クリニックBlog

2019年12月26日 更新

こんにちは
春木レディースクリニック管理栄養士の花田です。

クリスマスも終わり、あっという間に年の瀬です。
あと6日寝たらお正月。
ご馳走がたくさん待っていますね

冬の野菜と言えば、白菜やほうれん草、根菜類が思い浮かびますが、「冬の七草」なるものがあるそうです。

冬の七草
・南瓜(な、かぼちゃ)
・蓮根(れ)
・人参(に)
・銀杏(ぎ)
・金柑(き)
・寒天(か)
・饂飩(う、うどん)

どれも「ん」が2つつく食べ物なので運をたくさん取り込む「運盛りの野菜」といわれています。
「冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない」という言い伝えがあります。
今年は12月22日が冬至でしたが、この言い伝えの由来の一つが、この「運盛りの野菜」からきているそうです。

冬至にかぼちゃを食べる風習は江戸時代からあったようです。
かぼちゃの旬は夏~秋ですが、そのまま保存しておけば冬までもつし、熟すにつれて甘味も増しておいしくなるので、野菜の穫れにくい冬には重宝されていたのでしょう。

かぼちゃは、カロテン(ビタミンA)をはじめ、ビタミンCビタミンEなどのビタミン類を多く含む緑黄色野菜です。
お正月には、色の濃い野菜もたくさん食べて楽しく健康に過ごしましょう

来年も栄養カウンセリングをどうぞよろしくお願いいたします。
皆様、良いお年をお迎えください

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg