不妊治療
体外受精
専門医院

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788(初診電話が繋がらない場合はこちらへ)

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

月・火・木・金18時30分まで16時まで土・祝13時まで

  • 仮診察券で予約(初診の方用はこちら)
  • WEB予約
  • 担当医表
  • 通院患者様専用ページ

BLOG

その他

看護部ブログ

ERA・ERPeak検査について


こんにちは、看護部です。

今回はERA・ERPeak検査についてご案内します。

 

ERA・ERPeak検査は凍結融解胚移植を行う際の

着床の窓を遺伝子レベルで調べる検査です。

着床の窓とは子宮内膜が胚を受け入れるために

最適な状態となり、受精卵が着床可能になる

タイミングのことです。

 

良好胚を複数回移植しても着床に至らない場合、

原因は様々ですが着床の窓がずれている可能性も

考えられるためこの検査をご提案することがあります。

 

当院では、検査周期はホルモン補充周期と同様の

スケジュールで進め、プロゲステロン製剤投与開始後

5日目に検査を実施しています。

検査により着床の窓がずれていると判断された場合は

診断結果に基づきプロゲステロン製剤の内服開始時間を

調整することで適切なタイミングで胚移植が

実施できるようにしています。

そのため検査周期の内服薬は

飲み間違い・飲み忘れないようご注意ください。

 

検体採取は子宮内膜日付診と同じく、

経腹エコー下で子宮内膜組織採取器具(ピペッドキュレット)

を使用し実施されます。

検査実施後、結果が出るまでには2~3週間ほど必要となります。

 

次回のブログではPFC-FDについてご案内させていただきます。

 

一覧に戻る

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

(初診電話が繋がらない場合はこちらへ)

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

月・火・木・金18時30分まで
16時まで
土・祝13時まで