クリニックBlog

2019年3月14日 更新

こんにちはflower2
管理栄養士の花田です。

今日3月14日は「円周率の日」です。
円周率=3.141592653…
小学校の時に習いましたね。
小数点のある計算が面倒だったので、円周や円の面積を求める問題は嫌いでしたnamida
中学校では、3.14でなくπ(パイ)を使って計算できたので、ほっとしたのを覚えています。

このπ(パイ)にちなんで、日本パイ協会が2002(平成14)年に、3月14日を「パイの日」として制定しました。
外国では、「円周率の日=パイの日」を祝ってパイを食べる人もいるそうです。

さてさて、パイと言えば、アップルパイapple
リンゴの甘酸っぱさとシナモンの香りが織りなす深い味わいが、この上のない幸せを運んできてくれますheart3
私もパイの中では一番好きなのですが、栄養学的にこの組み合わせはどうなのでしょうか

「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」と言われるように、リンゴはミネラルや食物繊維やクエン酸などの栄養素を豊富に含む果物です。
特に注目すべき成分は次のとおりです。
カリウム:ナトリウムの排泄を促し、高血圧を予防する。
リンゴポリフェノール:強い抗酸化作用がある。コレステロール値を下げる。生活習慣病の予防、アレルギーの抑制に効果的。
ペクチン:水溶性食物繊維。善玉菌を増やし、腸内環境を整える。
セルロース:不溶性食物繊維。便の量を増やし、腸の働きを助ける。
ケルセチン:強力な抗酸化物質。免疫機能向上、動脈硬化など血管に関連する病気や心臓の病気の予防に役立つ。

ちなみに、アップルパイに使われるリンゴは「紅玉」という品種です。
小ぶりで真っ赤な色、酸味の強い品種で、主に加工用に用いられるので、店頭で見かけることはあまりありません。

続いてシナモンですが、シナモンは「スパイスの王様」と呼ばれ、「桂皮・桂枝」という名称で、漢方生薬としても利用されています。

シナモンには抗菌作用や自律神経の調整作用、血行を促進作用、冷え症を改善する効果・効能、血液中の脂質や糖質を減少させる効果などがあります。

アップルパイは美味しいだけでなく、美容と健康の味方でもあるのですねnico

さてさて、話を「円周率の日」に戻しましょう。

3月14日は、日本ではホワイトデーで、クッキーやマシュマロがプレゼントされますが、この日にプロポーズ をしたり入籍したりするカップルも多いそうです。
その理由は、3.141592653…と永遠に続く円周率になぞらえて、「永遠に愛が続くように」という願いを込めて、とのことです。
ロマンティックですねheart
円周率の日の今日、皆様もかつてのときめきを思い出し、ご夫婦で永遠の愛を確かめ合ってはいかがでしょうか笑う

 

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg