クリニックBlog

2018年8月30日 更新

こんにちはflower2
管理栄養士の花田です。

明日8月31日は「野菜の日」です。
消費者に野菜の栄養価値を再認識してもらい、その消費の促進を図ることを目的に、全国青果物商業協同組合連合会によって、1983年に制定されました。
「や(8)さ(3)い(1)」の語呂合わせなので分かりやすいですねnico

野菜の摂取量の目標は、ご存知のとおり「1日350g」です。
では、なぜ「350g」なのでしょうか

その根拠は、2000年から始まった「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)」に示されています。
その要点は次のとおりです。
・カリウム、食物繊維、抗酸化ビタミンなどの摂取は、循環器疾患やがんの予防に効果的に働くと考えられているが、その適量摂取のためには、主たる供給源となる野菜を350~400g摂取することが望ましい。
・カルシウムの適量摂取には牛乳・乳製品、豆類、緑黄色野菜の寄与する割合が高いことから、各々130g、100g、120g以上を目標とする。

これらから「1日350gの野菜、そのうち120gは緑黄色野菜」という目標値が設定されました。

実際には、平成9年の国民健康栄養調査では、成人の1日あたりの野菜の平均摂取量は292g、緑黄色野菜98gとなっています。
ご自身の野菜の摂取状況はいかがですか
炒め物や鍋物の好きな方は、意外にたくさん食べていらっしゃるかもしれません。

身近な野菜の重さは、
トマト中1個=150~200g
にんじん中1本=200~250 g
ブロッコリー1株=300~400g
ピーマン中1個=30~40g
きゅうり中1本=80~100g
たまねぎ中1個=200~250g
だいこん中1本=約1㎏
はくさい葉1枚=80~100g

野菜は加熱するとかさが減るので、生の3~5倍の量を食べることができます。
サラダよりも炒め物や煮込み料理を多くすると、無理なく野菜の摂取量が増やせますね笑う

「野菜ジュースはどうですか?」という質問を時々受けますが、「野菜そのものを食べたことにはならないけれども、野菜を食べられないなら補助的に飲むのもよい」とお答えしています。
栄養素の損失、咀嚼回数の減少などから考えると、野菜そのものを食べた方がいいのは明らかですが、消化吸収の点ではプラス面もあります。
たとえば、トマトなどに含まれる赤色色素のリコペンは熱に強いので、炒めたり煮込んだりしても減少する心配がありません。
むしろ、加熱によって細胞が壊れることで吸収しやすくなるとも言われます。
また、リコペンをはじめとするカロテノイド系の色素は、油脂とともに摂取すると吸収率が高まるので、野菜ジュースをベースにした肉や魚の煮込み料理、スープなどもおススメです。

いろいろな方法で、野菜をおいしく食べていきましょうheart3

 

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg