クリニックBlog

2017年6月29日 更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今回は、前回のイノシトールと同じく、リン脂質の成分であるコリンをご紹介します。

コリンは、ビタミンB群の一種と考えられる水溶性のビタミン様物質です。
イノシトールとともに、脂肪肝を防ぐ栄養素として発見されました。

コリンは、肝機能を正常に保つだけでなく、リン脂質のレシチン(ホスファチジルコリン)の成分として細胞膜の構成や修復に関わります。
また、神経細胞に多いリン脂質であるスフィンゴミエリンや、神経伝達物質のアセチルコリンの構成成分でもあり、脳や神経系の発達に重要な役割を果たすと考えられています。

胎児や乳幼児の発達においてもコリンは不可欠ですconfident
新生児の血液には母体血の3倍のコリンが、また、母乳中にも多量のコリンが存在することが認められており、細胞の増殖にコリンが必要であることが示唆されます。
また、母体のコリン低値は胎児の神経管閉鎖障害のリスクを高めることも分かっています。
さらに、周産期のコリン補給は、大脳の記憶と学習の機能を増進し、この機能は一生を通じて持続することも前臨床試験で明らかにされていますflair

コリンはレシチンの多い食品、例えば、卵や大豆、レバー、小麦胚芽などに含まれます。
日本では推奨摂取量を定めていないので、アメリカの適正摂取量を参考にすると、成人男性550 mg/日、女性400~425 mg/日、妊娠期450㎎/日、授乳期550㎎/日です。
食事からのコリンの推定摂取量は約400~600 mg/日なので、通常の食事を摂っていれば不足の心配はありませんし、ある程度は体内でも合成が可能ですnote

国立健康・栄養研究所によると、コリンの有効性が確かめられているのは、喘息の治療と乳幼児用ミルクへの補助栄養のみです。
動脈硬化や脳の認知機能の改善を期待したレシチンやコリンのサプリメントも登場していますが、ご自身の食事内容から必要かどうかを判断されるといいと思いますhappy01

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 14:00~、15:00~、16:00~、17:00~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg