不妊治療
体外受精
専門医院

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788(初診電話が繋がらない場合はこちらへ)

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

月・火・木・金18時30分まで水・土16時まで13時まで

  • 初診予約
  • WEB予約
  • 問診
  • 初診のご案内動画
  • 担当医表
  • 通院患者様専用サイト

BLOG

学会参加報告

第23回日本不妊カウンセリング学会
に参加しました

皆さま、こんにちは。
2024年5月12日に、第23回日本不妊カウンセリング学会学術集会が開催され、参加してまいりました。
参加者は、受付2名と看護師、アシスタント、臨床検査技師、管理栄養士の計6名です。

今回は「中医学・漢方による不妊カップルへのサポート」というテーマのもと、講演がございました。
中医学というあまりなじみのない内容や、統合医療についての発表など非常に興味深く、新しい知識につながる学術集会でした。

当院からも、栄養カウンセリングを担当している管理栄養士の花田が発表いたしました。
「不妊治療により妊娠に至った女性患者の 生活習慣に関する意識の変化と実際の取り組み」という演題で、当院で治療を受け妊娠された患者様へのアンケートをもとに、生活習慣の面でどのように意識が変わり、どのような取り組みをされたかを調べ、その結果を報告しました。

他のクリニックの発表では「葉酸について」が印象的でした。

院内で実施されたアンケートの結果が示され、葉酸についての認知度は高いものの、葉酸と神経管閉鎖障害の関連性についての認知度が低いとのことでした。

葉酸のサプリメントの摂取により、流産のリスク減少・体外受精の受精率・着床率が向上したとの報告もあります。
妊娠と葉酸の関係性について、当院でも積極的に患者さまにご案内・ご提案できるように心がけていきたいと思います。

また、「不妊治療の保険適用拡大に伴う患者の変化〜電話相談についての検討〜」という演題の講演もございました。
不妊治療の保険の適用範囲が拡大し、不妊治療がより身近になった一方で、理解が難しいまま治療を始める場合があると考えられ、電話相談の内容や件数も変化したとのことでした。
治療が保険適用か否かは患者様にとって重要であるにもかかわらず、保険を一度に理解するのは複雑であるため、より分かりやすい説明に加え、患者様への心理的負担も軽減できるようにサポートが必要であると再認識いたしました。

講演の中では「時間をかけた丁寧な説明が患者理解を高めるとは限らないということを理解し、自分の決定を医療者がサポートしてくれたと感じられることが大事である。」という言葉が印象に残りました。
情報提供や丁寧な説明はもちろんですが、患者様に寄り添ったサポートを行い、スタッフ一同患者様のお役に立てるよう精進してまいります。