女性管理職からのメッセージ

 

胚培養士のご紹介

胚培養士部長

胚培養士 部長 辻

私たち胚培養士は、患者様にお目にかかる機会が少ないため、具体的にどのような仕事をしているかわかりにくいと思います。培養士は精液検査や精子の調整、また体外受精での受精、胚の培養、胚の評価、胚の凍結融解、胚移植などを培養室で行っています。
一方で胚移植前のご説明やインフォームドコンセントは培養士が担当しており、患者様からのご質問などにお答えさせていただいております。培養士としても患者様と直接お話できる機会ですので、患者様がどのようなことに不安を抱いているのかを受け止め、安心して体外受精に臨んでいただけるようサポートしてまいります。
また、患者様に安心して治療していただくためには、スタッフ間の情報の共有が大切です。培養士同士のみならず、医師、看護師、受付事務とのコミュニケーションが活発に行えるような環境づくりを常に意識し業務に取り組んでいます。
ひとりでも多くの患者様に新しい命を抱いていただけるようクリニック一丸となって尽力させていただきます。

胚培養士副部長

胚培養士 副部長 滋賀

日々の業務で感じることは、患者様によって卵子や精子の状態が異なり、また同じ患者様の中でも周期によって回収できる胚の質は毎回異なるということです。つまり、治療方法も患者様の特徴に合わせてその都度変えていく必要があります。私たち胚培養士は、胚の形態や発育スピードから評価を行い、今までの治療経過などを併せてどの卵を凍結するか、または移植するかを医師との相談のうえ決定しています。細かい仕事が多いので、緊張の連続ですが、ミスが起こらないように細心の注意を払って厳しいチェックを行っています。普段はスタッフ同士、一丸となってコミュニケーションを大切にしています。
また学会等に積極的に参加し、知識のアップデートに努めています。皆様と普段顔を合わせる機会は少ないですが、何か質問があればいつでもお声かけくださいね。少しでも皆様の笑顔が増えるように努力してまいります。

 

 

看護師のご紹介

看護部門 部長

看護部門 部長 田渕

不妊治療専門のクリニックにみなさまは、どんなイメージを持たれますか? すごく大がかりな検査や治療を想像されますか? 不妊治療といっても、すべての方に高度な検査や治療が必要なわけではなく当院は、みなさまの負担が少しでも軽減できるように医師がじっくり話を聞き、診察し、経済的にも精神的にも時間的にも考慮したその方に合ったそれぞれの治療を提供させて頂いております。私たち看護師は、提供された治療を患者様にご理解、納得していただけるように丁寧で分かりやすい説明とリラックスして頂けるような環境作りに努めております。そして、患者様に寄り添い、一緒に考え、安心して治療をすすめて頂けるように精一杯サポートさせて頂きます。 また、春木レディースクリニックに通院されている患者様の中には、お忙くお仕事をされている方や家庭の事情で、通院の都合を合わせる事が難しい方、治療にあまり時間をかけられない方、海外を含めた遠方からお越しの方などたくさんいらっしゃいます。 最善の治療を受けて頂くためには、ご無理を言う場合もあるかもしれませんが、通院時間の確保が難しい、通院日が定まりにくく予定がたてにくいなど、患者様の声を聞き、ひとりひとりの患者様が豊かで充実したライフスタイルを持って頂けるよう出来る限り、対応させて頂きます。 私たち看護師は、専門的な知識や手技を用いて、常に水準の高い看護を提供できるように、また、最新の情報を提供できるように全国で行われる学会や勉強会への参加、院内ミーティングなど日々意識の向上に努めております。 当院は、専門のカウンセラーによる食生活の見直しや誰にも話せない悩み事、治療内容の相談、先生に聞けなかった話など無料のカウンセリングも行っております。 他部署のスタッフも含め、すべてのスタッフが一つとなり、患者様の夢をかなえるお手伝いをさせて頂きます。 初めて専門クリニックに通院してみようかとお考えの方、他院で思うように治療がすすまない方、検査だけ受けてみたい方、不安が強くて一歩踏み出せない方などどうかおひとりで悩まずに一度当院にお越し頂ければと思います。 お会いできる事を楽しみにしております。

 

受付事務のご紹介

受付事務部長代理

受付部門 部長代理 屋麻戸

不妊治療専門クリニックへ足を運ぶのは、少しハードルが高いと思われる方もいらっしゃるかもしれません。また、治療や通院に対して、不安を抱かれる方も多いと思います。私共受付は、ご予約・お問合せのお電話やご来院時の受付、診察室におけるメディカルクラークを通し、皆様のご不安なお気持ちに寄り添い、気持ちよく前向きに治療を受けていただく事が出来る様精一杯努力して参ります。 診察室にて、ご妊娠された結果のお話をさせて頂く、あの瞬間に立ち会える事。また、皆様が笑顔でご卒業される日に最後のお見送りが出来るこの仕事に対し、日々やりがいを感じております。受付は、治療という形で患者様に貢献する事は出来ません。しかし、私共は患者様にとってなくてはならない「縁の下の力持ち」でありたいと考えております。通院されている中でのご不安なお気持ちや治療に対するご希望を沢山お伺いする機会がございますが、そういった時こそ、安心していただける様な対応を心がけております。どのような事でもお申し付けくださいませ。皆様が笑顔でご卒業の日を迎えられるその時までお力になれる様、日々精進して参ります。 受診を迷っていらっしゃる方も沢山おられると思います。 まずはお気軽にお電話くださいませ。 ご安心いただける様、誠心誠意対応させていただきます。

 

 

管理部のご紹介

管理部 部長

管理部 部長 橋本

私が所属する管理部門では、「クリニックが良く機能すること」を担っております。 クリニックにお越しになるすべての方に、快適な空間を提供し笑顔でお帰りいただくことを使命として、日々努力しております。また、医師やスタッフが、皆さまにより良い医療を提供できるよう環境の維持や改善を図っています。 では、もう少し詳しく管理部門の働きについて皆さまにご紹介いたしましょう。 まず皆さまがお過ごしになる待合室や診察室の環境をより良いものにすることを常に心がけています。検査や診療に使用する機器・設備が正しく動作するよう、細心の注意を払っています。少しでも動作が安定しない場合は、即座に保守作業の手配をするなど迅速な対応が必要です。 また、医師やスタッフに関わる任務も多くあります。例えば、当院ではスタッフのスキルアップを目指し、勉強会を頻繁に実施しているのですが、 管理部ではその準備などを担当しています。会議の調整・準備も重要な任務です。クリニックでは様々な会議を開催しています。 治療成績などのデータを報告し、今後の方針を検討する会議、各部門の管理職が集う会議、全員参加の会議などがあり、その調整や準備を行っています。 また不妊治療に関連する様々な学会が全国各地で開催されるのですが参加するスタッフの出張準備なども担当しています。 私は管理部という事務部門の一職員ですが、クリニックに関する様々なことを、医師やスタッフと日々共有できていると感じています。それは当院が会議や勉強会、研修会などの機会を多く設け、 常に部門・職種を越えたコミュニケーションを密にとっているからだと実感しています。当院はスタッフ全員の心がひとつであり、「すべては患者様のために」ということが浸透していると自負しております。 どうぞ皆さま、当院にご安心してお越しくださいませ。 私たちはいつも皆さまが笑顔でご卒業の日を迎えられますことを、心よりお祈りしております。 最後にお願いがございます。クリニックの施設や環境などについて、直接ご意見をいただけるようでしたら管理部宛にご連絡くださいませ。 お電話 06-6281-8801 

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg