クリニックBlog

2015年8月8日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

エネルギー代謝に関わる成分を順にご紹介していますが、
L-カルニチン、α-リポ酸に続き、今回はコエンザイムQ10(CoQ10)のお話です。

CoQ10は、ユビキノンとよばれ、体内でも合成されるビタミン様物質です。
変わった名前のように感じますが、「コエンザイム」は「補酵素」、「Q」は「キノンquinone」、「10」は構造中のイソプレンという側鎖の数を表す、化学の単純な呼び名ですflair
「ユビキノン」の「ユビ」は、IT関連の「ユビキタス」という言葉と同様、「どこにでも存在する」という意味で、実際に人体のあらゆる細胞に存在し、エネルギー代謝を助けています。

体内では、特に心臓に多く存在し、心筋細胞内のミトコンドリアに取り込まれた後、心筋での酸素利用効率を高め、エネルギー産生を促進します。
このような働きから、1973年には、心筋機能の改善のための心不全治療薬として認可され、1991年には一般市販薬として販売開始、2001年には健康食品への使用が可能になりました。

CoQ10の効果としては、この他、抗酸化作用、美肌効果などが言われています。
生殖分野では男性機能の改善の報告はあるものの、明確なエビデンスの確立は今後の研究がまたれます。

CoQ10は、肉類、イワシやサバなどの魚、ブロッコリー、大豆やピーナッツなどに含まれています。
脂溶性の物質なので、油と一緒に摂ると吸収率が高まりますし、同時に、CoQ10が、植物油に含まれるビタミンEの抗酸化作用を高めてもくれますnote

健康食品で手軽に摂るのもいいですが、医薬品として推奨される服用量は1日30mgなのに対し、健康食品の含有量は30~300mg(米国製では100~1200mg)とバラつきがあります。
一般に高用量でも副作用が出にくく、安全性が高いと考えられる成分ですが、必要量や摂取上限量はまだ策定されていないので、過剰摂取には注意してくださいねhappy01

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:木曜・土曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
6月から、初回だけでなく2回目以降も無料になりました。
お気軽にご予約ください。

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg