不妊治療
体外受精
専門医院

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801

BLOG

栄養カウンセリング室より

カラダと食べ物 血管と妊娠

カラダと食べ物 血管と妊娠

こんにちは
春木レディースクリニック管理栄養士の花田です。

3月・4月は多くの患者様が栄養カウンセリングをご利用くださいました。
ありがとうございます
その中でもよく話題にのぼったのは、血中コレステロール値についてでした。
血液検査や健康診断などの結果をもとに、現在のお身体の状態を確認させていただくのですが、「LDLコレステロール」がついている方が多く見受けられます。

LDLコレステロールは動脈硬化の原因となるので、「悪玉コレステロール」と呼ばれています。
動脈硬化とは、「動脈の壁が厚くなったり、硬くなったりして本来の構造が壊れ、働きが悪くなる病変」のことを言います。
LDLコレステロールの他に、高血圧、糖尿病、タバコやアルコール、ストレス、加齢なども動脈硬化の危険因子です。
動脈硬化が進行すると、狭心症、心筋梗塞、脳卒中、腎臓病、閉塞性動脈硬化症などを引き起こし、命にかかわることもあります😨

日本動脈硬化学会では、動脈硬化予防に役立つ食事として、和食を中心とした健康的な食様式「The Japan Diet」を推奨しています。

具体的には、
① 肉の脂身、動物脂、鶏卵、清涼飲料水や、菓子などの砂糖や果糖を含む加工食品、アルコール飲料を控える。
② 魚、大豆・大豆製品、緑黄色野菜を含めた野菜、海藻・きのこ・こんにゃくを積極的に摂る。
③ 精製された穀類を減らして未精製穀類や雑穀・麦を増やす。
④ 甘味の少ない果物と乳製品を適度にとる。
⑤ 減塩して薄味にする。

これに沿っていれば、和食以外の料理や味付けでもよいし、外食や中食(お弁当やお総菜を購入)のときも同じように考えて選ぶとよいとのことです。

どうでしょう
日々のお食事に取り入れられそうでしょうか

実はこの「The Japan Diet」、アメリカのハーバード大学の大規模疫学調査に基づいて提唱された「妊娠しやすい食生活」の「7つの原則」の内容とほぼ合致しています。

「人は血管とともに老いる」と言われますが、これを逆に言うと「血管が若いと身体全体も若い」ということですね 
血液は、細胞に必要な栄養素や酸素をすみずみまで運んでくれています。
ご自身の血管のしなやかさを保つことを意識しながら、お食事内容を工夫してみてくださいね😊


≪栄養カウンセリング≫
日時:水曜・木曜 14:30~、15:30~、16:30~ 
お気軽にご予約ください。

一覧に戻る

初診の方06-6281-9000

再診の方06-6281-3788

事務局(患者様以外の方):06-6281-8801