不妊治療
体外受精
専門医院

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788(初診電話が繋がらない場合はこちらへ)

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

月・火・木・金18時30分まで16時まで土・祝13時まで

  • 仮診察券で予約(初診の方用はこちら)
  • WEB予約
  • 担当医表
  • 通院患者様専用ページ

BLOG

その他

看護部ブログ

PFC-FDについて

こんにちは、看護部です

 

今回は PFC-FDについてご案内いたします。

 

PRP療法とは、患者様自身の血液に含まれる成長因子による修復機能を促進して治癒を目指す再生医療です。 

近年、プロ野球選手のケガの治療にPRP療法がおこなわれ話題を集めています。

 

不妊治療では、高濃度の血小板に含まれた成長因子を子宮内に注入することで

子宮内膜を厚くすることが期待できます。

これにより受精卵が着床しやすくなると考えられます。

 

また、卵巣内に注入することで卵巣の機能を改善し卵巣の発育を促すことが期待でき、

採卵数を増加させたり、卵巣の質を上げ胚盤胞への到達率をあげる可能性があります。

 

採取方法は、患者様から採血で50ml摂取し、製造会社に委託し 

3週間後フリードライ化されたPFC-FDが届きます。

 

有効期限は6か月になります。

 

注入方法には、①卵巣内注入 ②子宮内注入の2種類があります

 

卵巣内膜注入は採卵周期に手術室で実施となり、

 

子宮内注入は移植周期に内診室で実施となります。

 

詳細等は診察室にてご説明いたしますのでご相談ください。

※PFC-FDについてはこちらに詳しくご案内しております。

 

次回はPGT-Aについてブログで詳しくご案内いたします。

 

 


春木レディースクリニック

看護部 山口

一覧に戻る

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

(初診電話が繋がらない場合はこちらへ)

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

月・火・木・金18時30分まで
16時まで
土・祝13時まで