クリニックBlog

2017年2月18日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今年は厳冬snowとのことで、まだまだ気温の低い日が続きそうですね。
栄養カウンセリングでも、冷え性についての相談が多くなってきています。

以前にご紹介したように、身体を温める食べ物の代表としては生姜が挙げられます。
シナモントウガラシなども体温を上げてくれますが、効果は一時的なので、持続性を期待するなら生姜が一番だと思いますhappy01
もちろん、温かい食べ物や飲み物を摂るようにすること、腰回りや足首を冷やさないようにすること、湯船に浸かることなども大切です。

また、食事を抜かず、回数を増やすことも効果的ですflair
食事をとると身体が温まりますが、これは食事誘発性熱産生(DIT)によるものです。
私たちは食べ物からエネルギーを得ていますが、その一部が、食べ物が消化され、吸収されるときに、体熱となって消費されます。
このため、食事をした後は、安静にしていてもエネルギー代謝量は増えます。

食事誘導性熱産生(DIT)は、栄養素によって異なります。
食べ物から摂取したエネルギーのうち、たんぱく質は約30%糖質は約6%脂質は約4%が、消化吸収に利用されます。
つまり、たんぱく質の多い食事をこまめに摂ると、体熱も維持しやすいということですねnote

1日に消費するエネルギーのうち、60~70%は基礎代謝で、食事誘導性熱産生(DIT)は約10%と考えられています。
成人女性の場合、1日約2000kcalなので、食事によるエネルギー消費は約200kcalとなります。
食事内容をたんぱく質中心に変えても、200kcalより少し増えるぐらいなので、ダイエット効果はあまり期待できませんが、身体を温めるという点では、食事の回数を増やすようにしてみるのもいいですねhappy01

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 14:00~、15:00~、16:00~、17:00~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg