クリニックBlog

2018年5月24日 更新

こんにちはflower2

管理栄養士の花田です。

今回は、腸内細菌と病気の関係についてのお話です。

テレビ番組で話題になったのでご存知の方も多いと思いますが、太っている人と痩せている人の腸内細菌叢には明らかな違いがあるという研究結果が出ています。
これは、ワシントン大学のゴードン博士らによる研究で、太った人はファーミキューテスという腸内細菌の割合が高く、痩せている人はバクテロイデーテスの割合が高かったとのことで、この比(F/B比)が大きくなるほど肥満になりやすいということがマウスを用いた実験で証明されましたabon

また、腸内細菌が動脈硬化の悪化に関わることも分かっています。
これは、米オハイオ州クリーブランド・クリニックの研究チームによるものです。
肉などに含まれる成分が、ある種の腸内細菌によってトリメチルアミン(TMA)に代謝され、肝臓でトリメチルアミン-N-オキサイド(TMAO)に変化し、これが動脈硬化を悪化させたり、血栓形成を促進したりして、心血管疾患のリスクを高めるとのことですshun

さらに、腸内細菌と自閉症や認知症との関わりについても研究が進んでいます。
長寿との関わりにおいては、長生きのお年寄りにはアッカーマンシア属などの細菌が多いことも発見されました。

最近のニュースでは、ペニシリンなどの抗菌薬を2歳までに服用した乳幼児は、ぜんそくやアトピー性皮膚炎などの免疫異常によって起こるアレルギー疾患の発症リスクが、服用経験のない乳幼児と比べ、1.4〜1.72倍になるとの調査結果が出ていましたun

今後も腸内細菌についての研究は進み、健康維持や病気の予防・治療において大きな鍵になることと思います。
現時点では、腸内細菌のうち、善玉菌を増やすような食事を心がけることが第一です。
それには、植物性の食品から食物繊維やオリゴ糖を積極的にとることが大切です。heart
野菜、果物、きのこ、海藻、雑穀、果物などを毎日の食卓に取り入れていきましょうnico

 

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 14:30~、15:30~、16:30~ お気軽にご予約ください。

 

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg