不妊治療
体外受精
専門医院

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

BLOG

栄養カウンセリング室より

カラダと食べ物 食物繊維の効果

カラダと食べ物 食物繊維の効果

こんにちは
春木レディースクリニック管理栄養士の花田です。

明日5月29日は「こんにゃくの日」です。
一般財団法人日本こんにゃく協会と全国こんにゃく協同組合連合会によって、1989年に制定されました。
「こん(5)にゃ(2)く(9)」の語呂合わせと、こんにゃくの作付けが5月に行われることにちなんで、この日となったとのことです。
また、本格的な夏を迎える前に、こんにゃくの効用や機能性を再確認して健康に過ごしてほしいという願いも込められているそうです。

私は、こんにゃくが好きで、よくお料理に使います😊
煮物や鍋物、田楽… これからの時期は、刺身こんにゃくやサラダもいいですね

こんにゃくの主成分は、食物繊維であるグルコマンナンです。
グルコマンナンは水を加えると膨らみ、アルカリ性で固まるという性質があります。
この性質を利用して、こんにゃくは作られ、独特の食感が生まれます。

食物繊維は炭水化物の仲間ですが、でんぷんや砂糖とは異なり、人の消化酵素では分解されないので、体内ではエネルギーとして利用されません。
かつては食べ物のカスと見なされていましたが、近年、生活習慣病を予防する様々な働きが認められ、今では「第6の栄養素」とも呼ばれ、重要視されています。

食物繊維には、水に溶けない不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維があります。
前者は主に腸を刺激し、排便を促し、後者は血糖値の急激な上昇やコレステロールの吸収を抑え、腸内の善玉菌を増やす働きがあることが分かっています。

こんにゃくのグルコマンナンは水溶性食物繊維に分類されますが、この他、海藻や果物、サトイモなどにも水溶性食物繊維が多く含まれます。
また、不溶性食物繊維は、穀類、野菜、豆類の他、エビやカニの殻に含まれています。
こんにゃくは100gあたり5~7kcalと低カロリーなので、ダイエット食品としてよく知られていますが、このような腸内環境を整える効果にも注目したいですね。

こんにゃくは昔から、「腸の砂おろし」「胃のほうき」などと呼ばれてきました。
これは、食物繊維の豊富なこんにゃくを食べることで体に不必要なものを排出させるという意味です。
食物繊維により排便が促されることで、有害なものも長期間体内にとどまらなくてすむ ので、身体へのダメージを少なくすることができます。

栄養カウンセリングでも、ダイエットや便秘改善、血糖調節などについてのご相談では、食物繊維がよく話題にのぼります。
「こんにゃくの日」の明日は、こんにゃくを使ったお料理を召し上がってみてはいかがでしょうか

≪栄養カウンセリング≫
日時:水曜・木曜 14:30~、15:30~、16:30~ 
お気軽にご予約ください。

一覧に戻る

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801