不妊治療
体外受精
専門医院

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

BLOG

心理カウンセリング室より

お月見と秋バテ

お月見と秋バテ

こんにちは😊

9月になりましたが、日中はとても暑い日が続いています。
陽ざしも強く、体温よりも高い気温を記録する地域もあるようです。
毎年毎年暑くなっているように思えますね。

ただ、ここ数日、日は少しずつ短くなり、夜になると空の澄んだ様子が窺え、
お月さまやその周辺の雲がくっきりと映えるようになりました。
本当に少しずつかもしれませんが、季節は前に動いていることを感じます。

9月の行事のひとつに「お月見」があります。
お団子やすすきや収穫物などをお供えして
中秋の名月(今年は10月1日!なんと9月ではありません…)をめでる行事です。
古くは中国から渡ってきた平安時代からの風習のようですが、
その頃は貴族たちが水面や盃の酒に映る月を愛でながら
詩歌や管弦を楽しむ風流な催しだったそうです。

広く庶民に広がったのは江戸時代で、
収穫祭の意味合いが強かったということです。
…月見団子が芋の形といわれるのも
そういったことからなのでしょう。

自然の美しいものを見て季節を感じることは
心の栄養にもなります。
「お月見」もできればゆっくりと味わえると
さらにリラックスできるかもしれませんね。


最近は夏の疲れを引きずって
夏バテならぬ「秋バテ」という状態が増えているということです。
今年は特に猛暑で、暑さがまだまだ続いていることに加え、
暮らし方の変化もみなさんが体験されています。
暑さの点からもしんどさの点からも、
いつまでが「夏バテ」で、いつからが「秋バテ」か
わからない状況かもしれませんね。

いくぶん暑さが和らいで過ごしやすくなった時に、
なんとなく体がだるかったり、やる気が出なかったりするのは
夏の疲れが影響していることが多いです。
睡眠をたっぷりとることやぬるめのお風呂にゆっくり入ること、
バランスのとれた食事をとることなどで、
体のリズムを整えましょう。

季節の変わり目は体調を崩すことが多いので、
気にしすぎず、徐々に涼しい季節に慣らしていくことを目指しましょう。

ただ、体調がすぐれないと、どうしてなのかと
ひどく心配になる場合もあるかと思います。
特に気持ちに余裕がないときは
少しのことでもイライラしてしまうかもしれません。
こんなはずでは…こんな状態は自分らしくない…
など気になると余計にしんどくなって
ご自身を責めたり罪悪感を持ったりしてしまうかもしれません。

そんな時は
睡眠をたっぷりとって、まず体を休めましょう。
決してご自身を責めたり否定したりする必要はありません。
もしかしたら、心の中にモヤモヤした原因があるのかもしれません。
最近変わったことや気になることがなかったか、
思い出してみるのも有効です。
あれ?こんなことにこだわっていたのか…
と気づくこともあるでしょう。

ご自身で考えるだけでなく誰かに話すことで
気づきが起こりやすくなる傾向があります。

自分自身のことを話すこと、
自分の話し言葉を再度耳から聞くことで、
ご自身を客観的に見つめなおして
行動や心情を整理することが期待できます。
また、話し相手の反応や言葉から
自分とは違う観点を入手することもできます。
そんなことが
ご自身の「気づき」を促すきっかけのひとつとなります。

話すことによって気持ちが軽くなると同時に
「気づき」によって一歩前に進めることもあるかもしれませんね。
心理カウンセリングは、まさにそのような体験を
あなたといっしょに味わっていく場でもあるのです。

あなたのしんどい思いに寄り添っていっしょに考えていくのが心理カウンセリングです。
どうぞお気軽にカウンセリングルームにお越しください😊



毎週火曜日と金曜日  14:30~、15:30~、16:30~
カウンセリングは1回50分程度です。料金は無料です。

一覧に戻る

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801