クリニックBlog

2019年11月21日 更新

こんにちは
管理栄養士の花田です。

ここ数年、ナッツブームが続いていますね。
私もナッツが好きでアーモンドやヘーゼルナッツ、ピスタチオなどをよく食べます。

この9月には、ハーバード公衆衛生大学院などによる研究で、ナッツを1日14g食べることで体重増加の抑制と肥満リスクの低下が期待できるという結果が報告されました。

この研究は、成人男女を対象とした20年以上にわたる追跡調査で、体重、食事内容、身体活動量などを4年ごとに調べたものです。
期間中の参加者の年間体重増加量は平均0.32kgでしたが、ナッツの摂取量が増加すると、長期の体重増加量が減少し、肥満(BMI≧30)になるリスクが低下することが示されました。
具体的には、ナッツの摂取量を1日14g増やすと4年間で体重を2kg以上増やすリスクが低下し、クルミの摂取量を1日に14g増やすと肥満のリスクが15%低下したとのことです。

ハーバード大学公衆衛生大学院は、2018年に、ナッツを習慣的に食べている2型糖尿病の人は、心血管疾患や脳卒中のリスクを低減できるという研究も発表しています。
糖尿病と診断された後、食習慣を見直してナッツを食べるようになった人は、食習慣を変えなかった人に比べ、心血管疾患は11%、冠動脈性心疾患は15%、心血管疾患死は25%、そのリスクが低下したとのことです。

これらは米国の研究なので、そのまま日本人にあてはめることはできませんが、間食にスナック菓子やスイーツを食べていた人がナッツに替えれば、栄養状態が高まり、健康効果がアップすることは間違いありません

ナッツには、不飽和脂肪酸ビタミンミネラル食物繊維などが豊富に含まれています。
不飽和脂肪酸には、動脈硬化や血栓を防ぎ、血圧を下げるほか、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。
また、食物繊維は、脂肪や糖質の腸内での吸収スピードを遅らせたり、腸内細菌叢のバランスをととのえたりしてくれます。
ナッツは硬いので、咀嚼回数が増え、満腹感が持続し、食欲を抑える効果も期待できます。

もちろん、カロリーが高いため、大量に食べることはおすすめしません。
14gはアーモンドだと10粒ぐらいです。日々の食生活に上手に取り入れていってくださいね

≪栄養カウンセリング≫
日時:水曜・木曜 14:30~、15:30~、16:30~ お気軽にご予約ください。

 

2019年11月14日 更新

11月7日・8日の2日間、神戸国際会議場で開催された

『第64回 日本生殖医学会』に参加してまいりました。

春木レディースクリニックの医師4名・培養部1名・受付2名で参加してきました。

 

今回の日本生殖医学会は、不妊症という疾患に対応するためには、

それぞれの患者カップルに最適な治療手段を提供する必要があるという考えから

『世界に発信する個別化生殖医療』というメインテーマとなりました。

生殖医療における危機管理対策や、新しい技術・治療システム開発、

次世代型培養室への取り組みが紹介されていました。

当院での成功率向上の為に、今回の学会で得た知識を活かし

日々の治療に役立てていけるようスタッフ一同精進してまいりたいと思います。

 

帰りに生田神社で参拝し、スイーツを堪能してきました。

 

 

春木レディースクリニック

培養士 西田 

受付 塩川 安藤

 

2019年11月6日 更新

前回の管理職研修で行われた

コンプライアンス研修が大変好評だったため、

同じ講師の先生に来て頂き、

再度、春木レディースクリニック職員全員にむけて

研修が行われました。

 

 

今回の研修は大きく分けて3つありました。

 

コミュニケーションのスキルアップ

人材育成

コンプライアンス

 

どの内容もとても気付き、発見があり、ためになるお話ばかりでした。

 

その中でも興味深かった内容が

人材育成のコーチングについてです。

 

答えを教えることはティーチング、

では、コーチングとはどういった意味でしょうか?

 

ティーチングは相手に答えを「教える」こと、

コーチングは相手の中にある答えを「引き出す」ことです。

 

でもどうすれば良いコーチングをすることが

できるのでしょうか?

 

研修では、相手の「意図」を探る方法として、

クライアント役とコーチ役に別れ、ペアで練習を行いました。

 

まず始めに、

クライアント役の方に1ヶ月以内のプライベートの予定を言って頂き、

講師から指定された質問をコーチ役が何度も質問する。

こうすることで最後には

その人の「意図」を導き出す事ができました。

 

私は友人とミュージカルに行く予定をあげましたが、

その意図は、趣味の共有にはじまり、

最後には世界平和となりました。

 

私は世界平和のためにミュージカルに行って参ります(笑)

研修の後は懇親会が行われ、美味しい食事を堪能いたしました。

 

この研修を活かし、

エビデンス(根拠)にはじまりナラティブ(対話)におわる

春木レディースクリニックの意図=理念を大切にしながら

これからも患者さまに確かな情報を提供し続け、

夢のお手伝いができますよう

日々努めて参ります!

 

春木レディースクリニック

受付 横田

2019年11月1日 更新

心地よい秋風が爽やかに感じられるようになってまいりました。
皆さまはどのような「秋」を満喫しておられますか?

さて、春木レディースクリニックに
11月より新しく認定遺伝カウンセラーが着任しましたので
ご紹介いたします。

薄井 梨佐(うすい りさ)

大学院修士課程修了後、認定遺伝カウンセラー資格取得

遺伝について疑問やお悩みはありませんか?

年齢、病気、不妊治療、生まれる前の赤ちゃんの検査…
妊娠に関することと遺伝にはどんな関係があるのでしょうか?

正確な情報提供と心理支援で患者様にとって
ベストな選択を一緒に考えていきます。
お気軽にカウンセリングルームへお越しください。

 

※カウンセリングのご予約は、受付またはお電話にてお願いいたします。

2019年10月23日 更新

10月19日・20日に東京のニッショーホールで行われた

「第45回不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座」に

春木レディースクリニックの看護部4名受付2名で参加をしてきました。

 

今回のプログラムでは、最新の生殖医療の現状や課題についての講演が多くありました。

その中でも卵子凍結や出生前診断についての講演は大変興味深かったです。

また実際に不妊カウンセラー鍼灸師として活動されている先生の講演も聞くことができました。

日々進歩する生殖医療に正しい情報と知識を取り入れていけるよう私どもも勉強を続けていきたいと思います。

また、カウンセラーには専門的知識・スキルに加えて人間性・社会性も必要であり、セルフチェックをするという講義を通して

自身の性格や傾向を改めて知る機会ともなりました。

 

宿泊先の近くには東京タワーがあり、とてもきれいなライトアップで感激でした。

 

東京といえばもんじゃ焼きですね!もんじゃ焼きといえば月島ですね!とても美味しかったです。

 

今回の貴重な学びを、今後の業務にも生かしていきたいと思います。

春木レディースクリニック

看護部:福田・和田・葛西・鈴木

受付: 神戸・井上

 

 

 

2019年10月10日 更新

10月4日から2日間、福岡で開催された『日本IVF学会』に参加してきました                                                                                                                                                                                            

春木レディースクリニックからの参加メンバーは看護部1名・培養部1名です。

日本IVF学会は生殖補助医療の発展に貢献する事を掲げています

今回のテーマは『Seek for Quality  ART』~上質なARTの探究~に相応した最新の培養液・令和のART・世界のART情勢のお話がありました。

2日目は、オーストラリア生殖医学会からの講演やがんと生殖医療など、とても興味深い内容でした

体外受精もより安全で質の高い医療を目指し、この学会で得た知識・技術を今後の治療に反映していきたいです。

JR博多シティ(会場)の屋上から見た空です。天気が良く、空が澄んでいました。

 

春木レディースクリニック

培養部 多賀

看護部 田渕

 

2019年9月19日 更新

こんにちは
春木レディースクリニック管理栄養士の花田です。

栄養カウンセリングでは、冷えに関するご質問も多くあります。
残念ながら、食べ物で冷えを解消することは難しく、温かい食べ物を多くし、冷たい物を食べ過ぎないようにすることぐらいしか対処法はありません。
身体を温める食べ物の代表は生姜唐辛子などの香辛料ですが、一時的な効果はあっても持続力に欠け、毎回の食事に取り入れるのは難しいというのが現実です。

冷えを訴える方に生活習慣についてお聞きすると、たいていの方があまり身体を動かさず、食べる量も少ない、入浴はシャワーですませるとおっしゃいます。
そんな方には、食べ物よりもまず身体を動かすこと、特に、真剣に家事に取り組んだり、通勤で活動量を増やしたりすることをおすすめしています。
例えば、床の拭き掃除や部屋の模様替え、駅までは歩き、階段を使うなど。
運動量が増えると食事量も増えるので栄養状態が良くなるし、筋肉量が増えると代謝が上がるので冷えの解消にもつながります

身体活動と女性の寿命の関係については2017年のニューヨーク州立大学やカリフォルニア大学などの研究で、家事などの軽い身体活動でも毎日続ければ健康増進の効果が得られることが明らかになっています。
この研究では、1日30分程度の軽い身体活動に従事した女性の死亡リスクは12%低くなり、身体活動の強度を高めるとさらに効果的で、中強度~活発な活動を毎日30分程度行うと死亡リスクは39%低下したと報告されています。
これは63〜99歳の女性を対象とした研究ですが、それよりも若い世代の女性の健康の維持増進にも十分にあてはまる結果だと思います。

ちなみに、「冷え」には定義や客観的な指標はなく、本人の主観的な自覚症状と苦痛が中心的な判断材料であり、冷えの程度は数値化しにくいという特徴があります。
ゆえに、冷えが改善されたかどうかも主観的要素が大きく、その改善方法も個人によって異なるということになりますね。
いずれにせよ、身体を動かすことは必ずプラスになるので、私はおすすめします

≪春木レディースクリニック 栄養カウンセリング≫
日時:水曜・木曜 14:30~、15:30~、16:30~ お気軽にご予約ください。

2019年9月18日 更新

9月14日、春木レディースクリニックの看護師5名で、日本生殖看護学会参加のため東京へ向かいました。

夜間の東京駅は、ライトアップがとてもきれいでした。

9月に入り夜は風も心地よく感じるようになったので、宿泊先のホテルまで歩くことにしました。

翌日早朝、聖路加国際大学に到着しました。

受付時間開始前にも関わらず、既に大勢の不妊治療施設から日本生殖看護学会の参加者が並んでいました。

今回の学会内容は『不妊治療からその先の妊娠・出産・育児へ』でした。

不妊治療を受けて妊娠・出産するカップルは年々増加し、ARTによる出産児数は年間総出生数の18.1人(日本産婦人科学会.2018)に1人となっています。

また、40歳以上の高年妊娠も増加し、ART後の両親の高齢化も目立ってきています。

さらに、治療の長期化で夫婦関係にも問題を抱え続けていたり、遺伝的につながりのない精子・卵子の提供による妊娠の場合もあります。

これらのように、不妊治療を受けて妊娠した夫婦が子供とのゆるぎない親子関係を構築しながら、親役割を獲得し、楽しく協力して育児をしていくためには、不妊治療中だけでなくそのあとに続く妊娠・出産・育児期への継続的な支援が必要であるところです。

今回の学会参加により様々な意見交換を聞くことができ、また不妊治療後の継続的な支援について学ぶことができました。

ランチョンセミナーでは、普段看護師が触れることのないような器具なども実際に触れさせて頂きました。

ランチョンセミナーのお弁当は美味しかったです。

そのほか、2人目不妊治療の調査内容・不妊外来初回受診時のケアなどのポスター発表の見学や、不妊症看護認定看護師やソーシャルワーカーによるシンポジウムへの参加など、非常に貴重な時間を過ごすことができました。

これらの学びを春木レディースクリニックでの不妊看護に活かしていきたいと思います。

 

春木レディースクリニック看護部 田渕、村上、原田、山口、北尾

2019年8月28日 更新

こんにちは

朝晩涼しくなり、だいぶ過ごしやすくなりましたね。

あっという間に8月もあと僅かです

 

先日、京都へ行ってきました

4月に大阪に引っ越して来た私は、休みの度に行ってみたい所巡りをしています。

その1つをご紹介します。

 

JR宇治駅から歩いて5分程にある、抹茶専門店【抹茶共和国】です。

メディアでも紹介された事があるようで、ご存知の方も多いかもしれませんね。

石臼で挽いた宇治抹茶と生乳100%の北海道牛乳等を使用し、素材にこだわったメニューが提供されています。

 

 

私のお目当ては、この抹茶インクです

左が抹茶ラテで右が抹茶清水。インクボトルに入ったインスタ映え人気メニューです

テイクアウトはクリアバッグに入れてもらえて、こちらもお洒落

 

 

見た目もかわいく、抹茶好きにはたまらないメニューがたくさんありました。

ぜひ、京都巡りの際には訪れてみてはいかがでしょうか

 

 

検査 飯泉

2019年8月21日 更新

みなさんこんにちは。

まだまだ暑い日が続きますが、体調は崩されてないですか。

 

暑い日は水分補給も大切で、つい冷たい飲み物を多く飲んでしまいがちです。

私は涼しい場所では温かい飲み物を飲むようにしています。

家でも朝からエアコンをつけずには過ごせない気温なので

朝はホットコーヒーを飲むようにしています。

 

私自身は、温かい飲み物を飲みだしてから、足の冷えや便通が改善されたように思います。

体の中を温めると、代謝が上がり疲労回復やダイエットにもいいそうです。

暑い外では冷たい飲み物が美味しいですが、温かい物もおすすめです。

試してみてください。

 

看護師 山縣

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg