不妊治療
体外受精
専門医院

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

WITH CHILD

第2子以降を希望の方

お子様連れの方へ

自然妊娠、あるいは不妊治療の結果として第1子を授かった皆様の中には、「二人目がなかなかできない…」というお悩みをお持ちの方も多いかと思います。当院には「第2子以降を希望される方」が数多く来院されています。

その3大要因として、まず当院が「卵巣刺激を中心とした体外受精」を行っている事が挙げられます。当院での平均採卵個数は7個であり、30%以上の周期で採卵個数が10個以上です。つまり、凍結できる胚の数も多く、当院で妊娠され第1子を出産された患者様のうち、80%以上の方が凍結胚を当院に保存された状態で卒業されています。そのため、第2子以降は「胚移植」を目的として当院に再度受診される患者様が多いのです。

次に、第2子以降がなかなか授からない原因として「卵管通過障害が多い」という事が挙げられます。実際に卵管造影検査を実施してみると、実に半分以上の方に異常を認めます。当院では卵管鏡下卵管形成術に力を入れているため、第2子以降の方も検査後あるいは手術後すみやかに妊娠される方が多いことも特徴であり、そうした結果から当院へ足を運ばれる方が多いと思われます。

最後は、当院には保育士2名が常駐するファミリールームを備えている事が挙げられます。第2子以降を希望されての通院時には、上のお子様を連れていけないクリニックが多いと思います。そんな中でも、当院では無料でファミリールームをご利用いただけます。どうぞお気軽にお問い合わせください。

二人目以降問診当院を卒業されて、
二人目以降のお子様をご希望の方はこちらからダウンロード

当院が実施している不妊検査・治療について

  • 当院を受診された際には、最初に今までの妊娠・出産歴や不妊治療歴をお伺いしています。
  • その後に、子宮ガン検診やクラミジア抗原検査、超音波検査を行いますが、いわゆる内診はよほど必要がない限り実施いたしません。超音波診断の結果を踏まえて、患者様と相談しながら必要な血液検査を決定していきます。ただし、空腹時にのみ実施できる検査もありますので、すべての血液検査が一度に実施できるわけではありません。また、卵管造影検査や子宮鏡などの画像診断は、月経開始後7~10日目に実施します。当院では、卵管鏡下卵管形成術、人工授精、体外受精(顕微授精)-胚移植などの治療を実施しています。詳細については下記の各項目をご参照いただければと思います。

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801