クリニックBlog

2019年5月9日 更新

こんにちは
管理栄養士の花田です。

今回は、ビタミンCについてのお話です。
この3月、「骨格筋でのビタミンC不足は筋萎縮や身体能力の低下をもたらす」という東京都健康長寿医療センターの研究結果が報告されました。
これまでも、血漿ビタミンC濃度の高い高齢女性は、筋力や身体能力が高いことが報告されていましたが、それをさらに発展させる結果となりました。

ビタミンCは、抗酸化作用をもち、体内でのコラーゲンの合成にも不可欠です。
骨格筋にもビタミンCは存在していますが、同研究では、マウスを用いて、血漿や骨格筋のビタミンCが減少すると骨格筋にどのような影響があるかが詳細に調べられました。

その結果、ビタミンCの不足期間が長くなると筋肉を構成する筋線維が細くなり、筋重量が減少し、再びビタミンCを与えると回復することが判明しました。
また、筋力や身体能力も同様に、ビタミンCの不足期間が長くなると低下し、再びビタミンCを与えると回復することが分かりました。
筋肉でのビタミンCの機能はまだ解明されていませんが、ビタミンCを適切に摂取することで、骨格筋の萎縮や身体能力の低下を防ぐ可能性があるということですね

ヒトは、体内でビタミンCを合成できないので、食べ物から摂取しなければなりません。
ビタミンCは、新鮮な野菜や果物、いも類などに多く含まれています。

欠乏症を防ぐためのビタミンCの必要量は100mg/日、これらの食品を食べていれば容易に摂れる量ですが、難しいならサプリメントで補ってもかまいません。
サプリメントのビタミンCも(天然の食品由来のサプリメントでも化学合成のサプリメントでも)、食品中のビタミンCと体内での利用率に違いはないことが分かっています。
ただし、ビタミンCは水溶性ビタミンなので、多く摂れば吸収される量も増えるというわけではありません。
吸収率は200mg/日までは90%と高いですが、1000mg/日以上では50%以下とされています。
ビタミンCは基本的には食事から、無理な時はサプリメントで上手に摂取して、筋肉の働きを保っていきましょう

≪栄養カウンセリング≫
日時:水曜・木曜 14:30~、15:30~、16:30~ お気軽にご予約ください。

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg