不妊治療
体外受精
専門医院

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

INFO

お知らせ

緊急事態宣言発令後の診療に関しまして

緊急事態宣言発令後の診療に関しまして

昨日、政府より緊急事態宣言が発令され、大阪府もその対象となりました。

外出自粛要請は医療機関への通院を除くとされていますが、患者様および職員の感染リスクをできるだけ軽減するために、当院では明日から緊急事態宣言が解除されるまでの間は、下記に示すような診療制限を設けさせていただきます。患者様には多大なるご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

【1】ファミリールーム使用の制限および閉鎖

段階的にファミリールームの使用を制限し、4/13(月)から閉鎖いたします。

使用される場合は、【8】感染予防対策の強化 4)ファミリールームご利用の方へを必ずお読みください。

 

【2】栄養カウンセリングおよび心理カウンセリングの中止

4/13(月)から栄養カウンセリングおよび心理カウンセリングを中止いたします。遺伝カウンセリングは通常どおり実施いたしますが、カウンセリング回数は1回のみとさせていただきます。

 

【3】午後診療の制限

平日の最終受付時間を18時までといたします。また、4/15(水)より、水曜日の午後診療を休診といたします。

なお、今後の感染拡大状況により、①さらなる休診日の設定 ②診療時間のさらなる短縮を実施する場合がございます。

 

【4】診療担当医の変更

診療担当医が変更になることがあります。また、原則として担当医師の指名ができない点についてもご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

【5】体外受精についての個別説明の中止

通常は院内で実施している体外受精についての個別説明は中止として、希望される方にはオンラインにより実施させていただきます。

  

【6】胚移植計画作成の中止

新たな胚移植計画の作成を中止し、ゴールデンウィーク中(5/4-6)は胚移植を実施いたしません。

 

【7】ゴールデンウィーク中(5/4-6)の診療について

現時点では、ゴールデンウィーク中も通常どおり祝日診療を行う予定にしていますが、今後の感染拡大状況によっては、外来診療は休診として、人工授精、採卵および手術のみに限定させていただく可能性がございます。

 

【8】感染予防対策の強化

1)受診当日は必ず検温をお願いします。

2)以下に該当される患者様は、受診をお控え願います。

①発熱がある方

②せき・息切れ、強いだるさ(倦怠感)、原因不明の下痢がある方

③味覚・嗅覚などに異常がある方

④新型コロナウイルス感染者、あるいはその疑いのある方と接触があった方

⑤ご家族、近親者に新型コロナウイルス感染を疑う①~③の症状がある方

   ※お子様の症状に関しては、「嘔吐、腹痛、下痢」もみられるようです。

 https://www.jpeds.or.jp/uploads/files/20200323_korona_Q_A_4_rev.pdf

⑥ 2週間以内に海外渡航から帰国された方(無症状の方も)

 

なお、上記①~③に該当する方は、最寄りの「新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)」もしくは医療機関にご相談のうえ、そこで指示を受けていただき、感染の疑いが完全に否定できない場合には、症状が軽快してから最低2週間は当院の受診をお控え下さるようにお願いいたします。

また、上記④~⑥に該当される方は、最終接触日あるいは帰国日から2週間の間に①~③の症状が無いことをご確認のうえ、次回受診日のご相談をお電話でお願いいたします。

 

3)以下の院内感染予防対策へのご協力をお願いします。

①院内では必ずマスクの着用をお願いします。

②来院時に必ずアルコール消毒液にて手指の消毒をお願いします。

③付き添いを制限させて頂きます
(配偶者、パートナーの方の付き添いもご遠慮ください)。

④採精室の利用を中止いたします(自宅採精をお願いします)。

⑤内診室でのバスタオルの提供を中止させていただきます。

⑥待合室では、他の患者様と約2m離れてお待ちいただきますようお願いいたします。

⑦待合室の混雑緩和のため、診察時間および説明室滞在時間の短縮にご協力ください。

 

4)ファミリールームご利用の方へ

①ご利用前には必ずご自宅にて検温を行ってください。

②入室時には保護者の方、お子様ともに手指の消毒をお願いいたします。

③当日発熱(37度以上)、お熱がなくても咳・鼻水が出るなど、体調が優れない場合お
 預かりをお断りさせていただきます。

④混雑緩和のため、保護者の方のファミリールームでの待機はご遠慮ください。

 

5)当面の間、下記のとおり運用させていただきます。

①ウォーターサーバー使用中止

②待合室でのひざかけ提供の中止

③雑誌の撤去

④ iPadおよびスマートフォン充電器の貸し出し中止

  

6)当院ではつぎのとおり院内の衛生管理と職員の感染防止策を徹底しております。

①出勤前に全職員に対して、検温を含めた健康管理表の記入を義務づけています。

②待合室の換気を定期的に行い、ドアなど患者様や職員の手に触れる箇所は頻回にアル
 コール消毒を実施しています。

③説明室やカウンセリングルームに、据え置き型の除菌衛生品を設置しました。

④待合室の座席について、患者様同士の距離に配慮してレイアウト変更いたしました。

⑤ お渡しするファイルやPHSなど、手に触れる物はアルコール消毒を実施しています。

⑥待合室にウイルスの除去・除菌に効果的とされる光触媒環境浄化装置を設置しました。
 https://solution.fielding.co.jp/lp/photocatalyst_02/

 診察室と内診室には以前から設置しており、継続して運用しています。

⑦職員は常時マスクを着用し、こまめに手指の消毒を行っています。

⑧休憩室に多くの職員が密集しないように分散して休憩をとるように配慮しています。

⑨休憩室の換気を定期的に実施しています。

⑩職員同士は会話の際も十分な距離をとり、大声を出さないように常に意識しています。

⑪旅行やイベント参加は中止し、外食を控えるなど不要不急の外出を避けています。

⑫感染のリスクを回避する行動を常に怠りません。

 

なお、すでに計画されている採卵、胚移植および手術は、患者様から中止のお申し出が無い限り予定通り実施いたします。また、子宮卵管造影などの検査や人工授精、タイミング治療も患者様の意向を最大限尊重して実施していく所存ですが、強い外出自粛要請の中での通院となりますので、通院回数が必要最小限になるよう配慮させて頂くことに対してもご同意をお願いいたします。

一覧に戻る

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801