クリニックBlog

2019年5月16日 更新

こんにちは
管理栄養士の花田です。

前回の「カラダと食べ物」では、食肉の別名として「さくら=馬肉」をご紹介しましたが、早速食べに行ってきました

以前、九州料理のお店で馬刺しを食べたことはあったのですが、今回は馬肉専門のお店です。

突き出しの和え物です。
酢味噌の中に馬肉が入っていました。

そして、馬刺し。

以前食べた時は赤身肉だけだったのですが、今回はいろいろな部位の刺身でした。
白いのはタテガミです。
脂とゼラチン質がいいバランスで、口の中に入れた途端にスーッと溶けてしまう感じでした。

こちらは焼き肉盛り合わせ。

牛肉とは違って、あっさりした味わいです。
部位ごとに味や歯応えがさまざまで、充分楽しめました

「ビンタ」とか「チョウチン」とか、部位の名前もおもしろいですね
こちらが部位の名前の一覧表です。

馬肉は高タンパクで低カロリー、そしてミネラルやグリコーゲンなども多く含まれています。

カルシウムは牛豚の3~4倍、鉄分は牛豚鶏の約3~4倍です。

この他も、リノール酸、α-リノレン酸、オレイン酸などの不飽和脂肪酸が牛肉や豚肉に比べてバランスよく豊富に含まれています。

おいしいだけでなく健康にもよいとはうれしいですね

おいしいものを食べると身体が喜びます。
これで、五月病にならずに頑張れそうです

2019年4月25日 更新

こんにちは
管理栄養士の花田です。

もうすぐゴールデンウイークですね
今年は10連休ということで、いろいろなイベントが各地で行われるようです。

連休中の行事と言えば、5月5日の端午の節句
柏餅やちまきなどが供物として用いられます。

柏餅は、上新粉で作った餅に餡をはさんで柏の葉などで包んだ和菓子です。
柏の葉はしなやかで、食物を包んだり、盛ったりするのに都合がよく、古くから食器や菓子器として使われてきました。

柏餅が端午の節句に供えられるようになったのは江戸時代中頃と言われています。
柏の葉は新芽が育つまで古い葉が落ちないことから、「家系が途切れない(子孫繁栄)」という縁起をかついだものと考えられます。
昔の人は、自然の風物に自身の人生を重ねて吉凶のしるしとしたのですね

「かしわ」と言えば、名古屋市以西では鶏肉のことを指しますが、これは地鶏の羽色が柏の葉の紅葉の色に似ていることになぞらえてこう呼ばれるそうです。
この他、「ぼたん」「さくら」「もみじ」も食肉の別名ですが、ご存知でしょうか?

「ぼたん」= 猪肉 : 鮮やかな肉の赤色が牡丹の花の色に似ている
「さくら」= 馬肉 : ピンクの肉の色が桜の花の色に似ている
「もみじ」= 鹿肉 : 真っ赤な肉の色がモミジの紅葉の色に似ている

肉食が禁じられていた時代に、このような隠語を用いて密かに取り引きされ、食べられていたそうです。
風情のある呼び名のようでいて、その裏に欲望が見え隠れするのがおもしろいですね
今も昔も変わらず、食欲には勝てない人間の性を感じます

2019年4月11日 更新

こんにちは
管理栄養士の花田です。

先日、神戸にある某コーヒーメーカーの博物館に行ってきました。
玄関では、コーヒー豆を形どった大きなモニュメントがお出迎えしてくれました

 

こちらはコーヒーの苗木です。
こんなに小さな苗木が大きく育ち、香り高い飲み物になって私たちを楽しませてくれるのですね

 

コーヒーの発祥の地はエチオピアですが、エチオピアの伝統的なコーヒーセレモニーで用いられる食器も展示されていました。

 

これは、収穫されたコーヒーが生豆になり、焙煎されるまでの重量変化です。


1本の木からコーヒーの実(コーヒーチェリー)は約3kg穫れるそうです。
それが生豆になると約500g、そして焙煎すると水分が抜けて約400gに減ります。
この400gは、コーヒー約40杯分にあたります。
よって、1日1杯コーヒーを飲むなら、1年に約10本分のコーヒー豆を消費しているということになりますね。
1杯のコーヒーでも大切に飲まないといけないなと感じました

 

こちらは、歴代の焙煎や抽出の機械です。


今は、おしゃれなコーヒーマシンがたくさん登場していますが、そこに至るまでには長い道のりがあり、先人たちが美味しいコーヒーを飲むために試行錯誤を重ねてきたことを知りました。

 

私はコーヒーが大好きで、1日に2~3杯は飲みます。
カフェイン耐性が強いタイプなのか、寝る前に飲んでも大丈夫です。

栄養カウンセリングでもカフェインについての質問は多いです。
1日1~2杯のコーヒーであれば、不妊治療には影響がなく、妊娠中であっても問題ないとはされています。
とは言え、気になる方は、少しお値段は張りますが、カフェインレスノンカフェインのコーヒーを利用されるといいですね

2019年3月28日 更新

こんにちはflower2
管理栄養士の花田です。

先日、仙台名物のせり鍋を食べてきました。
せりの根っこまで食べるのですが、シャキシャキとした歯ごたえで、とてもおいしかったです。

1

 

牛タン入りの肉団子や、きりたんぽ、油麩も入っていました。

2

せりは、春の七草のひとつ。

鉄分が多く、デトックス効果も高いといわれています。
また、葉酸をはじめとしたビタミン類、食物線維も多く含まれています。
皆様も、ぜひ旬の時期にお試しくださいねgya

 

 3

牛タンのたたきも食べましたheart3

満足なお夕食となりましたnico

 

2019年3月14日 更新

こんにちはflower2
管理栄養士の花田です。

今日3月14日は「円周率の日」です。
円周率=3.141592653…
小学校の時に習いましたね。
小数点のある計算が面倒だったので、円周や円の面積を求める問題は嫌いでしたnamida
中学校では、3.14でなくπ(パイ)を使って計算できたので、ほっとしたのを覚えています。

このπ(パイ)にちなんで、日本パイ協会が2002(平成14)年に、3月14日を「パイの日」として制定しました。
外国では、「円周率の日=パイの日」を祝ってパイを食べる人もいるそうです。

さてさて、パイと言えば、アップルパイapple
リンゴの甘酸っぱさとシナモンの香りが織りなす深い味わいが、この上のない幸せを運んできてくれますheart3
私もパイの中では一番好きなのですが、栄養学的にこの組み合わせはどうなのでしょうか

「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」と言われるように、リンゴはミネラルや食物繊維やクエン酸などの栄養素を豊富に含む果物です。
特に注目すべき成分は次のとおりです。
カリウム:ナトリウムの排泄を促し、高血圧を予防する。
リンゴポリフェノール:強い抗酸化作用がある。コレステロール値を下げる。生活習慣病の予防、アレルギーの抑制に効果的。
ペクチン:水溶性食物繊維。善玉菌を増やし、腸内環境を整える。
セルロース:不溶性食物繊維。便の量を増やし、腸の働きを助ける。
ケルセチン:強力な抗酸化物質。免疫機能向上、動脈硬化など血管に関連する病気や心臓の病気の予防に役立つ。

ちなみに、アップルパイに使われるリンゴは「紅玉」という品種です。
小ぶりで真っ赤な色、酸味の強い品種で、主に加工用に用いられるので、店頭で見かけることはあまりありません。

続いてシナモンですが、シナモンは「スパイスの王様」と呼ばれ、「桂皮・桂枝」という名称で、漢方生薬としても利用されています。

シナモンには抗菌作用や自律神経の調整作用、血行を促進作用、冷え症を改善する効果・効能、血液中の脂質や糖質を減少させる効果などがあります。

アップルパイは美味しいだけでなく、美容と健康の味方でもあるのですねnico

さてさて、話を「円周率の日」に戻しましょう。

3月14日は、日本ではホワイトデーで、クッキーやマシュマロがプレゼントされますが、この日にプロポーズ をしたり入籍したりするカップルも多いそうです。
その理由は、3.141592653…と永遠に続く円周率になぞらえて、「永遠に愛が続くように」という願いを込めて、とのことです。
ロマンティックですねheart
円周率の日の今日、皆様もかつてのときめきを思い出し、ご夫婦で永遠の愛を確かめ合ってはいかがでしょうか笑う

 

2019年2月28日 更新

こんにちはflower2
管理栄養士の花田です。

去る2月3日、「女性のための漢方セミナー」に行ってきました。
漢方の基本である「気・血・水」、証の診断、女性特有の心身の悩みに漢方がどのように利用できるかなど、漢方を身近に感じられる興味深い内容でしたnico

kanpo

 

会場の入り口には、当院でもお馴染みの漢方薬の生薬の見本が置いてありました。

まずは、当帰(トウキ)と川芎(センキュウ)

kanpo2

 

そして、芍薬(シャクヤク)、桂皮(ケイヒ)、生姜(ショウキョウ)、甘草(カンゾウ)、大棗(タイソウ)など

kanpo3

 

当院の患者様がよくご利用される漢方薬には次のような生薬が配合されています。

当帰芍薬散:当帰、芍薬、茯苓、白朮、沢瀉、川芎
柴苓湯:柴胡、半夏、沢瀉、生姜、黄芩、大棗、人参、猪苓、白朮、茯苓、甘草、桂枝
八味地黄丸:地黄、山薬、茯苓、桂皮、沢瀉、附子末、山茱萸、牡丹皮
補中益気湯:当帰、黄耆、人参、生姜、升麻、陳皮、大棗、柴胡、白朮、甘草

配合されているのは、主に、体を温めたり、不足している体力を補ったりする生薬です。
生姜(=ショウガ)、桂枝(=シナモン)、山薬(=ヤマノイモ)、陳皮(=ミカンの皮)、大棗(=ナツメ)など、食材として親しまれているものも多いです。
また、甘草は、文字どおり甘味のある生薬で、マメ科多年草の根を乾燥させたものです。
その甘味は砂糖の50倍もあり、甘味料としても用いられています。

難しいけれど興味深い漢方note
これからも勉強を続けたいと思いますheart3

 

 

2019年2月14日 更新

こんにちはflower2
管理栄養士の花田です。

前回は、LDLコレステロールとHDLコレステロールのバランスであるLH比についてお話しました。
LDLコレステロールの高さにばかり目を奪われがちですが、HDLコレステロールが低いのも問題であることをお分かりいただけたと思います。

今回は、もう一つの項目、動脈硬化指数についてお話します。

 

こちらの検査結果をご覧ください。

nonHDL

初めて見られる方も多いと思いますが、「non-HDL」という検査項目があります。
これは、新たな脂質管理目標値として「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版」へ導入されたもので、動脈硬化を引き起こす可能性のある全てのリポたんぱく質中のコレステロールを表します。

「リポたんぱく質」も初めて聞かれる方が多いと思います。
「リポ」は「脂肪」の意味で、その言葉のとおり脂質がたんぱく質と結合した形です。
たんぱく質と結合することで、水になじみにくい脂質も血液中を運ばれやすくなります。

リポたんぱく質には、LDLやHDLの他に、カイロミクロン(CM)やVLDLなどもあり、含まれる脂質の種類や割合、サイズ、運ばれる場所などが異なります。
そして、HDL以外のリポたんぱく質が運ぶコレステロールは動脈硬化のリスク要因になりうるので、それらをまとめて「non-HDL」としています。

「動脈硬化指数」はこれをもとにして計算します。
動脈硬化指数 = non-HDL ÷ HDL

私の11月の健診結果では、non-HDLは119、HDLは53なので
動脈硬化指数 = 119 ÷ 53 = 2.2 となります。

この計算式による判定は、「3.0未満なら良好、3.0以上5.0未満は要注意、5.0以上は危険」です。
2.2なら今のところ心配はなさそうなので、これからも気を付けていきたいと思いますheart3

 

年に1回の健康診断ですが、その数字には自分の身体に関するいろいろな情報が隠されています。
皆様も健診結果を見直してみてくださいねnico

 

2019年1月31日 更新

こんにちはflower2
管理栄養士の花田です。

前回の「カラダと食べ物」では、「健康診断①」と銘打って、私の昨年11月の健診結果をご報告しました。

悩みの種だったLDLコレステロール値は、かなり改善し、ほっとしました笑う
今回は善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールに着目してお話したいと思います。

健診結果を改めて見直してみます。

昨年2月の結果です。

HDL

 

昨年11月の結果です。

HDL②

 

コレステロール値全体が下がったので、HDLの数値も59から53に下がってしまっていますshun

HDLの基準値は40㎎/㎗以上なので、基準値内ですが、LDLコレステロールとHDLコレステロールのバランスはどうでしょうか
LH比の変化も見ていきたいと思います。

LH比とは、「LDLコレステロール値÷HDLコレステロール値」で示される比率のことです。
LDLコレステロール値が正常(140mg/㎗未満)であっても、心筋梗塞を発症したケースが多々あり、その場合はHDLコレステロール値が低めである傾向がみられることから、現在ではLH比が重視されています。

LH比が1.5以下では、血管内がきれいで健康な状態です。
LH比が2.0を超えると血管内のコレステロールの蓄積が増えて動脈硬化が疑われ、2.5を超えると血栓ができている可能性があり、心筋梗塞のリスクも高いことが指摘されますuun

私の健診結果から計算してみると、
昨年2月は、114÷59=19.3
昨年11月は、100÷53=18.9

2.0未満だし、数値も下がってきているので、このまま気を付けて1.5以下を目指したいと思いますgya

 

HDLコレステロールを増やすには、適度な運動を続けることが大切だと言われています。
特に、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動は効果があるので、1日20~30分は早足で歩くように意識してみてくださいね。
私も毎日30~60分は歩くようにしています

コレステロールのお話はまだまだ続きます。
次回の「カラダと食べ物」もご期待くださいnico

 

2019年1月17日 更新

こんにちはflower2
管理栄養士の花田です。

私事ですが、昨年11月の健康診断の結果が出たので、ちょっと自慢をしてみたいと思いますihi

私の悩みの種は、年齢とともに上がっていく一方のLDLコレステロール値でした。
母も妹も高めなので家系的なものだと諦めていたのですが、一昨年の健診でLDLコレステロール値が基準値を超え、「148」になってしまいましたehe

 

そこで、家系のせいにしてばかりはいられないと一念発起し、改善に取り組みましたpun

その結果がこちらです。

 

これは、昨年2月の健診結果です。
LDLコレステロール値が「114」に下がりました。

LDL1

 

そして、これが昨年11月の結果です。
「100」まで下がりました。

 LDL2

 

何が一番効果的だったのかは分かりませんが、次のようなことに取り組みました。

まず、食事面では、食物繊維油脂に気を付けました。
・朝食と夕食の前に、健康食品の食物繊維を入れた飲み物を飲む
・ご飯は、白米に玄米と雑穀をまぜて炊く
・朝食は、無糖のミューズリーにチアシードとリンゴを入れ、豆乳をかけたもの
・サバ、イワシなどの背の青い魚やサケを週に4回は食べる
・納豆にエゴマ油やアマニ油を入れて食べる
・炒め油には米油や大豆胚芽油を使う
・肉の脂身、バター・生クリーム・チーズを多く使った料理や洋菓子は避ける

運動面では、日頃からよく歩くようにし、お腹の筋肉を鍛えるために昨年8月からレッグレイズを毎晩20回欠かさず続けています。
たいした運動量ではありませんが、「継続は力なり」で、8月から体重が2㎏程減り、下腹もすっきりしましたheart3

コレステロールは、細胞の構成成分、ホルモンや胆汁酸の材料になる重要な物質なので、肝臓でも合成されています。
体内のコレステロールは、食事由来が20%肝臓での合成が80%と言われており、食事に含まれるコレステロールそのものよりも、合成材料となる飽和脂肪酸の摂取を減らすことが重要です。
また、食物繊維DHA・EPA・α-リノレン酸などのオメガ3脂肪酸が、血中コレステロールの低下に効果があることが分かっているので、積極的に摂ることをおすすめします。
近年では、米油や大豆胚芽油に含まれる植物ステロールにコレステロールの体内への吸収を抑制する作用があることも分かっています。

血中コレステロールについては、お話ししたいことがたくさんあるので、次回の「カラダと食べもの」に続きます。
よろしくおつきあいくださいねnico

 

2018年12月27日 更新

こんにちはflower2
管理栄養士の花田です。

クリスマスも終わり、今年もあと5日となりました。
本日12月27日で、当院の年内の診察は終了となります。
新年の診察は1月4日からとさせていただきます。
本年は誠にありがとうございましたnico

さて、まもなく2019年の始まりですが、皆様は年賀状を送られますか
私は、年賀はがきの準備が遅くなり、昨日慌てて買いに行きました。
早々と売り切れになっている郵便局もあるとのことで、ちょっと焦りましたehe

子どもの頃は、年賀状がとても楽しみでした。
友達からの年賀状には「おもちを食べすぎないようにね」とよく書かれていましたが、今思えば不思議なメッセージですねnyan
近頃は、お正月にお餅を食べる家庭も減ってきたようで、このメッセージも見かけなくなりました。

総務省家計調査によると、「都道府県県庁所在地別一世帯当たりの『もち』の購入数量(2人以上の世帯)」は次のようになっています。

全国平均 平成20年2.71kg → 平成25年2.44 kg → 平成29年2.42 kg

数字で見ると消費量が減っていることがはっきり分かりますねsun

皆様のご家庭のお餅は丸餅ですか それとも角餅ですか
「関西は丸餅、関東は角餅」とよく言われますが、本来のお餅の形は、「丸」です。
「望月(もちづき)」という言葉からも、お餅は月のように丸いことが分かりますね。
ところが、江戸時代には、江戸に人口が集中し、お餅を一つずつ丸めるのに手間がかかるため、のし餅を作って切り分けるという方法がとられました。
これが角餅の始まりです。
以来、「関西は丸餅、関東は角餅」が食文化の一つとなりました。

もちろん、現在はいろいろな地域出身の人がいろいろな地域に暮らしているので、食文化も交じり合い、丸餅も角餅もどちらも食べる機会があります。

お餅ひとつをとっても、食の歴史を感じることができますねheart3
来年のお正月は、ご夫婦の食文化の違いをあらためて見直してみられてはいかがでしょうか

それでは、皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。
来年も春木レディースクリニックをよろしくお願い申し上げます笑う

 

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg