クリニックBlog

2017年8月31日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

このところ、腸管出血性大腸菌O-157による食中毒事件が相次いでいますbearing

今月7日から中旬にかけて、埼玉県と群馬県の同じ系列の4つの総菜店で加工販売されたポテトサラダを食べた18人が腹痛などを訴え、このうち15人からO-157が検出されました。
今朝のニュースでは、同じ店で販売された別のサラダを食べた5人からもO-157が検出されたとのことです。
製造会社の食品サンプル、販売店の調理器具や従業員の便からは菌が検出されず、感染経路は特定されていません。

また、横浜市青葉区の焼肉店は、先月食事をした客2人がO-157による食中毒を発症したとして、営業停止処分となりました。
こちらも食品サンプルや調理従業員の検便検査、店内施設のふき取り検査の結果でも菌は検出されず、感染経路は特定されていません。

さらに、埼玉県川越市のファミリーレストランでは、今月11~12日に食事をした男女7人が下痢や腹痛などの症状を訴え、全員からO-157が検出されたことが発表されました。
従業員の1人の便からO-157が検出されたとのことです。

大腸菌はもともと動物の腸に存在しており、ほとんどが無害ですが、一部の種類の大腸菌は病原性を持ち、消化器症状を起こします。
それを病原大腸菌と言い、中でもベロ毒素を産生する病原大腸菌を「腸管出血性大腸菌」と呼びます。
O-157の他に、O-26、O-O111、O-O128などが、食中毒の原因菌として見られます。

O-157による感染症の特徴は、強い毒性ですflair
ベロ毒素によって、激しい腹痛や下痢、血便などの症状が現れ、重症化すると、溶血性尿毒症症候群(HUS)や腎臓機能の低下、脳症などの後遺症を残すことがあります。
また、感染力が非常に強いのも特徴ですflair
ほとんどの食中毒菌は100万個以上で発症しますが、O-157は100個程度でも発症します。
そして、潜伏期間が3〜8日と長く、感染してもすぐには症状が出ないのも特徴ですflair
今回、感染者が増え続けているのも、潜伏期間の長さに関係します。

O-157は比較的熱に弱いので、食品の中心温度75℃で1分以上の加熱をすれば死滅します。
生肉を避け、しっかり加熱し、食材や調理器具の洗浄を徹底すれば食中毒を防ぐことは可能です。
ただ、今回の総菜店と焼肉店の場合は、食品サンプルや調理器具、従業員の便からは原因菌が検出されていないので、調理後に菌が付着したとも考えられます。

家庭でも、調理後すぐに食べない場合は、保存場所や保存温度に注意しましょうsign01
冷蔵庫の消毒はされていますか
キッチン用の塩素系漂白剤でよいので、200~250倍程度に水で薄めて、定期的に庫内を拭き掃除しましょうnote
アルコール消毒だとノロウイルスには効果がないので、塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)をおすすめします。
まだまだ暑さが続くので、油断しないようにしたいですねhappy01

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg