クリニックBlog

2018年12月6日 更新

こんにちはflower2

管理栄養士の花田です。

このところ、栄養カウンセリングでは、体重管理についてのご相談が続いています。
加齢とともに痩せにくくなった、生活のリズムが変わって体重が増え始めたなどのご相談が多いです。
また、インスリン抵抗性の検査の結果がよくなかった方の中には、体重を減らすことで改善できると思われる方もいらっしゃいます。

体重は、ただ減らせばよいというものではなく、その人にとって適正な体重を見つけることが大切だと私は考えています。
適正な体重は、だいたい次のような手順でご提案させていただいています。
① BMIや検査値、身体症状の有無などから、減量が必要かどうか見極める。
② これまでの体重変動の経過も加味し、最も体調が良かった時の体重や、妊娠及び妊娠の継続に適した体重を考え、目安とする。
➂ 体重が増えた原因を、食事・運動・生活リズムなどから見つけ出す。
④ ➂を踏まえ、適正な体重に近づくために、現在の生活の中でできることを考える。

「栄養指導」と聞くと厳しい食事制限がイメージされますが、それは過去のことで、時間栄養学alarm clockの考え方が浸透した現在は、食事内容そのものよりも生活リズムの改善や食事時間の調整の方が主眼となっています。
同じ食事内容でも、朝昼夜の配分や夕食の時間、間食のタイミングなどを変えると、それだけで体調が良くなり、適正な体重に近づきます。

また、インスリン抵抗性がある方も、食べる時間帯や順序、食品の組み合わせなどに気を付けて糖質を摂ると、急激な血糖値上昇を防ぐことができるので、過剰なインスリン分泌を抑えることができます。

そして、これらの食べ方を続ければ、妊娠糖尿病のリスクを減らすことも可能です。

「栄養指導」のイメージが少し変わられたでしょうか
当院では、「栄養指導」ではなく「栄養カウンセリング」として、患者様との対話を大切にし、栄養の専門家の立場からご自身に合った食事についての助言をさせていただいています。
どんなご相談でもお受けいたしますので、どうぞお気軽にお越しくださいねnico

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 14:30~、15:30~、16:30~ お気軽にご予約ください。

 

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg