クリニックBlog

2019年1月17日 更新

こんにちはflower2
管理栄養士の花田です。

私事ですが、昨年11月の健康診断の結果が出たので、ちょっと自慢をしてみたいと思いますihi

私の悩みの種は、年齢とともに上がっていく一方のLDLコレステロール値でした。
母も妹も高めなので家系的なものだと諦めていたのですが、一昨年の健診でLDLコレステロール値が基準値を超え、「148」になってしまいましたehe

 

そこで、家系のせいにしてばかりはいられないと一念発起し、改善に取り組みましたpun

その結果がこちらです。

 

これは、昨年2月の健診結果です。
LDLコレステロール値が「114」に下がりました。

LDL1

 

そして、これが昨年11月の結果です。
「100」まで下がりました。

 LDL2

 

何が一番効果的だったのかは分かりませんが、次のようなことに取り組みました。

まず、食事面では、食物繊維油脂に気を付けました。
・朝食と夕食の前に、健康食品の食物繊維を入れた飲み物を飲む
・ご飯は、白米に玄米と雑穀をまぜて炊く
・朝食は、無糖のミューズリーにチアシードとリンゴを入れ、豆乳をかけたもの
・サバ、イワシなどの背の青い魚やサケを週に4回は食べる
・納豆にエゴマ油やアマニ油を入れて食べる
・炒め油には米油や大豆胚芽油を使う
・肉の脂身、バター・生クリーム・チーズを多く使った料理や洋菓子は避ける

運動面では、日頃からよく歩くようにし、お腹の筋肉を鍛えるために昨年8月からレッグレイズを毎晩20回欠かさず続けています。
たいした運動量ではありませんが、「継続は力なり」で、8月から体重が2㎏程減り、下腹もすっきりしましたheart3

コレステロールは、細胞の構成成分、ホルモンや胆汁酸の材料になる重要な物質なので、肝臓でも合成されています。
体内のコレステロールは、食事由来が20%肝臓での合成が80%と言われており、食事に含まれるコレステロールそのものよりも、合成材料となる飽和脂肪酸の摂取を減らすことが重要です。
また、食物繊維DHA・EPA・α-リノレン酸などのオメガ3脂肪酸が、血中コレステロールの低下に効果があることが分かっているので、積極的に摂ることをおすすめします。
近年では、米油や大豆胚芽油に含まれる植物ステロールにコレステロールの体内への吸収を抑制する作用があることも分かっています。

血中コレステロールについては、お話ししたいことがたくさんあるので、次回の「カラダと食べもの」に続きます。
よろしくおつきあいくださいねnico

 

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg