クリニックBlog

2019年2月7日 更新

こんにちはflower2
管理栄養士の花田です。

今回は、ビタミンAの過剰摂取による健康障害について詳しくお知らせしたいと思います。

「ビタミンAの過剰摂取による影響」については、内閣府の食品安全委員会からファクトシート(科学的知見に基づく概要書)が公表されています。
それによると、ビタミンAを含む薬剤の大量服用や含有量の多い動物性食品の多量摂取を控えること特に、妊娠3ヶ月以内または妊娠を希望する女性については、胎児への影響(催奇形性)を考え、過剰摂取をしないように、注意喚起がされています。

実際にどれぐらいの摂取量で健康障害が起こるのか、その最小用量については、具体的な数値がEU食品科学委員会によって報告されています。
ビタミンA
μgREは見慣れない単位ですが、「レチノール当量(RE)」(レチノール活性当量)です。
ビタミンAは、動物性食品にはレチノールとして含まれますが、植物性食品にはカロテン、クリプトキサンチンなどのプロビタミンAとして含まれ、体内で必要な量だけレチノールに変換されます。これら全てをレチノールに換算した値が「レチノール当量」です。

日常的な食品で最も多くビタミンAを含むのは鶏レバーで、100g当たり14,000μgREです。
催奇形性の最小用量は、上の表から3,000μgRE/日なので、1日量は21.4gとなります。
この他、豚レバーの1日量は23.0g、うなぎの蒲焼は200g、牛レバーは272.7gです。
ただし、厚生労働省は、妊婦は食事摂取基準の推奨量(650~780μgRE/日)を超えないようにと勧告しているので、それを踏まえると、レバーとうなぎは量を減らす方がいいですねni
もちろん、ビタミンA欠乏も胎児の発育に悪影響を与えるので、緑黄色野菜や果物からプロビタミンAをしっかり摂るようにしましょうheart3
その他の健康障害項目については、次回にお話ししますねnico

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 14:30~、15:30~、16:30~ お気軽にご予約ください。

 

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg