不妊治療
体外受精
専門医院

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

BLOG

治療を振り返って

治療を振り返って

治療を振り返って(32歳)

こんにちは

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。街路樹が深い赤や黄色に色づいて、歩道を歩くのが少し楽しみな毎日です♪

では、メッセージをご紹介いたしましょう。

 

▲卒業されて一言
初来院してから約1年で無事卒業を迎えることが出来ました。卵管造影で狭窄があり、FTを行ってから約半年タイミングと人工授精を行いました。その後、心配だったので再度卵管造影をしたら再び狭窄していたので、二度目のFTをして再び自己注射を行いながら人工授精(とタイミング)を行いました。それでも中々子どもが出来なかったので、体外受精に進み、ロング法にて15個採卵→5個凍結出来、一度目の移植で授かる事が出来ました。個人的には、タイミングや人工授精の時には”排卵後~生理がくるまでの毎月のワクワクから撃沈を繰り返すストレス”があったので、体外受精に入ってからの方が経過も分かって着実に進んでいっている実感があり、意外とストレスなく過ごせましたので、どなたかの今後の参考になれば…と思います。

▲妊娠の秘訣・心がけていた事を教えてください。
妊娠判定が陰性だと気持ちが落ち込んでしまうので、陰性だった時のお楽しみを作っておく(良いかは分かりませんが、私はダメだったら美味しい日本酒を買って飲んでました)。

▲治療中の方へのアドバイスをお願いいたします。
ステップアップ(タイミング→人工授精→体外受精)の決断は、早めにした方が良いと思います。どうしても出来るだけ自然にと思いがちですが、あっとゆー間に年月が経つので、今の卵子と来月・来年の卵子では質が全然違うという考えを持った方が良いと思います。

▲最後にスタッフへのご意見・ご感想をお願いします。
受付の方々も先生方も看護師の方々も皆とても親切にして頂き感謝しています。遺伝カウンセリングでも体外受精に関する心配事について丁寧に説明して頂き安心しました。春木先生はじめ先生方には、こちらの都合を考慮した上での治療や検査を提案して頂きありがたかったです。個人的に、芝池先生の時に内診をしながら色々と説明して頂いたり説明の時にも根拠と一緒に今後の方針についてお話があったり、とても分かりやすくて安心出来ました。

メッセージ、ありがとうございました。

治療のことに限らず日常生活でも、「お楽しみ」があることで、そこに心や体を集中させて、気持ちの落ち込みを味わいすぎないようにできたと思う…そんな経験をされた方も多いのではないでしょうか。「お楽しみ」の内容は人それぞれで、どんなことでもかまいません。ご自身の「お楽しみ」をそれこそ楽しみながら探してたくさん挙げておきましょう!そして、「お楽しみ」は単に落ち込みを少しでも和らげるためのものと考えずに、自然に心底楽しめるものであることがポイントです。心に負担なく楽しめることが大切なのではないでしょうか。

一覧に戻る

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801