不妊治療
体外受精
専門医院

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788(初診電話が繋がらない場合はこちらへ)

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

月・火・木・金18時30分まで水・土・祝16時まで

  • 仮診察券で予約(初診の方用はこちら)
  • WEB予約
  • 通院患者様専用ページ

PREIMPLANTATION GENETIC DIAGNOSIS

自己血小板由来成分濃縮物(PFC-FD)

治療目的および内容について

この治療法は患者様自身の血液から抽出した高濃度の血小板に含まれる成長因子を子宮内に注入することで子宮内膜を厚くすることが期待できます。
これにより受精卵が着床しやすくなると考えられています。
また卵巣内に注入することで卵巣の機能を改善し卵胞の発育を促すことが期待できます。
これにより採卵数を増加させたり卵子の質を上げて胚盤胞への到達率を上げる可能性があります。

自己血小板由来成分濃縮物(PFC-FD)を用いた治療は、不妊治療以外にも顔や皮膚などに投与する形成外科治療や関節に投与する整形外科治療に行われています。

対象

(1) 子宮内注入

不妊治療中の凍結融解胚移植をご予定の方を対象とした治療となります。
ご希望の方は、どなたでも治療可能ですが複数回の胚移植不成功の方が主な対象となります。

(2) 卵巣内注入

卵巣機能が低下した方(卵巣機能不全)や、投薬しても卵胞出現が困難で閉経に近い状態の方(早発閉経)が対象となります。

方法

患者様の前腕から静脈血を約50ml採取し、外注先(セルソース株式会社)に製造委託します。3週間後、フリーズドライ化されたPFC-FDが届きます。(有効期間6か月)

(1) 子宮内注入

PFC-FDを生理食塩水1mlで溶解し、専用のカテーテルで子宮内に注入します。

(2) 卵巣内注入

PFC-FDを生理食塩水1mlで溶解し、採卵で使用する細い針を用いて卵巣内に注入します。

デメリット

採血のために静脈内に注射針を刺す行為が必要となりますので、採血したところに一時的な痛みや腫れ、皮下出血を伴うことがあります。また、採血は約50mLですので、通常の献血量である200mL、あるいは400mLに比べて少量であり、比較的安全性の高い処置だと考えられますが、ごく稀に気分不良、吐き気、めまいを生じる場合があります。これらの症状が起きた場合には最善の処置を行います。
全ての方に効果があるとは限らず、胚移植まで至らない場合もあります。また、PFC-FDを子宮内に注入するとき、ごく稀に器具などによる膣や子宮内の擦過傷を伴う場合があります。不妊治療の成否には様々な要因が関わっているため、この治療だけで不妊治療の成否を判断することは出来ません。
作製したPFC-FDが規格を満たさない場合や、作製途中で発生した問題により作製が完了しなかった場合など、採血を行ったにもかかわらず、治療ができない場合があります。

基本的な投与スケジュール

(1) 子宮内注入

Step1 注入

月経周期(月経が始まった日が1日目)の10-12日目にPFC-FDを子宮内膜に注入します。

Step2 子宮内膜厚測定

PFC-FD注入後3-5日後に子宮内膜の厚さを経腟エコーで測定します。

Step3 胚移植

子宮内膜厚を確認後に胚移植を決定し、指定日に胚移植を行います。

(2) 卵巣内注入

【採卵後に行う場合】

静脈麻酔下で採卵を行った後、採卵針を使用しPFC-FDを卵巣内へ注入します。(片側であれば1本、両側であれば2本、PFC-FDを使用します。)

【PFC-FDの注入のみを行う場合】

実施する時期は、医師とご相談になります。投与方法は上記と同様です。

費用

① 自己血小板由来成分濃縮物(PFC-FD)作製費用

感染症検査で精密検査が必要になった場合は、別途費用5,500~60,500円(税込)が発生します。
保険適用外の治療法となり、165,000円(税込)となります。
※感染症や合併症などによりこの治療法が禁忌になる方もおられますので、担当医にお尋ねください。

【精密検査代】

HTLV-1:11,000円(残血清で確認試験可能)
梅毒定性 RPR:5,500円(残血清で確認試験可能)
HBs 抗原:5,500円
HCV コア抗原:5,500円
HIV 抗原・抗体:33,000円
5項目すべての精密検査を受けると¥60,500必要になります。

② 子宮内注入

実施料として、注入には11,000円/回を頂戴します。

③ 卵巣内注入

【採卵後に行う場合】

卵巣内注入料として、片側の卵巣に実施した場合で33,000円 両側の卵巣に実施した場合は 66,000円 を頂戴します。

【PFC-FDの注入のみを行う場合】

上記費用以外に
麻酔費用:22,000円
穿刺費用:33,000円 

を別途頂戴いたします。

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

(初診電話が繋がらない場合はこちらへ)

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

月・火・木・金18時30分まで
水・土・祝16時まで