クリニックBlog

2019年9月19日 更新

こんにちは
春木レディースクリニック管理栄養士の花田です。

栄養カウンセリングでは、冷えに関するご質問も多くあります。
残念ながら、食べ物で冷えを解消することは難しく、温かい食べ物を多くし、冷たい物を食べ過ぎないようにすることぐらいしか対処法はありません。
身体を温める食べ物の代表は生姜唐辛子などの香辛料ですが、一時的な効果はあっても持続力に欠け、毎回の食事に取り入れるのは難しいというのが現実です。

冷えを訴える方に生活習慣についてお聞きすると、たいていの方があまり身体を動かさず、食べる量も少ない、入浴はシャワーですませるとおっしゃいます。
そんな方には、食べ物よりもまず身体を動かすこと、特に、真剣に家事に取り組んだり、通勤で活動量を増やしたりすることをおすすめしています。
例えば、床の拭き掃除や部屋の模様替え、駅までは歩き、階段を使うなど。
運動量が増えると食事量も増えるので栄養状態が良くなるし、筋肉量が増えると代謝が上がるので冷えの解消にもつながります

身体活動と女性の寿命の関係については2017年のニューヨーク州立大学やカリフォルニア大学などの研究で、家事などの軽い身体活動でも毎日続ければ健康増進の効果が得られることが明らかになっています。
この研究では、1日30分程度の軽い身体活動に従事した女性の死亡リスクは12%低くなり、身体活動の強度を高めるとさらに効果的で、中強度~活発な活動を毎日30分程度行うと死亡リスクは39%低下したと報告されています。
これは63〜99歳の女性を対象とした研究ですが、それよりも若い世代の女性の健康の維持増進にも十分にあてはまる結果だと思います。

ちなみに、「冷え」には定義や客観的な指標はなく、本人の主観的な自覚症状と苦痛が中心的な判断材料であり、冷えの程度は数値化しにくいという特徴があります。
ゆえに、冷えが改善されたかどうかも主観的要素が大きく、その改善方法も個人によって異なるということになりますね。
いずれにせよ、身体を動かすことは必ずプラスになるので、私はおすすめします

≪春木レディースクリニック 栄養カウンセリング≫
日時:水曜・木曜 14:30~、15:30~、16:30~ お気軽にご予約ください。

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg