不妊治療
体外受精
専門医院

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

BLOG

栄養カウンセリング室より

カラダと食べ物 朝食におにぎり

カラダと食べ物 朝食におにぎり

こんにちは
春木レディースクリニック管理栄養士の花田です。

今日6月18日は、「おにぎりの日」です。
1987年、石川県鹿西町(現 中能登町)の杉谷チャノバタケ遺跡から日本最古の「おにぎりの化石」が出土しました。
この遺跡は弥生時代後期の遺跡で、それ以来、鹿西町(ろくせい町)はおにぎりの里として親しまれてきました。
この地名の「ろく」から「6」を、また、「米」は、「八」と「十」と「八」という字でできている漢字ということから「18」を組み合わせて、6月18日を「おにぎりの日」に制定したとのことです。

弥生時代に稲作が日本国中に広まったことは小中学校で習いましたが、その時代に今と同じようにおにぎりを食べていたとは親近感がわきますね😊

お米は古くから日本人の主食であり、特に、おにぎり🍙は手軽に食べられる食品として根強い人気があります。
コンビニでもいろいろな種類のおにぎりが並んでいるので、目移りしてしまいますね。

栄養カウンセリングでは、朝食についてご相談を受けることもありますが、お箸を使ってゆっくり食べる時間がとれないとおっしゃる方には、おにぎり🍙をおすすめしています。
もちろん、パンでもかまわないのですが、やはりパンよりもご飯の方が栄養バランスをととのえやすいとお答えしています。

朝食では、エネルギー源となる炭水化物だけでなく、体内時計のリセットをしてくれるタンパク質をしっかり摂るとよいと言われています。
ご飯の場合は、タンパク質源として卵焼きや納豆、焼き魚、お味噌汁をはじめ、洋風でも中華でもどんなおかずでも組み合わせることができるのが魅力です。

おにぎりにするなら、鮭フレークや鶏そぼろ、しらす干し、かつお節など、常備しやすいものを上手に利用してたんぱく質源を摂るといいですね♥ 
具材の組み合わせ次第で、おにぎり🍙だけでも栄養バランスをととのえることは可能です。
お気に入りの具材を見つけていきましょう 


≪栄養カウンセリング≫
日時:水曜・木曜 14:30~、15:30~、16:30~ 
お気軽にご予約ください。

一覧に戻る

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801