クリニックBlog

2017年5月11日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

花粉症には今年も悩まされましたが、スギ・ヒノキのピークはやっと過ぎたようです。
最近は、黄砂の影響でアレルギー症状が出る人もいると聞き、驚いていますwobbly

アレルギー疾患には、花粉症をはじめ、食物アレルギー、気管支喘息などがありますが、これは、異物に対する免疫反応が過剰になった結果、起こります。

免疫反応には、リンパ球や肥満細胞、IgE抗体、ロイコトリエンやインターロイキンなど、多くの細胞や化学物質が関わります。
なかでも、肥満細胞から放出されるヒスタミンは、鼻や目の粘膜の血管を拡張させ、粘膜表面の知覚神経を刺激し、くしゃみ・鼻水、目のかゆみを引き起こします。
アレルギー症状を緩和する目的で、抗ヒスタミン薬が処方されるのはこのためです。

ヒスタミンはヒトの体内で、ヒスチジンというアミノ酸から合成されます。
ヒスチジンは、タンパク質源となる食品、特に、マグロ・ブリ・サンマ・イワシサバ等の赤身魚fishに多く含まれます。
これらの魚にはヒスタミン産生菌が存在し、長期間保存によって増殖し、その菌がもつヒスチジン脱炭酸酵素の働きで、魚の体内でもヒスタミンが合成されます。
そして、ヒスタミンが多量に増えた魚を人が食べると食中毒を発症してしまいます。

ヒスタミンが増えても外見の変化や腐敗臭はないので、汚染を感知することは困難ですsad
一般に、ヒスタミン生成菌は20℃以上で増殖すると言われますが、菌がもつ酵素は冷蔵状態でもヒスタミンを生成するため、魚介類の長期冷蔵保存は禁物ですflair
また、ヒスタミン生成菌は加熱によって死滅しますが、ヒスタミン自体は分解されません。

ヒスタミン食中毒の多くは、食後1時間程度で発症します。
舌のしびれ、顔面の紅潮、発疹、吐き気、腹痛、下痢などのアレルギーに似た症状が出ます。
通常は長くても1日程度で回復し、重症化することは稀ですが、季節を問わず、魚の鮮度や保存状態には十分注意してくださいねhappy01

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 14:00~、15:00~、16:00~、17:00~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2017年4月20日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

先日、ハチミツ入りのジュースが原因で、生後6か月の男児が「乳児ボツリヌス症」を発症し、死亡したというニュースが流れました。
1回約5g(小さじ1杯弱)を1日2回、約1.5か月間ほぼ毎日与えたとのことです。

ボツリヌス菌は、偏性嫌気性(酸素があると生育できない)の毒素型の食中毒菌で、芽胞(菌の卵のようなもの)を形成するのが特徴です。
真空パックなどの低酸素状態で菌が増殖すると、強い毒素(神経毒)を出し、それによって嘔吐、視力障害、言語障害、嚥下困難、重症化すると呼吸困難が起こり、死に至ります。
菌自体は嫌気性で、毒素は熱に弱いので、適切な保存や加熱によって食中毒は防げますが、芽胞は酸素にも熱にも強く、食品中に長く生き残っていることがありますwobbly
芽胞を死滅させるには120℃で4分間、100℃だと6時間の加熱が必要ですが、家庭の調理では難しいですねsad

大人の場合は、腸内細菌が芽胞を退治してくれるので発症せずにすむことが多いですが、1歳未満では腸内細菌が未発達のため、芽胞が発芽、増殖して毒素を産生します。
ハチミツは自然界由来の食物で、芽胞が混ざりやすいので、1987年に、当時の厚生省から1歳未満の乳児にはハチミツを与えないようにとの勧告が出されました。

ボツリヌス毒素は恐ろしい猛毒で、体重60 kgの大人では、致死量は0.00006 mgと言われますflair
青酸カリの致死量は174 mg、サリン12 mg、キノコ毒6 mg、フグ毒0.03 mgですから、比較にならないぐらい微量ですねcoldsweats01

一方で、医療分野では、この神経毒の性質をうまく治療に応用していますshine
筋の異常な緊張によって起こる眼瞼痙攣や片側顔面痙攣、痙性斜頸をはじめ、2012年には重度の腋窩多汗症の治療薬としても保険適用されるようになりました。
美容医療分野では、顔のシワ取り、エラ(咬筋)やふくらはぎの筋肉を退縮させることによる小顔足痩せなど。
もちろん、濃度を調整した製剤が使用されますが、ボツリヌス菌は、まさに、毒にも薬にもなる危険な存在と言えます。

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 14:00~、15:00~、16:00~、17:00~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2017年4月6日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

植物性エストロゲン(フィトエストロゲン)と言えばイソフラボンが代表格ですが、今回は、亜麻仁やゴマ、ベリー類、玄米などに含まれる「リグナン」のお話です。

リグナンはポリフェノールの一種で、食品には前駆体の形で含まれています。
この前駆体が、ヒトの腸内細菌によってエンテロジオールやエンテロラクトンなどのヒトリグナンに変換されると、エストロゲン様作用や抗酸化作用を示します。

リグナンはイソフラボンと同様、体内のエストロゲンレベルが高い場合は、エストロゲン受容体部位に結合し、エストロゲン全体の作用を抑えるので、乳がんや卵巣がんの予防に役立ちます。
また、逆に、エストロゲンレベルが低い場合には、エストロゲン様作用を発揮し、更年期諸症状の緩和、LDLコレステロールの低下や骨粗鬆症の予防に働きます。

リグナンには多くの前駆体がありますが、その含有量が最も多いのは亜麻仁(亜麻の種子)です。
でも、残念ながらリグナンの前駆体が含まれるのは主に亜麻仁の皮の部分で、それを圧搾した亜麻仁油にはほとんど含まれていませんbearing
リグナン高配合の亜麻仁油も登場しているので、試したい方はそちらをお勧めします。
また、ゴマに多く含まれるセサミンセサミノールもリグナン前駆体です。
これらは、ゴマ油にも微量含まれ、抗酸化作用、老化防止効果が認められます。
他の油に比べてゴマ油は酸化しにくいのですが、それはゴマリグナンのおかげと言えますshine

ザクロにも植物性エストロゲンが含まることはよく知られていますが、種子にしか含まれないので、市販のザクロ飲料にエストロゲン様作用があるかは不明ですdespair
国民生活センターは、調査対象となったザクロの健康食品にはエストロゲン様作用はなかったと発表していますflair

いずれにせよ、エストロゲン量の充分な人が植物性エストロゲンを大量に摂ると、かえって自らのホルモン分泌を低下させてしまいかねません。摂り過ぎには注意してくださいねhappy01

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 14:00~、15:00~、16:00~、17:00~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2017年3月16日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今回は、コーヒーcafeについてのお話です。
カフェインが身体を冷やすのでコーヒーを我慢しているとおっしゃる方も多いです。

カフェインには利尿作用があるため、排尿によって体温が奪われるので冷えにつながるという考え方ですが、実際にはどうなのでしょう
冷えの原因は様々ですが、体内に余計な水分を溜め込んでいるせいで、熱が奪われても起こります。
その場合はカフェインの利尿作用はプラスに働きます。
また、カフェインには、脂肪分解酵素を活性化する働きがあることがわかっていますが、代謝が高まると熱が発生するので、コーヒーが身体を冷やすとは一概には言えません。

一方、カフェインの覚醒作用により睡眠が妨げられたり、過剰摂取によって鉄や亜鉛などのミネラルの吸収が阻害されたり、というマイナス面もあります。

では、どれぐらいなら身体に悪影響を与えないのでしょうか
実際に、欧州食品安全機構が安全と見なしたカフェイン量は、成人5.7mg/kg/日まで、妊婦・授乳婦200mg/日までです。
また、カナダ保健省の示した1日最大量は、12歳以下:2.5mg/kg、妊娠適齢期女性:300mg、健康な成人:400~450mgです。

コーヒー100ml中のカフェインは約60mgなので1~2杯なら大丈夫だということですねheart04 
ちなみに、煎茶・ウーロン茶は約20mg、紅茶は約 30mg、コーラは10~13mgで、コーヒーよりも少ないですが、高級緑茶の玉露だと約160mgとかなり多いですwobbly

また、カフェインは、総合感冒薬や解熱鎮痛薬、鼻炎用カプセルに含まれていることもあります。
医薬品のカフェインには、「胎盤を通過し、また母乳中に容易に移行するので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦には長期連用を避けること」と記載されています。
治療中は問題ありませんが、妊娠授乳中は控えめにしてくださいね。
今のうちに、カフェインレスノンカフェインのコーヒーcafeを試してみるのもいいと思いますhappy01

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 14:00~、15:00~、16:00~、17:00~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2017年3月2日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今回は、栄養カウンセリングで質問の多い食品添加物のお話です。

食品添加物は危険だと思われている方が多いようですが、本来は、食中毒の予防や品質の向上など、消費者の利益を第一として添加されるものですup
安全性についても、厚生労働省が認めたものしか使用することはできません。

食品添加物や残留農薬に対しては、一日許容摂取量(ADI)が決められています。
ADIとは、人が一生涯にわたり毎日摂取しても健康上悪影響がないと推定される化学物質の最大摂取量をいい、通常、体重1 kg当たりの摂取量で表します。
ADIは、動物実験において安全性が確認された最大無作用量の1/100で、実際にはADIよりもかなり少ない量しか使用されていません。

動物実験で発がん性が確認されたから危険だ、という意見をよく目にしますが、動物実験で悪影響が確認される量まで投与して最大無作用量を出すのですから当然のことですconfident
また、食品添加物の使用基準は、マーケットバスケット方式によって市場に出回る食品の種類や量の変動を反映させて定期的に改訂されていますflair

食品添加物不使用の食材で毎食手作りできるのが理想ですが、料理をすることがストレスになるぐらいなら、加工食品をうまく利用した方がいいですねhappy01
食品添加物と言っても多くの種類がありますが、レトルトパウチ食品缶詰、冷凍食品は保存性を高めるための保存料や殺菌料などは使われていませんshine
密閉することで細菌の侵入を防いだり、-18℃以下の低温状態で細菌の繁殖を抑えたりできるので、食中毒のリスクが低いからです。
もちろん、別の目的の食品添加物が使われていることはありますが、その他の加工食品よりは全体的な使用量は少ないことが多いです。

加工食品ばかりを毎日大量に食べている人は心配ですが、食品添加物ゼロの食生活を目指すことに意味があるとはあまり思えませんdespair
神経質になり過ぎず、忙しい時や疲れている時は加工食品などを上手に利用してくださいねnote

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 14:00~、15:00~、16:00~、17:00~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2017年2月18日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今年は厳冬snowとのことで、まだまだ気温の低い日が続きそうですね。
栄養カウンセリングでも、冷え性についての相談が多くなってきています。

以前にご紹介したように、身体を温める食べ物の代表としては生姜が挙げられます。
シナモントウガラシなども体温を上げてくれますが、効果は一時的なので、持続性を期待するなら生姜が一番だと思いますhappy01
もちろん、温かい食べ物や飲み物を摂るようにすること、腰回りや足首を冷やさないようにすること、湯船に浸かることなども大切です。

また、食事を抜かず、回数を増やすことも効果的ですflair
食事をとると身体が温まりますが、これは食事誘発性熱産生(DIT)によるものです。
私たちは食べ物からエネルギーを得ていますが、その一部が、食べ物が消化され、吸収されるときに、体熱となって消費されます。
このため、食事をした後は、安静にしていてもエネルギー代謝量は増えます。

食事誘導性熱産生(DIT)は、栄養素によって異なります。
食べ物から摂取したエネルギーのうち、たんぱく質は約30%糖質は約6%脂質は約4%が、消化吸収に利用されます。
つまり、たんぱく質の多い食事をこまめに摂ると、体熱も維持しやすいということですねnote

1日に消費するエネルギーのうち、60~70%は基礎代謝で、食事誘導性熱産生(DIT)は約10%と考えられています。
成人女性の場合、1日約2000kcalなので、食事によるエネルギー消費は約200kcalとなります。
食事内容をたんぱく質中心に変えても、200kcalより少し増えるぐらいなので、ダイエット効果はあまり期待できませんが、身体を温めるという点では、食事の回数を増やすようにしてみるのもいいですねhappy01

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 14:00~、15:00~、16:00~、17:00~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2017年2月2日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

先日、京都大の研究チームが、ビタミンDが脂質の合成を抑える仕組みを解明したというニュースが流れましたflair

体内での脂質合成には、SREBPという調節因子が必要で、それはSCAPというタンパク質と結合した複合体の形で存在しています。
体内の脂質が不足すると、SCAPの働きによってSREBPが活性化し、脂質を合成するように指令を出しますが、ビタミンDは、この複合体もSREBP自体も分解し、脂質合成を抑制することが明らかになりました。

脂質は生体にとって重要なものですが、増えすぎるとメタボリックシンドロームやがんの原因ともなりますsad
今後は、これらの予防や治療のために、ビタミンDを用いた新薬の実用化を目指すとのことで、さらなる期待が高まっていますup

生殖医療でも、ビタミンDは以前にも増して注目されています。
ビタミンDが体内で働くにはビタミンD受容体が必要ですが、この受容体が卵胞の顆粒膜細胞子宮内膜などにも存在することが分かっていますflair
これは、ビタミンDが生殖機能に深く関わることを証明するもので、以前にお伝えした、血中ビタミンD濃度が排卵率やAMH、体外受精における着床率や妊娠率、習慣性流産、精子の質などに関連しているということにもつながっていきます。

ビタミンDはきのこ類に多く含まれ、紫外線照射によって体内でも合成できます。
また、ビタミンDが直接生体に作用するのではなく、必要なホルモンや酵素を作らせることで体の仕組みを調節しているので、その材料となる良質のたんぱく質や脂質も欠かせません。
ビタミンDの新薬が生殖医療でも応用されることを願いつつ、より良い食生活を目指していきましょうnote

明日は節分なので、やっぱりイワシfishですねhappy01

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2017年1月12日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今年最初のテーマは、「妊娠するには何を食べればよいか」です。
栄養カウンセリングで最も多い質問ですが、答えは人によって違います。

炭水化物、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラル5大栄養素と言い、このうち、エネルギー源になるのは、炭水化物(糖質)、脂質、たんぱく質です。
中でも糖質は効率の良いエネルギー源で、使われなかった分はグリコーゲンや脂肪として体内に貯めておくこともできます。
また、脂質やたんぱく質は、細胞やホルモン、酵素などをつくる材料にもなりますflair
そして、これらの働きを促進するのがビタミンやミネラルです。

私たちは体内でこれらの栄養素を作ることができないので、食べ物からいただいています。
これらの栄養素を必要なだけ摂り、吸収し、代謝できていればいいのですが、体質や嗜好、食習慣などの違いで、個人差が生じます。
ですから、全ての患者様に共通の、推奨できる食べ物はありませんbearing
また、食生活がよほど乱れている人なら、食事の改善で体調の変化が顕著に表れるでしょうが、そうでない場合は、食事を変えてもサプリメントを摂っても変化はあまりないでしょうcatface

ただ、これまでの栄養カウンセリングを通して感じるのは、女性の場合は、炭水化物(糖質)の量が多く、たんぱく質やビタミン、ミネラルが不足している人が多いということです。
甘い物cakeだけでなく、ご飯riceballや麺類noodle、パスタ、パンbreadなどの炭水化物(糖質)が多い食品が中心になると、肉や魚fish、卵や大豆などの良質のたんぱく質が不足します。
良質のタンパク質源は、ビタミンやミネラルも多く含むので、それらも不足します。
ビタミンの中には腸内細菌によって合成されるものもありますが、その働きも人によって違うので、やはり食事からの摂取が必要です。

私たちの身体は食べ物からできています。
ご自身の食生活に不安や疑問を感じたら、ぜひ栄養カウンセリングにお越しくださいねnote

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2016年12月15日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今朝は、予報どおりの冷え込みでしたね。
お布団が恋しい気候になってきましたsleepy

さて、今回は、抗酸化に関わるミネラルであるマンガン亜鉛セレンについてのお話です。

活性酸素は、殺菌力が強く、体内では細菌やウイルスを撃退する役目をしていますが、増えすぎると、正常な細胞や遺伝子も酸化し、老化やがんの原因になってしまいます。
呼吸によって取り込まれる酸素の約2%が活性酸素になると言われますが、通常は、SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)という酵素によって活性酸素が無毒化され、健康が守られていますflair
SODには活性酸素を過酸化水素に変換する働きがありますが、補因子となって酵素の働きを助けるのが、マンガン亜鉛です。
さらに、過酸化水素はグルタチオンペルオキシダーゼカタラーゼという酵素によって、無毒な酸素と水に分解されます。
このグルタチオンペルオキシダーゼはセレンを、カタラーゼはを補因子としています。
グルタチオンは、グルタミン酸・システイン・グリシンという3つのアミノ酸で構成される物質で、それ自体に抗酸化作用がありますが、グルタチオンペルオキシダーゼの成分となることで、さらに抗酸化力が高まります。

マンガンセレンはあまり知られていないミネラルですが、その重要性が認められ、亜鉛とともに、2000年の「日本人の栄養所要量(食事摂取基準)」第6次改訂からは、策定栄養素として採用されていますconfident
セレンの推奨量は25㎍ですが、平成25年の国民健康・栄養調査によると平均摂取量は100㎍で、充分摂取できていると言えます。
セレンは、いわし、わかさぎなどの魚介類fish、卵黄、ねぎなどに多く含まれますが、日本の土壌のセレン濃度は高めなので、通常の食事での欠乏はありません。
逆に、セレンは、他のミネラルに比べて必要量と中毒量の範囲が狭い(耐容上限量は350㎍)ので、サプリメントなどでの過剰摂取には注意してくださいねhappy01

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2016年12月1日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今日から12月bell
寒さも本格的になってきましたが、体調にはご注意くださいねhappy01

今回は、糖代謝に重要なインスリンに関わるミネラルである、亜鉛クロムについてのお話です。

亜鉛は、新しい細胞を作るのに不可欠なミネラルであるだけでなく、インスリンの働きを正常に保つのにも欠かせません。
インスリンは膵臓のランゲルハンス島β細胞で作られ、血液中に分泌されますが、膵臓でのインスリン結晶の保持やインスリン分泌には亜鉛が必要です。
過剰になったインスリンは肝臓で分解されますが、亜鉛が不足すると、その分解が抑制できず、血液中のインスリンが不足してしまうことも分かってきています。
また、細胞へのインスリンの働きかけを妨げる酵素を阻害するので、インスリン抵抗性が改善されますup

クロムは、クロモデュリンと呼ばれるオリゴペプチドの構成成分として、細胞へのインスリンの働きかけをサポートするので、糖代謝を正常に保ちます。
また、クロモデュリンには脂質代謝に関わる酵素の活性を高める役割もあります。
このような特徴から、諸外国ではダイエットや糖尿病予防を目的として、クロムのサプリメントも販売されています。
実際に、糖尿病や耐糖能異常の場合、クロムの積極的投与で糖代謝が改善した例は見られますが、健康な人の場合は何の影響もなかったという結果が出ていますflair

ミネラルについては、まだ解明されていないことが多く、サプリメントでの過剰摂取による健康被害の報告もありますsad
多く摂っても吸収されなかったり、逆に、ミネラルバランスが悪くなって別のミネラルが欠乏したりすることもありますwobbly
亜鉛もクロムも、魚介類fish肉類pig海藻種実類に多く含まれていて、通常の食事で不足することはありません。
ご自身の身体を信じて、日々の食生活を豊かにしていきましょうnote

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg