を合わせてお持ちください。お預かりより約1週間で作成させていただきます。詳しくはこちらをご確認ください。
卵子提供はしていますか?
当院では卵子提供は行っておりません。
未婚ですが、卵子凍結は行っていますか?
当院では卵子凍結は行っておりません。
健康診断を受けてもいいですか?
健康診断は受けていただいてもかまいせんが、排卵後であると妊娠している可能性もございますので、できれば月経開始から10日以内が望ましいと考えます。健康診断の検査内容によっても異なりますので、詳細は医師にご相談ください。
歯科治療は受けてもいいですか?
受けていただいてもかまいせん。妊娠の可能性がある場合や妊娠中はその旨を必ず歯科医師にお伝えください。
インフルエンザの予防接種はいつ受けたらいいですか?
基本的にインフルエンザの予防接種はいつ受けていただいても構いません。治療中や妊娠中でも受けていただくことは可能です。
日本語が話せないのですが、受診できますか?
日本語が話せない方はスムーズな診療を行うため、来院の際、必ずご親族で通訳の出来る方を同伴の上お越しください。
精液の採取はどこで行いますか?
精液の採取を「採精」といいます。精液検査・精子凍結・人工授精・体外受精の採精は、遠方にお住まいの方や、精液所見の悪い方以外は、ご自宅での採精が可能です。特に土曜・祝日はクリニックでの採精はたいへん混み合いますので、ご自宅での採精がお勧めです。

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801