不妊治療
体外受精
専門医院

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788(初診電話が繋がらない場合はこちらへ)

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

月・火・木・金18時30分まで水・土・祝16時まで

  • 仮診察券で予約(初診の方用はこちら)
  • WEB予約
  • 担当医表
  • 通院患者様専用ページ

BLOG

培養室へようこそ

従来とは異なる精子処理方法

従来と異なる精子調整法

夏も本番となり、毎日暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

さて今回は従来とは異なる精液の処理方法『Zymot』についてお話します。
従来の精子処理方法では密度勾配法とSwim-up法と呼ばれる方法で処理を行っております。


従来の方法では、まず元の精液から密度勾配法で試薬を用いて遠心処理を行うことで、元気な精子を集め、次にSwim-up法でより泳ぎ上がってきたより良い精子を回収しています。
ところが近年の研究により、遠心処理を行うことでDNAの断片化が増加してしまうことが明らかになりました。

そこで遠心処理をなくした、精液調整方法としてZymotが導入されました。
本手法では精子の通れる小さな孔が開いた膜を用いて精子を選別する方法になります。
原理としては膜の下部に精液を注入し、その上部には培養液を入れて膜を通り抜けられた良い精子だけを培養液と共に回収します。

Zymotは従来の調整方法と比較してDNAの断片化の少ない精子を選別することができるので、結果的には良好な受精卵を得るためにもよい方法と言われています。


春木レディースクリニック
培養部 坂本



従来と異なる精子調整法

一覧に戻る

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

(初診電話が繋がらない場合はこちらへ)

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

月・火・木・金18時30分まで
水・土・祝16時まで