不妊治療
体外受精
専門医院

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788(初診電話が繋がらない場合はこちらへ)

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

月・火・木・金18時30分まで16時まで土・祝13時まで

  • 仮診察券で予約(初診の方用はこちら)
  • WEB予約
  • 担当医表
  • 通院患者様専用ページ

BLOG

こころのサロンより

妊活に役立つ心の持ちよう
~行動に目を!~

妊活に役立つ心の持ちよう~行動に目を!~

こんにちは

春木レディースクリニック心理師の濵口です。

11月も半ばが過ぎ、紅葉の美しい時期になりました。街路樹や山々がさまざまな色に染められ、見上げて眺める幸せなひと時を私たちに提供してくれているようです🍁
せっかくのひと時、しっかり眺めて深呼吸してみてはいかがでしょう😊


さて、ついつい嫌なことを想像する(~になったら嫌だなぁ…などなど)と、その通りになってしまう…と感じた経験はありませんか?
たとえば、子どもの頃に「次に絶対当たる!嫌!」とふと思ってしまったら本当に当てられてしまったドッジボールの思い出とか、「この人の前では失敗したくない!でもいつもうまくいかない」と思えば思うほど本当に不思議なほどしくじってしまう…などなど。
偶然だったとしてもそんな体験が続くと「マイナスのイメージを持つとそこに引き込まれてしまう自分」がいるように思い込んでしまい、ますます逃れられなくなると感じてしまいます。
そうなると良いイメージを想像することすら難しくなり、どうイメージしていいのかわからなくなってしまうこともあります。

そんな時は、淡々と今すべき行動をする、その行動に注目する…というのが有効です。

例えば、重い大きな箱を両手で持って階段を下りるところを想像してみてください。
上記のように「いつも嫌なことを想像するとそうなってしまうんだ」と思っている場合、「これ落としたらどうしよう」「足を踏み外したらどうしよう」「階段から落ちたら大変」「骨折とか怖いなぁ」などと考えながら下り、不安に飲み込まれてしまうかもしれませんね。

そんな時には行動に注目してみましょう。この場合ならば、足元に注意しつつ、他のことは考えず一段ずつ数を数えながら下りてみます。そうすることによって下りる行動に集中できます。嫌な結末や無理に良いイメージを考えることもなく淡々と行動できます。

このようにして、ついつい悪い嫌なイメージを考えてしまって何もできなくなってしまう習慣を少しずつ無くしていくようにすると「嫌なイメージ=実現する」という連鎖を断つキッカケになります。

悪いイメージしか浮かばない時、その不安が強くて何も手につかない時には、「いやだ」「どうしよう」「悪い方に向かってしまう、いつもそうなるもの…」などのご自身の感情ではなく、その時に行っている行動(例えば、上記のように何か行動していてその結果が悪いイメージを考えてしまう時にはその時の行動、また不安いっぱいで行動できない時はそのやるべき行動)に目を向けてそこだけに注目・集中してみてはいかがでしょうか。
気持ちが楽になる工夫のひとつです。


治療での不安はもちろん、それに伴って、ご自身のことやご夫婦のこと、ご家族のこと、
お仕事のことなど、何となくモヤモヤした気持ちをお持ちでしたら、
とりとめもなくお話に来てください。ご自身でお話されることで気持ちが整理され、
モヤモヤやイライラが少しずつ減っていきます。
あなたのしんどい思いに寄り添っていっしょに考えていくのが「こころのサロン」です。
どうぞお気軽にお越しください😊


春木レディースクリニック
臨床心理士・公認心理師  濵口美雪


毎週火曜日と金曜日  14:30~、15:30~、16:30~
「こころのサロン」は1回50分です(無料)。

一覧に戻る

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

(初診電話が繋がらない場合はこちらへ)

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

月・火・木・金18時30分まで
16時まで
土・祝13時まで