不妊治療
体外受精
専門医院

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788(初診電話が繋がらない場合はこちらへ)

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

  • 仮診察券で予約(初診の方用はこちら)
  • WEB予約

BLOG

栄養カウンセリング室より

カラダと食べ物  こころの日

カラダと食べ物  こころの日

こんにちは
春木レディースクリニック管理栄養士の花田です。

今日7月1日は「こころの日」です。
1988年(昭和63年)7月1日に「精神保健法」が施行されました。
これにともない、日本精神科看護協会が、精神疾患や精神障がい者に対する正しい理解と、すべての人にこころの健康の大切さを考えてもらうことを願い、制定しました。

「こころ」については私もいろいろと学ぶ機会がありますが、いつも思うのは「こころはどこにあるのだろう」ということです。
こころ = heart♥ = 心臓
こころ = brain🧠 = 脳❓
難しい問題ですね。

こころと身体が互いに影響し合っていることは誰もが経験的に知っていると思いますが、栄養状態が精神状態に大きく関わることも様々な研究から分かってきています。

身体をつくる材料となるのは食事から得られる栄養素です。
たとえば、体内で作られるホルモンや酵素、神経伝達物質は、アミノ酸コレステロールなどを材料としています。
また、それらを作るために必要な物質にはビタミンミネラルが関係しています。
さらに、それらを作るためのエネルギーとなる糖質も不可欠です。

偏った食事を続けていると、これらの栄養素がそろわないので、ホルモンや酵素、神経伝達物質が十分に作られず、精神状態も悪くなってしまうことになります。
そして、精神状態が悪くなると食への関心が薄れ、さらに食事内容が低下し、栄養素がそろわないので、ホルモンや酵素、神経伝達物質が十分に作られず…
というふうに、悪循環に陥っていきます😞

こう考えていくと、「こころは食べ物で成り立っている」とも言えそうですね。
こころが沈みがちなとき、最近不足している食べ物はないか振り返ってみましょう💕
その食べ物を摂ることで元気が取り戻せるかもしれません。
薬のような即効性はありませんが、食べ物の偉大な力を信じてくださいね😊

≪栄養カウンセリング≫
日時:水曜 14:30~、15:30~
   木曜 14:30~、15:30~、16:30~、17:30~

一覧に戻る

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

(初診電話が繋がらない場合はこちらへ)

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801