クリニックBlog

2016年11月10日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今回はミネラルの代表、カルシウムのお話です。
様々な働きが明らかになってきているので、詳しく見てみましょうhappy01

人体のカルシウムの約99%は骨や歯に、残りの1%は血液や細胞外液などにイオンとして存在していますが、この1%の働きが非常に重要です。
細胞膜にはカルシウムチャネルと呼ばれる門があり、この門を通ってカルシウムイオンが細胞内外を移動することで、細胞間の情報伝達を行っています。
この情報伝達のおかげで、神経伝達筋肉の収縮ホルモン分泌などが正常に行われています。
よって、カルシウムが不足すると、免疫システムの情報伝達ができずアレルギー反応が起こったり、血液凝固成分のフィブリンを作れなくなったりします。
また、血糖の増加を膵臓に伝えられずインスリン分泌が低下したり、血管の細胞にカルシウムが入り込んで高血圧になったりと、生活習慣病のリスクも高まります。
このように、カルシウムは生命の維持に不可欠なので、血中濃度が低下すると、骨からカルシウムを溶け出させて利用しますwobbly

また、カルシウムは、細胞分裂やたんぱく質合成、遺伝子発現の調整にも関わります。
正常な細胞の分裂に必要なのはもちろん、近年では、がん細胞の増殖を抑える作用もあることを示唆する研究結果もいくつか報告されていますflair
生殖医療分野では、顕微授精において卵活性化障害が疑われる症例にカルシウムイオノフォアが治療法の一つとして実施されています。
卵子との融合によって精子から卵活性化物質が放出されると、卵細胞からカルシウムイオンが放出され、それが合図となって受精の完了、胚の分割へと進んでいきますが、このカルシウムイオン濃度の上昇を補うための技術です。

カルシウムは骨の健康に必要なだけではなかったのですねhappy01
イメージが随分変わられたのではないでしょうか
カルシウム不足は、国民健康・栄養調査でも毎年指摘されています。
まずは、日常の食事でカルシウムをしっかり摂るようにしましょうnote

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2016年10月13日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

9月末に、米国製の健康食品から高濃度のが検出されたとのニュースが流れましたwobbly
鉛の量は基準値の56倍sign01
健康被害も数件報告され、混入経路を調査中とのことです。
これを受けて、厚生労働省も外国製の健康食品等の個人輸入について注意喚起しています。

鉛は毒性のある金属で、腹痛、貧血、高血圧、頭痛、全身倦怠感、脳や腎臓の障害などの症状が出て、死に至る可能性もありますbearing
食品にも含まれますが、日常の食事で中毒症状が出るほどに摂取することはありません。
ちなみに、鉛筆pencilの芯に使われているのは黒鉛で、鉛とは全く別の物質です。

この他、注意したいミネラルは、水銀、カドミウム、アルミニウム、ヒ素などです。
これらはもともと土壌に存在するので食品中にも微量含まれます。
水銀は生物濃縮により大型回遊魚に蓄積していることが多く、特に、妊娠中の女性は、胎児の聴覚への影響が懸念されるので、摂取量に注意が必要ですdanger
(マグロの刺身を週1回ぐらいなら大丈夫です)
また、カドミウムはかつて公害病の原因物質として問題視された金属で、主に腎臓に蓄積し、腎機能障害や骨疾患を引き起こすおそれがありますsad
食品中のカドミウム含量は規制されていますが、タバコsmokingにも含まれるので注意しましょう。

医薬品は、国の定めた規格により一定の品質が確保された製品として製造されているので、健康被害等が起こった場合は医薬品副作用被害救済制度が適用されます。
一方、健康食品やサプリメントにはこのような制度はありません。
もちろん、個人輸入の外国製の医薬品も、効果がなかったり健康被害が起こったりしてもすべて自己責任です。

健康食品を選ぶ目安となるのが、下のGMPマークですsign03

このマークは、製品に品質と一定の安全性が確保されていることを示すもので、当院推奨のサプリメントにもつけられています。
どうぞ参考になってくださいねnote

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2016年9月15日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

骨に関係のあるミネラルの第3弾、今回はリンのお話ですhappy01

リンはカルシウムの次に多いミネラルで、体内の約80%はカルシウムとともにドロキシアパタイトとして骨や歯の成分となっています。
残りは、筋肉、脳、神経、肝臓に存在し、生体膜のリン脂質核酸(RNA、DNA)成分、ATPなどの高エネルギーリン酸化合物補酵素の成分として、エネルギー代謝や脂質代謝などに重要な役割を担っています。
よって、リンが欠乏すると、骨や歯の脆弱化、代謝異常などを起こしますが、様々な食品に含まれるミネラルなので、通常は不足することはありません。
むしろ、食品添加物のリン酸塩として広く使用されているので摂取過剰が懸念されますwobbly

マグネシウムがカルシウム代謝と関係しているのと同様、リンもカルシウムと深く関わっていて、リンの過剰はカルシウムの吸収を妨げ、骨量や骨密度の減少を招きます
スナック菓子、清涼飲料水、インスタント食品noodle、ファストフードfastfoodなど、加工食品や外食に偏りがちな場合は、食品添加物からのリンの摂取量が多い可能性があるので、注意してくださいねdanger
食品表示としては、「リン酸塩」「リン酸Na」「メタリン酸」「ポリリン酸」などの物質名で記載されている場合もあるし、「酸味料」や「㏗調整剤」「乳化剤」「膨張剤」などと書かれているものの中に、リンが含まれていることもあります。
もちろん、食品添加物は法的に使用量が規定されているので、人体に影響はありませんが、カルシウムとのバランスという点では気を付けたいですね。

カルシウムとリンの摂取比は1:1~1:2が理想ですが、現代の食生活では1:3ぐらいになっている人もいるのではないかと言われていますflair
加工食品や外食は忙しい毎日の強い味方ですから、使わない手はありません。
それらを適度に利用しながら、ミネラルバランスのよい食生活を心がけましょうnote

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2016年9月1日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

夜には虫の声も聞こえるようになり、少し秋めいてきましたねhappy01

さて、鉄、銅などミネラルについてのお話が続いていますが、今回はマグネシウムです。

骨と言えばカルシウムというイメージが強いですが、マグネシウムも骨の主要な成分で、体内のマグネシウムの約60%が骨に存在し、弾力性を与えています。
また、マグネシウムは、体内の約300種類以上の酵素の働きを助けたり、細胞の浸透圧や体液のpHを調節したりして、身体の機能を守っています。

マグネシウムの役割のうち、最も重要なのはカルシウムの働きを正常に保つことです。
筋肉の収縮にはカルシウムが関わっていますが、マグネシウムがその濃度を調節するので、不足すると、痙攣やふるえ、こむら返りなどの原因となりますcoldsweats02
また、カルシウムには血管を収縮させる働きがあり、さらに、カルシウムが血管の細胞に沈着することで高血圧動脈硬化が進んでしまいますdespair
マグネシウムはこれらを抑えてくれるので、不足すると、心筋や血管平滑筋の機能が低下し、高血圧だけでなく、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患のリスクも高まりますsad

カルシウムが不足すると、イライラしたり精神不安定になったりしますが、それは、カルシウムが神経伝達に関わっているからです。
マグネシウムは、そのカルシウムの機能を正常に保ち、マグネシウム自身も神経の興奮を鎮めるのを助けるので、「抗ストレスミネラル」とも呼ばれていますnote

マグネシウムを多く含むのは、玄米や雑穀riceball、豆類、海藻、カカオアーモンドなどです。
豆腐凝固剤のにがりの主成分もマグネシウムなので、通常の食事をしていれば不足はないでしょう。
ただし、カルシウムを摂りすぎるとマグネシウムの吸収率が低下し、逆にマグネシウムを多量に摂るとお腹がゆるくなることもあるので、注意しましょうdanger(マグネシウムは便秘薬としても利用されます)
サプリメントなどで補うときは、カルシウム:マグネシウム=2:1~3:1を目安にしてくださいねflair

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2016年8月18日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今回は、貧血に関係のあるミネラルの二つめ、のお話です。

貧血というと真っ先に鉄不足が思い浮かびますが、ヘモグロビン合成には銅が不可欠です。
銅によって、鉄の吸収が促進され、鉄が利用しやすい形に変換されるので、銅が不足するとヘモグロビンがつくれなくなってしまいます。

また、銅は体内の多くの酵素の材料であり、活性酸素を除去したり、皮膚や骨を構成するコラーゲンエラスチンの生成、神経伝達物質のノルアドレナリンの生成にも関わります。

メラニン色素をつくるのに必要な酵素であるチロシナーゼにも銅が含まれています。
メラニンは、チロシンというアミノ酸にチロシナーゼが作用して生成されるのですが、銅不足により酵素がつくられないと、皮膚や毛髪、眼の色に影響を与えます。
メラニンは、シミやそばかすの原因としては迷惑な存在ですが、紫外線から皮膚を守り、毛髪の色を保つ働きをしてくれます。

銅は、レバーやfish魚介類cancer、ナッツ、大豆、ココアcafeなどに多く含まれています。
様々な食品に含まれるので、通常の食生活で不足することはまずありません。
逆に、サプリメントなどで摂りすぎると、ミネラルバランスを崩してしまう危険性もありますsad

体内では、ミネラル同士がバランスをとりながら存在しています。
亜鉛や鉄の摂りすぎによって、銅の吸収が阻害されたり、排泄量が増えたりすることも分かってきていますflair
特に、亜鉛については、過剰摂取が原因と思われる貧血や神経障害などの事例が英医学誌「Journal of Clinical Pathology」で報告されましたwobbly
亜鉛サプリメントを利用されている男性も多いと思いますが、食事摂取基準における耐用上限量(45㎎/日)を超えないように注意してくださいね。

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2016年8月4日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今回は、このところ栄養カウンセリングで話題になることが多い貧血のお話です。

血液中の赤血球は身体各部に酸素を運ぶ働きをしていますが、赤血球や血色素のヘモグロビンが不足した状態を貧血といいます。

貧血の中で最も多いのが「鉄欠乏性貧血」で、全体の80~90%を占めます。
この他、ビタミンB12や葉酸欠乏による「巨赤芽球性貧血」、赤血球の破壊によって起こる「溶血性貧血」、骨髄で血球成分がつくれなくなる「再生不良性貧血」などがあります。
血液検査の項目に、赤血球数、血色素量(ヘモグロビン値)、ヘマトクリット値、赤血球恒数(MCV、MCH、MCHC)などがありますが、これらを総合してどのタイプの貧血か診断しますflair

ヘモグロビンは、グロビンというタンパク質と赤色素ヘムが結合したもので、ヘムには鉄が含まれます。つまり、赤血球は、タンパク質と鉄でできているということですね。

鉄を多く含む食品としては、レバー、牛肉、いわし、ひじき、のり、プルーンなどがありますが、実際のところ、鉄の吸収率は低く、15%程度と言われますwobbly
特に、海藻や野菜、牛乳、卵などに含まれる「非へム鉄」は吸収率が低く、肉taurusや赤身魚fishに含まれる「へム鉄」の半分以下です。

鉄の吸収を高めるには、ビタミンC動物性タンパク質クエン酸と一緒に摂るのがおすすめです。
鉄製の調理器具は、イオン化した鉄が食品に移行するので、鉄分補給に役立ちます。
逆に、吸収を妨げるのはお茶japaneseteaに含まれるタンニンですが、1~2杯なら影響ないそうです。

食事からの鉄の摂取が難しい場合は、鉄剤やサプリメントを利用されてもいいでしょうhappy01
ご自身のお身体の周期や食生活に合わせて、足りないときだけ飲む、という方法で調節されるのがベストですねheart02

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2016年7月21日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

ビタミンのお話が続いていますが、今回はビタミンAです。
妊娠初期に摂りすぎると胎児の奇形を引き起こす危険なビタミン、というイメージが強いかもしれませんが、不足によっても様々な欠乏症や障害が起こりますwobbly

ビタミンAは、細胞分化皮膚や粘膜の正常保持視覚の正常化に関わります。
細胞が分裂し、機能を備えていくのに必要なビタミンであり、皮膚や粘膜の細胞を正常に保ち、細菌やウイルスの侵入などを防ぐ働きがあります。
不足すると、皮膚や角膜の乾燥が起こりやすくなり、生殖分野では、子宮粘膜上皮の機能が低下したり、受精卵の分化異常によって胎児の正常な成長が阻害されたりします。
また、ビタミンAは、網膜での光の受容に関係するロドプシンの成分でもあるので、暗い所で目が見えにくくなる夜盲症という欠乏症が起こります。
これが悪化して結膜・角膜乾燥症に進行すると、視力が落ち、失明する場合もあり、発展途上国ではこの視覚障害が大きな問題となっています。

ビタミンAを多く含むのは、レバーなどです。
野菜果物などの植物性食品には、ビタミンAの前駆体であるプロビタミンAの形で含まれ、必要に応じて体内でビタミンAに変換されるので、過剰症の心配はありません。
プロビタミンAには、α-カロテン、β-カロテン、γ-カロテン、β-クリプトキサンチンなどがありますが、ビタミンAへの変換率が最も高いのはβ-カロテンです。
β-カロテンには抗酸化作用もあり、老化予防効果や免疫力アップも期待できます。
緑黄色野菜に多く含まれる抗酸化物質については研究が進んでおり、β-カロテンやルテインなどを多く摂っている男性ほど精子の運動率が高く、トマトなどに多いリコペンを多く摂る男性ほど正常精子形態率が高いことが、米国のハーバード公衆衛生大学院の研究でわかっていますflair

レバーや鰻の食べすぎには注意が必要ですが、緑黄色野菜なら安心ですねhappy01
この夏は、色の濃い野菜をしっかり摂って、酸化しにくい身体をつくっていきましょうnote

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2016年7月7日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

前回のビタミンDに引き続き、今回も、骨の健康に関係のある栄養素である、ビタミンKのお話です。

ビタミンKはあまり知られていないビタミンですが、その第一の機能は、正常な血液凝固能を維持することです。
ケガなどで出血してもしばらくすると止まりますが、これは血液中の血小板とフィブリンのおかげです。
フィブリンの生成にはトロンビンという酵素が不可欠ですが、ビタミンKには、このトロンビンの前駆体であるプロトロンビンを活性化する働きがあります。

ビタミンKは、ほうれん草ブロッコリーなどの緑色野菜clover海藻納豆に多く含まれます。
成人では腸内細菌によっても合成されますが、新生児や乳児は腸内細菌叢が未発達な上に、母乳中のビタミンK量も少ないので、頭蓋内出血や腸管内出血のリスクが高まります。
これらの「新生児・乳児ビタミンK欠乏性出血症」を予防するために、生後数回にわたって、ビタミンKシロップが経口投与されます。

また、ビタミンKは、骨に存在するたんぱく質オステオカルシンを活性化し、カルシウムが骨へ沈着(石灰化)するのを促し、骨からのカルシウムの流出を抑えていますflair
近年は骨粗鬆症治療薬としても利用され、骨量増加、骨折予防に役立っています。
ビタミンKにはK1とK2がありますが、骨量調節の効果が高いのはK2の方です。
K2は微生物由来で、腸内細菌によって合成されるのもK2ですし、食品では納豆に最も多く含まれます。

昨年の4月から「栄養機能食品」に、n-3系脂肪酸(オメガ3)、カリウム、ビタミンKが加わりましたが、ビタミンKの機能が重要視されるようになった証拠ですねhappy01

骨の健康のために、カルシウム、ビタミンD、ビタミンKをしっかり摂り、紫外線も適度に浴びて、生き生きした毎日を過ごしましょうnote

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2016年6月30日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

だんだん気温も上がり、紫外線の気になる季節になりましたね sad
美容にとっては嫌われ者の紫外線ですが、骨の健康run には欠かせないものです。

骨の成分として重要なのはカルシウムですが、ビタミンDがその吸収を促進してくれます。
ビタミンDは、主に fishや肉、きのこ類に含まれますが、人の体内でも合成できます。
魚や肉などの動物性の食品にはプロビタミンD(ビタミンDの前駆体)も含まれていますが、紫外線によって、人の皮膚表面でそれがビタミンDに変化するのですsign01
紫外線のうち、このような働きがあるのはB波(UVB)ですが、UVBは窓ガラスで遮断されるため、日光に直接あたることが必要です。

カルシウムが不足すると、骨粗鬆症骨軟化症くる病などの様々な骨疾患が起こります。
くる病は、乳幼児の骨の発育段階で、カルシウム不足により骨の強度が低下し、変形する病気ですが、近年増加傾向にあり、問題となっています。
皮膚がんの予防のため、乳幼児の日光浴が推奨されなくなったことも原因の一つですが、紫外線対策をする女性が増えたことが大きな理由ではないかと言われています。

過度の紫外線対策により、ビタミンDの体内合成量は減り、血中濃度は低下しますdown
母体の血液中のビタミンDが少ないということは、妊娠中に臍帯を通して胎児に送られるビタミンDも少ないということですし、母乳にも少ないということです。
また、英紙「Daily Mail」が報じたところによると、妊娠中に母親がビタミンDを高程度に摂取すると、産まれる子の筋肉が強くなるup傾向があるとのことです。
さらに、以前お伝えしたように、ビタミンDが排卵率やAMH、体外受精における着床率や妊娠率、習慣性流産、精子の質などに関連しているという研究報告もありますflair

このように、ビタミンDは、妊娠、出産、子育てなど、人生の全てを通して、重要視すべきビタミンだということですねhappy01
食事では魚やきのこを増やし、紫外線とも上手におつきあいしていきましょうnote

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

2016年6月9日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

近畿地方も梅雨入りし、傘が大活躍する時期がやってきましたねrain

さて、先週、気になる記事を目にしました。
注目されていた「水素水sweat02」ですが、抗酸化作用などの健康効果は実証されなかったということですwobbly
栄養カウンセリングでも、以前に患者様から質問があり、私自身も調べたことがあるのですが、理論は分かるが効果は不明、という印象でした。

私たちが呼吸によって取り込む酸素のうち、約2%が活性酸素になると言われています。
活性酸素は、他の物質を酸化させる力が非常に強い酸素です。
殺菌力が強く、体内では細菌やウイルスを撃退する役目をしていますが、増えすぎると、正常な細胞や遺伝子をも攻撃(酸化)し、老化やがんの原因になってしまいます。
この活性酸素と水素を結合させて水に変えれば、活性酸素を除去することができる、というのが「水素水sweat02」の理論です。

水素水自体は、環境負荷が低い洗浄液として半導体工場や液晶工場で使われていますし、医療分野の臨床試験でも抗酸化作用が有意に認められたとの報告がありますflair
ただ、市販の「水素水sweat02」を経口摂取した場合に臨床試験と同じ効果が得られるのか、市販品に含まれる水素の量や吸収率はどうかなど、疑問は多いですsad

「水素水sweat02」に頼らなくとも、抗酸化物質は身近な食品中にたくさん含まれていますsign01
身近なところでは、ビタミンCやEβ-カロテン
また、ポリフェノール類では、大豆のイソフラボン、そばに含まれるルチン、黒豆やナスの色素アントシアニン、トマトのリコペン、お茶の渋み成分カテキン、鮭の色素アスタキサンチン、赤ワインのレスベラトロール、コーヒーのクロロゲン酸など。
色の濃い食品や昔ながらの日本食には抗酸化物質がたくさん含まれています。

水素水の研究が進み、医薬品レベルでの効果が認められ、実用化されれば、あらゆる分野の医療が飛躍的に進歩するでしょう。
それを期待しつつ、身近な食品から抗酸化物質を摂ることを続けていきましょうnote

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg