不妊治療
体外受精
専門医院

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

INFO

お知らせ

新型コロナウィルス感染が蔓延する状況下での
当院の治療方針について

昨今の新型コロナウイルスの感染拡大に対して、感染リスクに対する不安や日常生活の大幅な
制限など、治療を受けるにあたっての懸念が少なからず生じてきているように思われます。

 

そんな中、日本生殖医学会より新型コロナウイルス感染拡大の中での不妊治療に対する声明が
4月1日に掲出されました。要点は以下のとおりです。

 

1)   妊娠中、特に妊娠初期に感染した場合の胎児に及ぼす影響は不明である

2)   母体から胎児へ感染する可能性は不明である

3)   妊娠中の感染リスクが高いとは言えない

4)   妊娠中に使用できない治療薬が試行されているため、
       妊娠中の感染への対応に苦慮することが予想される

5)   通院や医療行為により新たな感染発生の危惧

6)   上記により、不妊治療の延期も考慮

 

一方で、厚生労働省は新型コロナウイルス感染が妊娠に与える影響として

「現時点では、妊娠後期に新型コロナウイルスに感染したとしても、経過や重症度は妊娠して
いない方と変わらないとされています。胎児のウイルス感染症例が海外で報告されていますが、
胎児の異常や死産、流産を起こしやすいという報告はありません。
したがって、妊娠中でも過度な心配はいりません」

と明言しています。

https://www.mhlw.go.jp/content/11925000/000618883.pdf


また、政府から国民全体へ妊娠を避けるべきであるという要請も、現在のところ出ていません。

 

日本生殖医学会の声明を受け、多くの患者様が不安を感じていると思います。

学会のアナウンスは国内外の現状を踏まえ妥当な事であるとは思います。
ただし、不妊治療は時間との闘いであることも事実であり、多くの患者様が加齢による妊娠率の
低下や流産率の上昇に対する不安を抱きながら、日々診療を受けておられます。

私たち医療者はエビデンスを元に医療を提供すると同時に、患者様に寄り添いながら医療を行わ
なければいけないと考えています。

 

当院としては、これらを十分にご説明の上、学会の勧告を踏まえながら、患者様の意向を最大限
に尊重する形で、自然妊娠よりも妊娠率が高い胚移植の実施時期だけは延期も含めた検討をお願
いし、胚凍結を前提とした体外受精や一般治療(検査を含めて)については今まで通りの診療を
行いたいと思います。

 

ただし、上記については、新型コロナウイルスの感染拡大状況や緊急事態宣言の発令によって
変更する可能性があります。



2020年4月3日

春木レディースクリニック  院長  春木 篤



 

一覧に戻る

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801