不妊治療
体外受精
専門医院

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788(初診電話が繋がらない場合はこちらへ)

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

月・火・木・金18時30分まで水・土・祝16時まで

  • 仮診察券で予約(初診の方用はこちら)
  • WEB予約
  • 担当医表
  • 通院患者様専用ページ

BLOG

その他

不育症・ネオセルフ抗体検査

不育症・ネオセルフ抗体検査について

みなさんこんにちは。看護部です。
今回のブログではフローラ検査についてご案内する予定でしたが、
予定を変更して不育症・ネオセルフ抗体検査についてお話させていただきます。


不育症は、妊娠しても流産・死産を繰り返して元気な赤ちゃんを産むことが出来ない状態です。
不育症の半数以上は原因不明ですが、主な要因にはホルモン分泌異常、子宮環境の問題、高血糖(糖尿病)、
自己免疫疾患(自分で自分の体を攻撃してしまう疾患)による血流障害、両親どちらかの染色体異常があります。

ネオセルフ抗体検査では、自己免疫疾患を引き起こす新たな原因分子として注目されているβ2GPI/HLA-DR複合体に対する抗体を調べることが出来ます。
この検査により従来の検査では発見できなかった抗リン脂質抗体症候群(APS)の診断に繋がる可能性があります。

抗リン脂質抗体症候群を発症すると血液が固まりやすい状態になり、様々な血栓症を起こしやすくなります。
血栓が出来ると、胎盤の中にある酸素や栄養をやりとりする組織が壊死して使えなくなってしまうことで流産や死産が起こる原因となってしまいます。

検査や治療についての詳細はスタッフへお気軽にお問い合わせください。

次回はフローラ検査についてご案内いたします。

 

春木レディースクリニック

看護部 遠藤



一覧に戻る

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

(初診電話が繋がらない場合はこちらへ)

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

月・火・木・金18時30分まで
水・土・祝16時まで