クリニックBlog

2018年9月20日 更新

こんにちはflower2

管理栄養士の花田です。

今回は、「保健機能食品」のうち、「栄養機能食品」についてのお話です。

「栄養機能食品」は、「食生活において特定の栄養成分の補給を目的として摂取をする者に対し、当該栄養成分を含むものとして国が定める基準に従い当該栄養成分の機能の表示をするもの」と規定されています。

現在、機能に関する表示を行うことができる栄養成分は、次の20種類です。
〇脂肪酸(1種類):n-3系脂肪酸(DHA、EPAなど)
〇ミネラル類(6種類):亜鉛、カリウム、カルシウム、鉄、銅、マグネシウム
〇ビタミン類(13種類):ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビオチン、葉酸、ビタミンB12、ビタミンC
いずれも通常の食品に含まれる栄養素で、人の生命活動に不可欠だと認められたものです。

「栄養機能食品」にはトクホのようなマークがなく、例えば、「栄養機能食品(カルシウム)」と栄養成分名を明記し、「カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。」のように、その機能を表示することができます。
表示ができるのは、容器包装された加工食品及び生鮮食品です。
錠剤やカプセルの形状のサプリメント、ヨーグルトやジュースなどの加工食品のほか、最近は、トマトやピーマン、いちごstrawberryなどの生鮮食品にも「栄養機能食品」と記されているのをよく見かけるようになりました。

「栄養機能食品」は、1日当たりの摂取目安量の中に含まれる量が国の基準値に当てはまれば、申請や届け出なしにメーカーが自主的に表示できます。
例えば、葉酸の基準値は72~200㎍で、この範囲なら「栄養機能食品」と表示できます。
一方、胎児の神経管閉鎖障害を防ぐために、妊娠3ヶ月まで摂取することが推奨される量は1日400㎍なので、これに合わせたサプリメントは「栄養機能食品」と表示できません。
何だか変な感じがしますが、「栄養機能食品」は疾病リスク軽減を目的としたものではなく、栄養補給のためのものであることがよく分かりますねnico

 

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 14:30~、15:30~、16:30~ お気軽にご予約ください。

 

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg