クリニックBlog

2017年8月26日 更新

こんにちは、カウンセラーの橋谷です。

8月も後半…昨日のニュースで、大阪市内の学校では授業が始まったとの事でした。
でもこの暑さの中、授業をする側もされる側も大変でしょうねsweat01

夏というと素麺…もそろそろ飽きてきた今日この頃。
素麺にトマトや大葉を沢山のせたのを食べて乗り切りたいですsweat01
旬のトマト、実家の菜園では取っても取っても成るのでたくさん送ってもらえますscissors

いつものように荷物を開けてみると、真っ赤なトマトたちの中に青いトマトもちらほらeye

そういえば、成熟前の青いトマトに含まれる毒の合成をコントロールする遺伝子を見つけた、という研究があったな、と思い出させてくれました。
この研究グループによると、ジャガイモにも同じ遺伝子があるため、この遺伝子を使ってジャガイモの芽に含まれる毒を減らすことに応用できる、ということでしたpaper

青いトマトには「トマチン」、ジャガイモの芽には「ソラニン」と呼ばれる毒性成分があるため、昆虫や動物を寄せ付けないようになっているのですが、人間が多く食べると食中毒の原因になります。

この研究グループは、青いトマトにトマチンの合成に関与する数十種類の遺伝子の働きを統括する遺伝子があることを突き止めました。

このマスター遺伝子が作用しない変異種を作ることで、毒を抑えたジャガイモや早熟トマトも可能になる、としているそうです。

いかがだったでしょうか。
食の安全にも、遺伝子が関わっているのだなぁと感じたニュースでした。

≪遺伝カウンセリング≫ 
日時:土曜日
13:30~,14:00~,14:30~,15:00~,15:30~,16:00~16:30(最終)
無料となっています。
インターネット、受付またはお電話でご予約して頂けます

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg