クリニックBlog

2019年11月7日 更新

こんにちは
春木レディースクリニック管理栄養士の花田です。

皆様は海藻がお好きですか
海藻は低カロリーミネラル食物繊維が豊富で、糖尿病や高血圧などの予防やダイエットに効果的ですが、このたび国立がん研究センターによる研究で、海藻の摂取頻度と虚血性心疾患の発症リスクに相関性があることが報告されました。

この研究は、40~69歳の日本人男女8万6,113人を対象とした約20年間の追跡調査です。
食事アンケートにより、対象者を海藻の摂取頻度から「ほとんど食べない」「週に1~2日」「週に3~4日」「ほとんど毎日食べる」の4つのグループに分け、その後の脳卒中と虚血性心疾患の発症との関連が調べられました。

その結果、追跡期間中に脳卒中を発症したのは4,777人でしたが、発症リスクと海藻の摂取との関連は見られませんでした。
一方、虚血性心疾患を発症したのは1,204人で、「毎日食べる」グループの発症リスクは、「ほとんど食べない」グループよりも男性で24%、女性で44%低くなりました。

海藻を多く食べる人は食生活全体が健康的である可能性が考えられますが、健康な食事パターンの要素である、野菜、果物、大豆製品、魚類、緑茶の影響を統計学的に調整しても結果は変わらなかったとのことで、海藻の摂取が虚血性心疾患の発症リスクの低下と関連することが明らかになりました。
この理由として、海藻に含まれる食物繊維による血清脂質の改善や、タンパク質による血圧降下作用などが考えられるということです。

ただし、食べれば食べるほど健康になれるというわけではありません。
海藻にはヨウ素というミネラルも多く含まれています。
ヨウ素は甲状腺ホルモンの構成成分なので人体には不可欠なミネラルですが、甲状腺に何らかの異常がある人がヨウ素を摂りすぎると甲状腺機能低下症を起こすことがあります。
海藻の中でも特に昆布にはヨウ素が多く、また、一部のうがい薬にも含まれています。
日本人は海藻の摂取量が多いので、通常の食事でヨウ素の欠乏症の心配はありません。
ご自身の食生活を振り返り、摂りすぎにならないように注意しましょう

≪栄養カウンセリング≫
日時:水曜・木曜 14:30~、15:30~、16:30~ お気軽にご予約ください。

 

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg