クリニックBlog

2015年10月31日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今日はハロウィンですね。
朝から早くも仮装した人に出会いましたhappy01

ハロウィンは古代ケルト民族のお祭りが起源だそうです。
ケルト人は10月31日を1年の終わりと考え、秋の収穫を祝うとともに、家族を訪ねてくる死者の霊を迎える行事を行っていました。
それが後に、ケルト民族のキリスト教への改宗によって、キリスト教の万聖節と融合し、今のような形になったと言われています。
もともとは、宗教的な行事だったのですねflair

オバケの格好をするのは、悪霊に憑りつかれ、あの世へ連れて行かれないように、仲間のふりをするためだそうです。

ハロウィンといえば、ジャック・オー・ランタンと呼ばれるカボチャの提灯が付きものですが、当初はカブで作られていたそうですsign01
酔んだくれのジャックという男が、悪魔をだまして、自分が死んでも地獄に落とさないという約束をさせたがために、死後に天国へも地獄へも行けず、ランタンを持ってさまよい続ける、という逸話にちなみます。
この話がアメリカに伝わったのち、カブの不作の年があり、手に入りやすいカボチャに変化したとのことです。
シンデレラのお話の中にもカボチャの馬車が登場しますが、カボチャは昔から身近な野菜だったのですねconfident

カボチャは緑黄色野菜に分類され、「若返りのビタミン」と呼ばれるビタミンE、免疫力を高めるβ-カロテンを豊富に含みます。
食物繊維カリウムビタミンB群・Cもバランスよく含み、かなり優秀な野菜です。

また、カボチャの種も栄養価が高く、不飽和脂肪酸亜鉛などの健康効果の高い栄養素がたっぷり含まれています。
私もカボチャの種は捨てずにとっておいて、フライパンで焙って食べています。
香ばしくて、歯ごたえもよく、おいしいですよ~delicious

最近は、「パンプキンシードオイル」も出回っています。
ハロウィンのランタンに使うオレンジ色のカボチャはペポカボチャと呼ばれるもので、実の部分は食用には向きませんが、その種を絞って作られています。
深緑色のオイルで、独特のフレーバーheart04
海外ではサプリメントとしても販売されており、えごま油や亜麻仁油に続き、日本でも近いうちにヒットするかもしれません。
どうぞお試しくださいねnote

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg