不妊治療
体外受精
専門医院

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788(初診電話が繋がらない場合はこちらへ)

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

月・火・木・金18時30分まで水・土・祝16時まで

  • 仮診察券で予約(初診の方用はこちら)
  • WEB予約
  • 担当医表
  • 通院患者様専用ページ

GREETING

  • 院長 春木 篤

    資格・役員

    • 日本産科婦人科学会専門医
    • 日本生殖医学会 生殖医療専門医

    みなさん、こんにちは。
    春木レディースクリニックのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

    私は、「赤ちゃんがほしい」というみなさまの願いを叶えるためのお手伝いができる、この仕事に情熱と私のすべてを捧げています。
    決してあきらめないでください。

    私はクリニックにいらっしゃる方を「妊娠まで少し時間が必要な方々」というように考えています。そのようなお悩みを持つ方のために、高い医療技術で、確実な成果を上げることでお応えしたいと思っています。そのためには医学的な根拠と裏づけが重要です。

    それを踏まえたうえで、患者様との対話を大切にしています。

    当院のコンセプトは「エビデンス(根拠)にはじまり、ナラティブ(対話)におわる医療」です。

    患者様が「少し時間がかかってもいいから、自然な形で不妊治療を続けたい」「年齢が上がってきたので、できるだけ早く赤ちゃんがほしい」というように、患者様によってご要望は違います。患者様と真摯に向き合い、対話をすることで、ご夫妻の状況を正しく知り、そのお気持ちを理解できると考えています。ぜひ、私にみなさまのお話を聞かせてください。

    春木院長 略歴

    大阪府堺市生まれ
    平成5年 山梨大学医学部卒業
    平成7年 横浜市立大学医学部附属病院産婦人科入局
    平成12年 横浜市立大学医学部附属市民総合医療センター助教
    平成18年 IVFなんばクリニック医長
    平成21年 IVF大阪クリニック副院長

    所属学会

    • 日本産科婦人科学会
    • 日本受精着床学会
    • 日本生殖医学会
    • 日本周産期・新生児医学会
    • ASRM(米国生殖医学会)

    趣味

    • ジョギング

    • 筋力トレーニング

    • スキューバダイビング

    • 仕事!

    春木篤院長の学会・論文発表

    • 「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に対する新しい排卵誘発法について
      ~副作用の軽減と妊娠率の向上を目指して~」

      第9回 日本生殖医療心理カウンセリング学会 2012.02.19. 福岡

    • ART の臨床成績に基づいたこれからの調節卵巣刺激法

      第56回 日本生殖医学会総会 2011.12.9. 横浜

  • 副院長 黒田 浩正

    学位・資格

    • 大阪大学医学博士
    • 日本産科婦人科学会専門医
    • 日本産科婦人科学会指導医
    • 日本産科婦人科遺伝診療学会認定医
    • 日本周産期・新生児医学会新生児蘇生A認定
    • 日本緩和医療学会緩和ケア医療研修修了
    • 日本救急医学会・ICLS修了

    副院長の黒田です。
    ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

    妊娠まで少し時間がかかっている。その原因をみつけること。

    あたり前のことのようですが、常に原因を考えて診療をしています。
    原因が分からないまま不妊治療を取り組むことは、ご夫婦にとっても不安を感じるのではないでしょうか。
    よく、不妊の原因は分からないことが多いといわれますが、私はそう考えていません。今まで取り組んでこられた妊活の内容や治療検査の結果を読み解くことも大切ですし、これから始まる治療で期待通りの結果が出なかったときにこそ、原因がみえてきます。

    より多くのご夫婦に赤ちゃんを抱いてもらうこと。
    目の前にいるご夫婦に赤ちゃんをだいてもらうこと。

    当院のコンセプトは「エビデンス(根拠)にはじまり、ナラティブ(対話)におわる医療」です。常に最新のエビデンスを取り入れることで、多くのみなさまに妊娠出産していただく。また、多数決で得られたそのエビデンスが、目の前に座っておられるご夫婦にとって実際に良い結果をもたらすものかどうか、対話をしながら常に考えて診療をしています。

    ぜひ、私たちにみなさまのお話をお聞かせください。 すでにたくさんの検査や治療に取り組んでこられたご夫婦、これから妊活を取り組もうとしているご夫婦、ご夫婦によってお話はさまざまだと思います。

    丁寧な対話によってご夫婦のことを正しく知り、長年培ってきた高い技術によってお気持ちにお応えします。

    黒田副院長 略歴

    平成19年 大阪市立大学医学部医学科 卒業
    平成19年 社会医療法人きつこう会多根総合病院
    平成21年 兵庫県立がんセンター 婦人科
    平成22年 社会福祉法人恩賜財団大阪府済生会吹田病院 産婦人科
    平成25年 大阪大学大学院医学系研究科
    市立伊丹病院 産婦人科
    平成26年 大阪大学医学部附属病院
    平成29年 独立行政法人労働者健康安全機構 関西ろうさい病院 産婦人科 医長
    平成31年4月 医療法人正育会 春木レディースクリニック

    所属学会

    • 日本産科婦人科学会
    • 日本生殖医学会
    • 日本産科婦人科遺伝診療学会

    趣味

    • スキー

    • ジョギング

    • 旅行

    • 仕事!

    黒田浩正副院長の学会・論文発表

    • 1. Prostaglandin E2 produced by myeloid-derived suppressive cells induces cancer stem cells in uterine cervical cancer. Kuroda H, Mabuchi S, Yokoi E, Komura N, Kozasa K, Matsumoto Y, Kawano M, Takahashi R, Sasano T, Shimura K, Kodama M, Hashimoto K, Sawada K, Morii E, Kimura T. Oncotarget. 2018 Nov 20;9(91):36317-36330.
    • 2. PM01183 inhibits myeloid-derived suppressor cells in vitro and in vivo. Kuroda H, Mabuchi S, Kozasa K, Yokoi E, Matsumoto Y, Komura N, Kawano M, Hashimoto K, Sawada K, Kimura T. Immunotherapy. 2017 Sep;9(10):805-817.
    • 3. Recurrent cerebral infarctions in a patient with ovarian cancer: a fatal case of trousseau's syndrome. Kuroda, H. Mabuchi, S. Shigeta, N. Yamamoto, H. Kimura, T. Gynecol Obstet 4:232, 2014.
    • 4. Uterine cervical cancer displaying tumor-related leukocytosis: a distinct clinical entity with radioresistant feature. Mabuchi S, Matsumoto Y, Kawano M, Minami K, Seo Y, Sasano T, Takahashi R, Kuroda H, Hisamatsu T, Kakigano A, Hayashi M, Sawada K, Hamasaki T, Morii E, Kurachi H, Matsuura N, Kimura T. J Natl Cancer Inst. 2014 Jun 19;106(7).
    • 5. The Highly Metastatic Nature of Uterine Cervical/Endometrial Cancer Displaying Tumor-Related Leukocytosis: Clinical and Preclinical Investigations. Sasano T, Mabuchi S, Kozasa K, Kuroda H, Kawano M, Takahashi R, Komura N, Yokoi E, Matsumoto Y, Hashimoto K, Sawada K, Morii E, Kimura T. Clin Cancer Res. 2018 Aug 15;24(16):4018-4029.
    • 6. Preclinical Investigations of PM01183 (Lurbinectedin) as a Single Agent or in Combination with Other Anticancer Agents for Clear Cell Carcinoma of the Ovary. Takahashi R, Mabuchi S, Kawano M, Sasano T, Matsumoto Y, Kuroda H, Kozasa K, Hashimoto K, Sawada K, Kimura T. PLoS One. 2016 Mar 17;11(3):e0151050.
    • 7. The significance of G-CSF expression and myeloid-derived suppressor cells in the chemoresistance of uterine cervical cancer. Kawano M, Mabuchi S, Matsumoto Y, Sasano T, Takahashi R, Kuroda H, Kozasa K, Hashimoto K, Isobe A, Sawada K, Hamasaki T, Morii E, Kimura T. Sci Rep. 2015 Dec 15;5:18217.
    • 8. Effects of minodronate in postmenopausal women with osteoporosis who received prior treatment with raloxifene. Toda A, Sawada K, Yoshimura A, Nakatsuka E, Kuroda H, Kozasa K, Miyamoto M, Hashimoto K, Mabuchi S, Kimura T. Int J Womens Health. 2017 Nov 13;9:821-825.
    • 9. Effect of Japanese Kampo Medicine Therapy for Menopausal Symptoms after Treatment of Gynecological Malignancy. Yoshimura A, Sawada K, Sasano T, Kuroda H, Kozasa K, Nakatsuka E, Nakamura K, Hashimoto K, Mabuchi S, Kimura T. Obstet Gynecol Int. 2018 Apr 2;2018:9475919.
    • 10. Pretreatment tumor-related leukocytosis misleads positron emission tomography-computed tomography during lymph node staging in gynecological malignancies. Mabuchi S, Komura N, Sasano T, Shimura K, Yokoi E, Kozasa K, Kuroda H, Takahashi R, Kawano M, Matsumoto Y, Kato H, Hatazawa J, Kimura T. Nat Commun. 2020 Mar 13;11(1):1364.
    • 代表著書
      1. Handbook of Gynecology edited by Donna Shoupe, First edition. ‘Fertility-Sparing Treatment for Early-Stage Cervical Cancer’.
    • 2. 産婦人科へつなぐ日常診療での女性のミカタ. ‘周閉経期ならびに閉経後における内分泌とホルモン補充療法’ 大阪大学産婦人科教授木村正編集. ISBN-10: 4779217393.
    • 3. カレントトピックス. 子宮内膜症の悪性化. 婦人科がん最新医療 産婦人科の実際 2013年11月臨時増刊号(62巻 12号).

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

(初診電話が繋がらない場合はこちらへ)

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

月・火・木・金18時30分まで
水・土・祝16時まで