不妊治療
体外受精
専門医院

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788(初診電話が繋がらない場合はこちらへ)

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

月・火・木・金18時30分まで水・土・祝16時まで

  • 仮診察券で予約(初診の方用はこちら)
  • WEB予約

BLOG

培養室へようこそ

採精カップの持参方法

培養室へようこそ 20

こんにちは。
つい先日までは暑く感じることもありましたが、急に寒くなってきましたね。

さて、今回は採精カップの持参方法についてご紹介していきます。
寒くなってくると、採精カップ持参時に精液が冷えてしまい、精子の運動性が低下することがあります。

まず、採精直後は冷気に曝さないようにし、外出するまでは26℃前後の室温で保ってください。

そして、当院からご提案している持参方法は3つあります。

①真空断熱スープジャー
真空断熱スープジャーに採精カップを入れて持参する方法です。
(※精液をスープジャーに直接入れないでください。)
外気の影響も受けにくく、カップの転倒もしにくくなります。


②保冷バッグ
カップ全体を厚めのタオルで覆い、保冷バッグに入れて持参する方法です。
 

③人肌
カップをタオルで覆い、人肌(お腹など)に密着させて持参する方法です。



※注意点
温めすぎも精子には良くないので、カイロやヒーターなどには絶対にあてないでください。


どの方法でも構わないので、できるだけ冷やさないようにして持参ください。

培養室


一覧に戻る

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

(初診電話が繋がらない場合はこちらへ)

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

月・火・木・金18時30分まで
水・土・祝16時まで