クリニックBlog

2017年9月28日 更新

こんにちはflower2

管理栄養士の花田です。

 

前回から時間栄養学alarm clockについてお話していますが、今回は食事に注目してみましょうni

 

 

人の体内時計を司っているのは「時計遺伝子」で、「主時計遺伝子」が脳の視交叉上核に、「末梢時計遺伝子」が各臓器の細胞内に存在します。

主時計遺伝子は、末梢時計遺伝子を制御して全体の調和をとる役割があり、末梢時計遺伝子は、各臓器の代謝などのリズム形成に関与しています。

時計遺伝子が刻む日周リズムは約25時間ですが、このリズムを24時間に合わせるために「朝の光glitter2「朝食mealが大事な役割を果たします。

 

また、時計遺伝子には一定のリズムがあります。

例えば、「Bmal1(ビーマルワン)」というタンパク質は、昼間は少なく、夜に増えます。

Bmal1には脂肪合成を促進する作用があるので、夜間の食事量には注意が必要です。

夜は活動によるエネルギー消費が減るうえに、Bmal1が活性化するので、遅い時間にたくさん食べると太りますuun

逆に、昼間の時間帯(6時~18時)ならば食事量が多くても比較的太りにくいと言われています。

 

この時間栄養学の考え方に従って、私も食事リズムを変えてみました。

8月上旬から昼食でボリュームのあるものを摂り、その分夕食量を減らしました。

その結果、下のグラフのように体重が減りました。

体重変化

1日の摂取エネルギーは変わらないのに、食べる時間帯を変えただけで、1~2㎏は減りました。

しかも、朝の目覚めが良く、朝食がおいしく食べられるし、毎日快調ですheart3

  

脂肪の蓄積を防ぐには、朝食:昼食:夕食の割合は3:3:4程度が良いと言われています。

この食事割合を意識し、1日の食事の終了時刻を早めることで、本来の体内時計のリズムを取り戻すことができ、消化機能だけでなく自律神経やホルモン分泌も整います。

何となく体調がすぐれないと感じている方は、ぜひ食事リズムから変えてみてくださいねnico

 

 

≪栄養カウンセリング≫ 

日時:水曜・木曜 14:00~、15:00~、16:00~、17:00~

ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。

お気軽にご予約ください。

 

 

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg