クリニックBlog

2019年4月18日 更新

こんにちは
管理栄養士の花田です。

前回のビタミンのお話では、「人の健康を維持していく上でなくてはならない微量栄養素のうち、体内で合成できないか、必要量を合成できないため、食品から摂取する必要性のある有機化合物」というビタミンの定義を示しました。
このようなビタミンの定義に当てはまらないけれども、体内でビタミンのような働きをしている物がありますが、それを一般的に「ビタミン様物質」と呼びます。

ビタミン様物質には、次のようなものがあります。
ユビキノン(コエンザイムQ)…細胞内のミトコンドリアで糖質・脂質・たんぱく質の代謝に関わる補酵素として機能するほか、細胞膜を酸化から保護して酸素の利用効率を向上する。
リポ酸(チオクト酸)…細胞内のミトコンドリアに存在し、糖質を中心に脂質やアミノ酸をエネルギーとして利用する過程を助ける。
カルニチン(ビタミンBt)…脂肪酸をミトコンドリアの内部に運び込む役割などを果たし、脂質の代謝に重要な働きを担っている。
コリン…抗脂肪肝因子として単離された成分。リン脂質(ホスファチジルコリン)の構成成分の他、アセチルコリンとして神経伝達にも関係する。
イノシトール…抗脂肪肝因子として単離された成分。リン脂質(ホスファチジルイノシトール)の構成成分。
ビタミンP(ヘスペリジン、ルチンなど)…毛細血管の透過性を抑え、抵抗力を高める。
ビタミンU(キャベジン)…新鮮なキャベツの中の抗消化性潰瘍因子として発見された。胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療や予防に用いられている。

コエンザイムQ10リポ酸カルニチンは、細胞でのエネルギーの産生を促進する物質として、サプリメントにもよく利用されています。
イノシトールは多嚢胞性卵巣症候群の改善に効果があるとも言われています。
ヘスペリジンには、血管を拡張させて血流を良くし、体を温める作用があります。
これらの中には、人の体内で合成できる物質もありますが、加齢とともにその量は低下するので、気になる方はお気軽にご相談くださいね

≪栄養カウンセリング≫
日時:水曜・木曜 14:30~、15:30~、16:30~ お気軽にご予約ください。

 

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg