クリニックBlog

2015年11月21日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今回は、精がつく食材の第2弾、ニンニクについてのお話ですhappy01

ニンニクは、ユリ科の多年草で、紀元前から世界各地で利用されてきました。
古代エジプトではピラミッド建設のための滋養強壮として、古代ローマでは急性疾患治療薬として使われ、古代インドの医学書「アーユルベーダ」にもその薬効が記されています。
日本には4世紀頃に伝わり、「古事記」には日本武尊(やまとたけるのみこと)が、手に持っていた食べかけのニンニクを魔物に投げつけて退治したことが記されています。
古代中国の「神農本草経集注」には、「大蒜(たいさん)」という名で記載され、現代でも、健胃、発汗、利尿、駆虫薬などの生薬として利用されています。

ニンニク特有の刺激臭のもととなるのはアリシンという物質で、これには強い抗菌・殺菌効果糖質代謝を促進するビタミンB1の吸収を高める作用があります。
また、無臭の成分であるスコルジニンは、強力な酸化還元作用をもち、新陳代謝を活発にし、疲労回復に役立ち、強壮・強精作用を有すると言われています。
これが、精がつく食材と言われる所以なのですねflair
ショウガと同様に、アメリカ国立がん研究所の「デザイナーフーズ・プログラム」でも、免疫力を高める食品として上位にランキングされています。

ニンニクは香味野菜として様々な料理に使われ、薬用酒や健康食品としても人気がありますが、胃腸障害や血液凝固関連薬との併用での悪影響も報告されているので、摂り過ぎには気をつけてくださいねdanger
適量は、生なら1日に1片程度、加熱したものなら2~3片程度、毎日でなくても1週間に1~2回でも効果があると言われています。

独特の臭いが困りものですが、緑茶やリンゴなどと一緒に摂ると臭い消しになるそうですdelicious
美肌や育毛効果も期待できるとのことなので、日常の食生活に上手に取り入れてくださいねnote

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:木曜・土曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2015年11月7日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今回は、精がつく食材として取り上げられることの多いヤマイモについてのお話ですhappy01

漢方では、ヤマイモの皮を剥き乾燥させたものを「山薬(さんやく)」といい、滋養強壮や強精、鎮咳、止瀉などに効果があるとされます。

注目される強精作用ですが、これはジオスゲニンという成分によるものです。
アンチエイジングに効果的だと言われるDHEAはご存知でしょうか
DHEAは性ホルモンの前駆体で、そのさらなる前駆体がジオスゲニンです。
テストステロンやエストロゲンなどの性ホルモンに分化するので、強精作用だけでなく、女性の更年期障害やLOH症候群(男性更年期障害)にも効果が期待できます。
山薬を含む漢方薬には、八味地黄丸(はちみじおうがん)牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)などがありますが、実際に、八味地黄丸を服用することによって、精子の運動率や卵巣機能が改善したというデータも出ていますflair
また、近年では、アルツハイマー病の改善、骨粗鬆症予防や関節の抗炎症作用などの効果も報告されています。

さらに、ヤマイモには成長ホルモンの分泌を促進するアルギニンも含まれています。
粘り成分のムチンは胃腸の粘膜の保護やタンパク質の吸収促進、消化酵素のアミラーゼは、主に炭水化物の消化促進に働きます。
炎症を抑え、傷の修復を促進するアラントインも含まれていて、ヤマイモはまさにアンチエイジングの秘薬と言えますね。

でも、残念なことに、ヤマイモの種類によってジオスゲニンの含有量には違いがあります。
漢方生薬に用いるのは主に中国産の品種で、国産品には多くは含まれないそうです。
食材として手に入りやすいのはナガイモですが、食べる量や頻度を増やす必要がありそうですね。
加熱すると成分が変化するので、生で食べるのがおすすめです。
とろろご飯だけでなく、短冊やサイコロ状に切ってサラダやおかか和えなど、いろいろとアレンジしてみてくださいねnote

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:木曜・土曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2015年10月24日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

身体を温める食材のお話が続いていますが、今回はシナモンです。

シナモンはクスノキ科の常緑樹で、樹皮を細長く剥ぎ取って乾燥させたものをシナモンスティック、粉末状にしたものをシナモンパウダーとして利用します。
ニッキとも呼ばれ、アップルパイや京都の和菓子でもお馴染みの味ですねnote
シナモンは世界最古のスパイスの1つと言われ、紀元前4000年頃からエジプトでミイラの防腐剤として使われていたそうですflair
現在は、食品だけでなく、香料、医薬品、化粧品などにも用いられています。

シナモンには、ケイヒアルデヒド、ケイヒ酸、オイゲノール等の芳香成分が含まれ、毛細血管の拡張と血行促進毛細血管の減少を防ぐ効果があると言われています。
漢方薬にも利用され、樹皮は桂皮(けいひ) 、枝は桂枝(けいし) 、実は肉桂子(にくけいし)と呼ばれます。
「葛根湯」、「安中散」などをはじめ、冷え症の改善に効果があると言われる「桂枝茯苓丸」や「温経湯」にも含まれています。
血行を促進し、水分代謝を調節し、新陳代謝を高めることで身体を温める効果がありますが、特に下半身が冷えるときには有効です。
また、発汗、解熱、鎮痛作用、抗菌作用、健胃作用、冷えが原因の肩こりや生理痛などの改善、糖尿病の改善、血圧降下、美肌効果、育毛促進効果などもあると言われています。

糖尿病の改善効果についてはまだ研究段階ですが、糖尿病の治療薬や血糖低下作用のある健康食品との併用には注意してくださいdanger
また、芳香成分の1つであるクマリンの過剰摂取により、肝機能障害が誘発されることがわかってきました。
いずれも通常の食品に含まれるシナモンの量なら心配ありませんが、サプリメントで摂る場合は含有量をよく確認してくださいね。
適量は1日0.6~1.0g、シナモンパウダーならスプーン1杯ほどとされています。

秋の夜長に、シナモンティーcafeやシナモンロールはいかがですか
シナモンの味と香りを楽しみつつ、身体を温める効果を実感していきましょうhappy01

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:木曜・土曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2015年10月10日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

前回に引き続き、今回は、身体を温める食材の代表格であるショウガのお話です。

中国では古くから「ショウガは百邪を防御する」と言われ、漢方生薬としても利用されています。
漢方では、ショウガの皮をとり、そのまま乾燥したものを「生姜(しょうきょう)」、蒸乾したものを「乾姜(かんきょう)」と呼び、その使い方も異なります。
「生姜(しょうきょう)」には、身体を温めて発汗させる作用吐き気や咳を鎮める作用健胃作用などがあり、風邪のひき始めに飲むといいと言われる「葛根湯」にも配合されていますflair
一方、「乾姜(かんきょう)」は、「生姜(しょうきょう)」よりも深いところ、胃腸などの内臓を温めるとされます。

これは、加熱によるショウガの成分の変化に関係しています。
生ショウガに多く含まれるジンゲロールは、末梢血管を拡張し、発汗を促しますが、これは一時的なもので、次第に体熱が奪われ、結果的に身体を冷やしてしまうことになりますsad
ところが、100℃以下で加熱すると、ジンゲロールの一部がショウガオールに変わります。
ショウガオールは、CGRP(力ルシトニン遺伝子関連ペプチド)という物質を胃腸に産生させ、心臓からの血液の拍出量を増やすとともに、腹部の血行を高めるため、身体を芯から温めますlovely
さらに加熱すると、ジンゲロールが分解されてジンゲロンに変わりますが、これは、交感神経を亢進し、脂肪分解を促す酵素リパーゼを活性化させる作用があるので、ダイエットに効果があると言われますhappy02

わが国では、昔から、お寿司や冷奴などに薬味としてショウガを添えますが、これも殺菌効果や血行促進を期待してのことなのですね。
月経困難症の軽減妊娠期のつわりの吐き気の緩和乗り物酔いやめまいにも効果があるとのことで、生活の様々な場面で頼りになる食材と言えますnote
また、ショウガオールが免疫力を高めるとして、アメリカ国立がん研究所の「デザイナーフーズ・プログラム」でも、がん予防効果の高い食品の上位にランキングされています。
ぜひいろいろなお料理にショウガを加えて、健康維持に役立ててくださいねhappy01

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:木曜・土曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2015年9月19日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

だんだんと秋の気配がただよい始め、朝夕は肌寒く感じますねcatface
今回は、冷え性によいと言われるヘスペリジンについてのお話です。

ヘスペリジンは、ミカンやオレンジなどの柑橘類の果皮や薄皮に含まれるフラボノイドで、ポリフェノールの一種です。
ビタミン様作用を示し、ルチンやケルセチンとともにビタミンPとも呼ばれます。

ヘスペリジンの効果としては、毛細血管の強化抗酸化作用をはじめ、血圧上昇抑制作用血中コレステロールを改善する作用抗アレルギー作用骨密度の低下を抑制する作用など、さまざまな研究結果が報告されていますflair
特定保健用食品の関与成分としても許可され、「中性脂肪が高めの方や、脂肪の多い食事を摂りがちな方に」という表示がされています。

わが国では昔から、天日干ししたミカンの皮や柚子をお風呂spaに入れる習慣がありますが、これにもヘスペリジンの血行促進効果が関係しています。
柑橘類の果皮に含まれるヘスペリジン、さらに、リモネンやテルピネンなどの精油成分がお湯に溶け出し、毛細血管を広げて血行を促進し、冷え性や肩こりを改善してくれますnote

また、ミカンの皮は漢方生薬としても利用されています。
ミカンの皮を陰干しして1年以上経過したものを「陳皮(ちんぴ)」といい、主に、胃もたれ、消化促進や食欲増進、風邪による喉の痛みや咳などに用います。
当院で処方している「補中益気湯」にも含まれていますし、身近なところでは、七味唐辛子の「七味」の一つでもあります。
陳皮の「陳」は、「古いもの」を意味し、年数を重ねたものの方が優れた薬効を持つといわれるそうです。ご家庭でも作れるので試してみてくださいねsign01

これからの季節にヘスペリジンの効果を期待して、こたつにミカン、鍋物に七味唐辛子、お風呂にミカンの皮、「温活」されている方にはぜひお勧めしますhappy01

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:木曜・土曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。お気軽にご予約ください。

2015年9月5日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今回は、アンチエイジングや美容成分としても人気のあるプラセンタエキスのお話です。

プラセンタとは胎盤のことで、その成分を抽出したものがプラセンタエキスです。
すでに紀元前から、医学の父とされる古代ギリシアのヒポクラテスは医療に用い、エジプトのクレオパトラも若さと美貌を保つために愛用したといわれています。
中国でも「紫河車(しかしゃ)」という漢方薬として古くから珍重されてきたそうです。

プラセンタエキスには、アミノ酸やタンパク質脂質糖質ビタミンミネラルなどの栄養素、身体の働きを活発にする生理活性成分、細胞の新陳代謝を促す成長因子などが含まれています。
月経不順やPMSの緩和に用いられることもありますが、製品化されたプラセンタエキスにホルモンは含まれていません。

プラセンタエキスのうち、ヒト胎盤を原料とするものは医薬品としてのみ認可され、医療機関では更年期障害や乳汁分泌不全、肝機能改善の場合は保険適応となっています。
一方、健康食品やサプリメントには、法律上、ヒト由来のプラセンタエキスは使用できず、ブタやヒツジ、ウマの胎盤から抽出されたエキスが利用されます。

プラセンタエキスには、疲労回復、細胞活性化、免疫強化などの作用があり、美白や美肌、花粉症、便秘、冷え症、肩こり、不眠症などに効果があると言われますflair
特に、プラセンタエキスに含まれる成長因子は未知の可能性を秘めた成分として注目され、製薬メーカーや大学でも研究が盛んに進められています。
ただ、残念なことに、アレルギーや薬剤性肝障害の事例も報告されていますwobbly
具体的には、経口摂取による眼瞼や全身の紅斑、下腿の皮膚の硬化、また美容液による接触皮膚炎などです。
せっかくの美への取り組みが逆効果になってしまわないように、医療機関以外での利用には注意してくださいねhappy01

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:木曜・土曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2015年8月22日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今回は栄養カウンセリングでも質問の多いマカについてのお話です。

マカは、南米ペルー原産のアブラナ科の多年草で、カブに似た根の部分が薬用または食用とされています。
男女ともに強壮作用があるといわれますが、科学的には解明されているのでしょうか

実際の臨床試験の結果を見てみると・・・
・健康な男性56名(21~56歳)を対象として、1.5または3g/日のマカを12週間摂取させたところ、血中の性ホルモン濃度に影響はなかったが、性欲を改善することが示唆された。
・抗うつ薬の副作用として生じる女性の性機能不全症に対して、マカ投与による改善効果が見られた。
などの報告があります。
女性の更年期障害の緩和を示唆する研究結果もいくつか見られますが、まだ十分とは言えません。
わが国の国立健康・栄養研究所の見解としては、マカの摂取が性機能改善に与える影響については、質の高いデータが不足しており判断できない、とのことです。

マカの栄養成分については分析が進んでおり、必須アミノ酸不飽和脂肪酸カルシウムなどのミネラルをはじめとして、グルコシノレート類イソチオシアネート類アルカロイド類ステロールなども含むことが分かっています。
特に、必須アミノ酸では、成長ホルモンの分泌を促進すると言われるアルギニンが多く、また、有効成分として、不飽和脂肪酸のマカエンマカミドも注目されています。

このように、マカは、栄養成分に優れ、滋養強壮作用の期待できる植物ですが、健康食品やサプリメントでも同じ効果が得られるかどうかは何とも言えませんtyphoon
現地では、そのまま煮込み料理やソテー、ジュースとして利用するそうですが、健康食品に加工されると、栄養成分は保持されるのか、不純物が混入しないか、成分の配合割合は十分か、価格は適正か、など不安な点がたくさん生じますsad
天然原料の健康食品だからと言って身体にいいとは限らないので、信頼できるメーカーの商品をお求めくださいねhappy01

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:木曜・土曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2015年8月8日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

エネルギー代謝に関わる成分を順にご紹介していますが、
L-カルニチン、α-リポ酸に続き、今回はコエンザイムQ10(CoQ10)のお話です。

CoQ10は、ユビキノンとよばれ、体内でも合成されるビタミン様物質です。
変わった名前のように感じますが、「コエンザイム」は「補酵素」、「Q」は「キノンquinone」、「10」は構造中のイソプレンという側鎖の数を表す、化学の単純な呼び名ですflair
「ユビキノン」の「ユビ」は、IT関連の「ユビキタス」という言葉と同様、「どこにでも存在する」という意味で、実際に人体のあらゆる細胞に存在し、エネルギー代謝を助けています。

体内では、特に心臓に多く存在し、心筋細胞内のミトコンドリアに取り込まれた後、心筋での酸素利用効率を高め、エネルギー産生を促進します。
このような働きから、1973年には、心筋機能の改善のための心不全治療薬として認可され、1991年には一般市販薬として販売開始、2001年には健康食品への使用が可能になりました。

CoQ10の効果としては、この他、抗酸化作用、美肌効果などが言われています。
生殖分野では男性機能の改善の報告はあるものの、明確なエビデンスの確立は今後の研究がまたれます。

CoQ10は、肉類、イワシやサバなどの魚、ブロッコリー、大豆やピーナッツなどに含まれています。
脂溶性の物質なので、油と一緒に摂ると吸収率が高まりますし、同時に、CoQ10が、植物油に含まれるビタミンEの抗酸化作用を高めてもくれますnote

健康食品で手軽に摂るのもいいですが、医薬品として推奨される服用量は1日30mgなのに対し、健康食品の含有量は30~300mg(米国製では100~1200mg)とバラつきがあります。
一般に高用量でも副作用が出にくく、安全性が高いと考えられる成分ですが、必要量や摂取上限量はまだ策定されていないので、過剰摂取には注意してくださいねhappy01

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:木曜・土曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
6月から、初回だけでなく2回目以降も無料になりました。
お気軽にご予約ください。

2015年7月18日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

前回から、治療に関わる様々な栄養成分を順にご紹介しています。
今回は、L-カルニチンと同様に、ダイエットにも効果がある成分としてよく知られているα-リポ酸です。

α-リポ酸は、チオクト酸とも呼ばれ、細胞のミトコンドリアに存在し、エネルギー産生を助ける補酵素として働く、生体機能に不可欠な成分です。
体内で合成できるので、ビタミンではなく、ビタミン様物質として扱われています。

L-カルニチンが脂質の代謝に関係するのに対し、α-リポ酸は、糖質を中心に、脂質やアミノ酸をエネルギーとして利用する過程を助けています
「疲労回復によい」「ダイエットによい」「糖尿病によい」と言われるのはこれが理由です。
また、抗酸化物質でもあり、その抗酸化力はビタミンCやEを大きく上回るとも言われ、「老化防止によい」とされています。

もともとは、医薬品として、激しい肉体疲労時などにα-リポ酸を補う目的で処方されており、健康食品にも利用できるようになったのは2004年からです。

α-リポ酸は、レバーやほうれん草、トマト、ブロッコリーなどにも含まれていますが、その量はそれほど多くありません。
また、体内での合成量は年齢とともに減少するので、健康食品で補うのも効果的ですが、糖代謝過剰による低血糖発作が多数報告されているので、摂取量には注意してくださいね
医薬品としての利用でも、注射で10~25 mg、経口で1日10~60mgなので、含有量表示をよく見て、過剰摂取にならないようにしましょう。

不妊治療におけるエビデンスはまだ確立していませんが、細胞のエネルギー不足を改善し、老化を防ぐことで治療効果を高めるという点で、今後期待される成分だと思われます。

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:木曜・土曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
6月から、初回だけでなく2回目以降も無料になりました。お気軽にご予約ください。

2015年7月4日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

栄養カウンセリングでは、治療に関わる様々な栄養成分についてお話がたくさん出ますが、それらについて順にご紹介していきたいと思います。

まずトップバッターは、L-カルニチン
L-カルニチンは、細胞内のミトコンドリア内膜に存在するアミノ酸の一つで、酵素によりカルニチンに変換されます。
カルニチンは脂質代謝を促進するので、燃焼系のダイエット食品にも用いられています。
また、カルニチンが脳内に移行して、アセチルコリンの産生を促し、老化やアルツハイマーによる記憶力低下を改善する可能性も示唆されています。

ミトコンドリアは、赤血球を除くすべての細胞に存在し、1つの細胞に平均300~400個、卵細胞には10万個もあると言われています。
カルニチンは、このミトコンドリアに脂質を運搬する働きをし、それによってミトコンドリアで脂質が代謝され、エネルギーが作られる、というわけです。

細胞の老化は、ミトコンドリアの数や働きの低下、すなわち、エネルギー不足が原因とも考えられ、近年の医学や栄養学では、細胞レベルでの研究が進んでいます。
不妊治療の分野においても、L-カルニチンをアセチル-L-カルニチンと組み合わせて6か月間経口摂取したところ、不妊症の男性の精子の運動能が改善したという結果が報告されていますflair
まだまだ研究段階ですが、核だけでなくミトコンドリアにもDNAが含まれることを考えると、遺伝も含めた今後の発展が期待されます。

L-カルニチンは、羊肉aries、牛肉taurus、豚肉pig、鶏肉chickなどの肉類の他、牛乳、あさり、アボカドなどにも多く含まれています。
特に、牛肉taurusは含有量が多く、献立アレンジもしやすいので、日常の食生活に牛の赤身肉をうまく取り入れていかれるとよいですねnote

                             
≪栄養カウンセリング≫ 
日時:木曜・土曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
6月から、初回だけでなく2回目以降も無料になりました。
お気軽にご予約ください。

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg