クリニックBlog

2019年10月10日 更新

こんにちは
春木レディースクリニック管理栄養士の花田です。

今日10月10日は「缶詰の日」です。
日本缶詰協会によって1987年に制定されました。

1869年(明治2年)、「蝦夷地」は「北海道」と改められ、北方開拓のため、北海道開拓使が設置されました。
開拓使は、北海道石狩町に、我が国初の缶詰工場「石狩缶詰所」を設置し、石狩川で獲れたサケを原料に缶詰の製造を開始しましたが、それが1877(明治10)年のこの日です。

製造された缶詰は、東京や横浜はもとより、遠くアメリカやフランスの万国博覧会に出品するなどして、好評を博しました。
しかし、当時は国内での需要は少なく、主に欧米へ輸出されていたとのことです。 

現在はサケ缶だけでなく、多くの種類の缶詰が製造され、国内に流通しています。
私はサバ缶トマト缶をよく使いますが、皆様はいかがですか

缶詰は加工食品なので身体に悪いと思われている方も多いようですが、実は全く逆です。
缶詰は、調理済みの食品を金属缶に入れて密封し、真空に近い状態でさらに高温加熱殺菌してあるので、菌料や保存料を使用する必要がありません
また、空気をできるだけ除いて密封しているので、酸化しにくく、ビタミンやその他の栄養成分の損失も抑えられます

コストについても、生産地で旬の時期に大量に買い付けて加工し、しかも、常温で流通されるので、生鮮品に比べてはるかに低くなります。
もちろん、長期間保存できるのでロスが少ないのも利点です。
家庭での保存も常温でOKおよそ3年間は美味しく食べられる便利な食品です。
賞味期限の日付が経過した場合も、味は劣っても食べられなくなってしまうことはありません。

私は今、家にサバ缶が50缶ぐらいあります
味噌煮缶はそのまま食べることが多いですが、水煮缶は、大根おろしとポン酢をかけたり、カレーに入れたりして、色々とアレンジしています。
DHAEPAも豊富に含まれているし、骨ごと食べられるのでカルシウムも多く摂ることができます。
皆様もぜひ缶詰をうまくご利用くださいね

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg